内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 61:1‐11

61  主権なるエホバわたしある+。それは,エホバわたしそそぎ+,柔和たち良いたより告げるようされからある+。[]はわたし遣わして,心打ち砕かを[包帯で]包み+,とりこされたち自由*+,捕らわれたちは[目が]大きく開かれることふれ告げ+  エホバ善意+わたしたち*復しゅう+ふれ告げ,嘆き悲しむすべて慰め+  シオンつい嘆き悲しむたち割り当てて,彼ら代わり頭飾り+,悲しみ代わり歓喜+を,落胆代わり賛美マント与えるようされ+。彼ら必ず大木+,エホバ植えもの+呼ばれる。それは[]が美しくされるためある+  そして,彼ら久しく荒れ廃れままあっ場所必ず建て直し+,先時代荒廃場所興し+,荒れ廃れ都市,代々わたっ荒廃いる必ず新しくするあろ+  「そして,よそからたち実際立って,あなた方群れ牧し+,異国たち*+あなた方農夫ぶどう栽培なる+  一方あなた方は,エホバ祭司呼ば+,わたしたち*奉仕*+言われるあろ+。あなた方国民資産食べ+,彼ら栄光受けつつ自分こと意気盛ん話すあろ+  あなた方代わりに,二受け分+あり,屈辱代わりに,彼ら自分分け前つい喜び叫ぶあろ+。それゆえ,彼ら自分受け分所有することなる+。定めないまで続く歓び彼らものなる+  わたし,エホバは,公正愛し+,強奪不義*憎んいるからある+。そして,わたし彼ら賃金真実もっ与え+,定めなく存続する契約彼ら対し結ぶあろ+  そして,彼ら子孫*諸国おい実際知られるようなり+,彼ら末孫もろもろで[知られるようなる]。彼ら見る皆,彼らエホバ祝福子孫あること+彼らつい認めるあろ+」。 10  わたし必ずエホバあっ歓喜する+。わたしわたしあっ喜び満ちる+。[]は救いわたし着せくださっ+。義そでなし上着わたし包んくださっ+。それ祭司ならっ頭飾り+着ける花婿ようあり,飾り物美しく装う花嫁よう+ 11  地新芽生じさせるように,園そこまかれるもの芽生えさせるよう+主権なるエホバ*同じよう賛美国民すべて+芽生えさせられる+

脚注

または,「免除; [奴隷の]解放」。
「わたしたちの」。ヘ語,レーローヘーヌー(lEʼ·lo·heh'nu)。
字義,「異(国)のら」。
「わたしたち」。ヘ語,エローヘーヌー。
「の奉仕者」。ヘ語,メショルテー; ギ語,レイトゥールゴイ; ラ語,ミニストリー。
「を不義に」,七十訳および五つヘブライ写本一致マソ本母音符号打ち方わずか変えることよる; シリ訳,「と不義を」; マソ本,ウル訳このを「全焼燔捧げ物おける強奪を」と読んいる。
字義,「胤」。
「主権なるエホバ」。ヘ語,アドーナーイ エフウィ; クム1イザa,タル,シリ訳,ウル訳,「エホバ神」; 七十訳,「エホバ」。付録1ホ参照。