内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 6:1‐13

6  しかしながら,ウジヤ死ん+に,わたしエホバ*+。高大で,高く上げられ王座座しおら+,そのすそ神殿*満ち+  セラフたちその*立っ+。各々六つ持った。二つ覆い+,二つ覆い,二つ飛び回るあった。  そして,このかの呼びかけ言った,「聖なるな,聖なるな,聖なるな,万軍エホバ+。全地満ちるものその栄光ある」。  すると,呼んいる敷居+震え,家しだい満たされるようなっ*+  それから,わたし言った,「わたし災いだ! 沈黙陥れられ同然からだ。わたし清くない人間あり+,唇清くない住んいるから+。わたしを,万軍エホバご自身から+」。  すると,セラフひとりわたしところ飛んた。その祭壇+から火ばし取っ真っ赤おこっいる+あった。  そしてわたし触れ+言った,「見よ,これあなた触れで,あなたとが離れいった。あなた贖わいる+」。  それから,わたしエホバ*こう言われる聞くようなった。「わたしだれ遣わそか。だれわたしたち+ため行くだろか」。そこでわたし言った,「ここわたしおります! わたし遣わしください」と+  すると,[]はさらに言わた,「行け。あなたこの言わなけれならない,『人々よ,何聞け。だが,理解するな。何見よ。だが,知識得る+』。 10  このを,受け入れるない*もの+,その鈍感*ならせ+,そののり付けせよ。彼らその見ることないため,その聞くことないため,また,その理解することないため,彼ら実際立ち返っ自分ためいやし得ることないためある+」。 11  これ対して,わたし言った,「エホバ*よ,いつまでです+」と。すると,こう言わた。「都市実際崩壊廃虚なり,住むなく,家々絶え,土地自体われ荒廃+ 12  エホバ実際はるか遠く除き去り,その荒廃状態極めて広い範囲及ぶまで+ 13  そして,そこなお十分あり+,それまた必ず焼き払われるものなる。すなわち,大木ように,巨木ようなり,[それ*が]切り倒されるとき+切り株+ある。聖なる*その切り株なる*+」。

脚注

書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
または,「宮殿」。ヘ語,ハヘーカール二 20:18同じ; ラ語,テンプルムマタ 23:16脚注参照。
「その」。ウル訳中性形。「王座」のことしれない。
「家満たされるようなった」,ジェームズワシントンワッツ訳(1979年)。付録3ハ参照。
1,「エホバ」の脚注参照。
「受け入れるない」。字義,「肥えた」。
字義,「重く」。
1,「エホバ」の脚注参照。
「それ(それら)」,複数形,マソ本; シリ訳,ウル訳,および100ヘブライ写本,「それ」,単数形。
または,「聖なる子孫」。
または,「その切り株から出る」。もしマソ本脱誤あっすれば。