内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 56:1‐12

56  エホバこのようた。「あなた方公正*守り+,義かなっこと行なえ+。わたし救い到来+,わたしは[今も]表わし示されるからある+  死べき人間*これ行なう幸いある+。それとらえ+,安息守っこれ汚さないよう+,自分守っどんな行なわないようする人間*は[幸いある+]。  そして,エホバなっ異国*は,『エホバきっとご自分からわたし取り分けるあろ+』と言っならない+。宦官+も,『見よ,わたし乾いだ』と言っならない」。  わたし守り,わたし喜びこと選び+,わたし契約とらえいる+宦官に,エホバこのよう言わからある。  「わたしわたし+で,わたし内側で,彼ら記念*++を,すなわち息子たち勝っもの+与えよう。わたし定めない至る+を,断ち滅ぼされることない[名]を彼ら*与えるあろ+  「エホバなって,これ仕え,エホバ愛し+,そのなろする異国たち+,安息守っこれ汚さないようし,わたし契約とらえいるすべて+  それらわたしまた,わたしなる連れ+,わたし祈り+歓ばせる。彼ら焼燔捧げ物+その犠牲+は,わたし祭壇+受け入れられるためものなる。わたしすべてため祈り呼ばれるからある+」。  イスラエルい散らさたち集めいる+なるエホバお告げなっことこうある。「わたし既に集められたち加えて,他たちもと集めるあろ+」。  原すべて野生動物よ,森林いるすべて野生動物よ,食べ来い+ 10  彼見張りたち盲目ある+。彼らだれひとり気づかなかっ+。彼ら皆,口きけないある。ほえることでき+,あえぎ,身横たえ,まどろむこと愛する+ 11  しかも,魂[の願望]の強い+あり,満足すること知っない+。彼らまた,理解すること知らないいる羊飼いある+。彼らみな自分向かった。各々自分境界から不当利得求め+ 12  「さあ,みんな! わたしぶどう取らせよ。酔わせるたっぷり我々飲ませ+。そして明日必ず今日同じようなる。しかも,はるか大いなるものなる+」。

脚注

または,「裁き」。
「死すべき人間」。ヘ語,エノーシュ。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
字義,「異(国)の子」。
字義,「手」。しかし,サム一 15:12; サム二 18:18参照。
「彼らに」,クム1イザa,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「彼に; 各々に」。