アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 53:1-12

53  わたしたちの聞いたこと*にだれが信仰を置いたか+。そしてエホバの腕+,それは一体だれに表わし示されたか+  そして,彼は人*の前に小枝のように+,水なき地から出る根のように生じる。彼には堂々たる姿もなければ,光輝もない+。わたしたちが彼を見るとき,わたしたちに彼を望ましく思わせるような外見はない+  彼はさげすまれ,人々*に避けられ+,痛みと病を親しく知ることとに定められた人であった+。そして,わたしたち*から顔を覆い隠すことがなされているかのようであった+。彼はさげすまれ,わたしたちは彼を取るに足りない者とみなした+  まことに,わたしたちの病は彼が担い+,わたしたちの痛みは彼が負ったのである+。しかし,わたしたちは彼を災厄に遭い+*に撃たれ+,苦しみを受けた者*とみなした+  しかし,彼はわたしたちの違犯のために+刺し通され+,わたしたちのとがのために打ち砕かれるのであった+。わたしたちの平安のための懲罰が彼に臨み+,彼の傷+ゆえにわたしたちのためのいやしがあった+  わたしたちは羊のように*皆さまよい+,それぞれ自分の道に向かった。エホバは,わたしたちすべての者のとががその者に出会うようにされた+  彼は激しい圧迫を受け+,苦しめられるままに任せていた+。彼はそれでも口を開こうとはしなかった。彼はほふり場に向かう羊のように*連れて行かれ+,毛を刈る者たちの前で黙っている雌羊のように,自分も口を開こうとはしなかった+  拘束*と裁きのゆえに彼は取り去られた*+。だれが彼の世代[の詳細*]を思いに留めるだろうか+。彼は生ける者たちの地+から断たれたからである+。彼はわたしの民の違犯+のゆえにむち打たれた*+  そして,暴虐を行なったこともなく+,その口に欺きがなかったにもかかわらず+,彼*は自分の埋葬所を邪悪な者たちと共にし*+,死に際しては富んだ階級の者*と共になる+ 10  しかし,エホバご自身が彼を打ち砕くことを喜び+,彼を病める者とされた+。もしあなたが彼の魂*を罪科の捧げ物として置くならば+,彼は自分の子孫を見+,[その]日を長くするであろう+。その手にあって,エホバの喜ばれること+は成功を収める+ 11  その魂の難儀のゆえに,彼は見て*+,満ち足りる+。義なる者,わたしの僕+は,その知識のゆえに*多くの人に義なる立場をもたらし+,彼らのとがを自ら負うのである+ 12  それゆえに,わたしは多くの者の中で彼に受け分を与え+,彼は力ある者たちと共に分捕り物を分け与えるであろう+。それは彼が自分の魂を死に至るまでも注ぎ出したためであり+,彼は違犯者と共に数えられた+。彼は多くの人々の罪を自ら担い+,違犯をおかす者たちのために仲裁に入ったのである+

脚注

「聞いたこと」。または,「報告」。
または,「その方」。
「人々」。ヘ語,イーシーム。同じ節にあるイーシュ(「人」)の複数形。この形の複数形はここと,詩 141:4および箴 8:4にしか出て来ない。
または,「彼」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
または,「撃たれ,低くされた者」。
または,「羊の群れのように」。ヘ語,カッツォーン
または,「子羊のように」。ヘ語,カッ
または,「虐げ; 強要」。
「彼は虐げと裁きから取られた」,ウル訳; 七十訳,「辱めを受けている間,裁きは彼から取り去られた」。使徒 8:33参照。
または,「彼の生き方[の詳細]」。
「彼は……のゆえに死に至るまで打たれるようになった」,七十訳と一致させて,マソ本を訂正することによる。
または,「人」。
字義,「共に与え; 共に備え」。
字義,「富んだ者(人)」(単)。
「彼の」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケー; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
「彼は見て」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「[神は]彼に光を見せ」。
「その知識のゆえに」。または,「彼を知っていることにより」。