内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 51:1‐23

51  「義追い求めいるたち+,エホバ見いだそ努めているたち+,わたし聴け。あなた方自分切り出さ+を,自分掘り出さくぼみ思い見よ。  あなた方+アブラハム+を,また,子産む苦しみもって,しだいあなた方産んサラ+思い見よ。わたし呼んとき,彼あっ+,わたし祝福し,多くいっからある+  エホバ必ずシオン慰めくださるからある+。そのすべて荒れ廃れ必ず慰め+,その荒野エデン+ように,その砂漠平原エホバ*+ようされる。歓喜歓びその見いだされるあろう。感謝表明調べ+  「わたしよ,わたし注意払え。わたし国たみ+,わたし向けよ。律法*わたしから行き+,わたしわたし司法定めもろもろ置く*からある+  わたし近くある+。わたし救い+必ず行き,わたしもろもろ裁くあろ+。島々わたし待ち望み+,わたし待つあろ+  「あなた方上げよ+。下見よ。そのよう必ず散り散りなり+,地よう古び+,その住民ただぶよよう死んゆく。しかしわたし救いは,定めない至るまで存続+,わたし打ち砕かれることない+  「義知るたち,心わたし律法保つ+,わたし聴け。死すべき人間*そしり恐れならない。彼ら単なるののしり言葉ため恐怖襲わならない+  蛾*彼らよう食い尽くし,衣蛾*彼ら羊毛よう食い尽くすからある+。しかしわたしは,定めない至るまで存続し,わたし救い数えきれない代々*至る+」。  エホバ+,覚めよ,覚めよ,力着け+! 覚めよ,昔ように,過ぎ去っ代々よう+。ラハブ*打ち砕き+,海巨獣*刺し通しは,あなた*ない+ 10  海を,広大深み*干上がらは,あなたない+。海深みし,買い戻さたち渡れるよう+ 11  それで,エホバ請け戻されるたち帰って,必ず歓呼上げつつシオン来る+。そして,定めないまで続く歓び彼らあるあろ+。彼ら歓喜歓び至る+。悲嘆溜め息必ず逃げ去るあろ+ 12  「わたしが ― わたしあなた方慰めいるある+ 「死んゆく死すべき人間恐れ+,ただ青草ようされる+人間*を[恐れる]とは,あなた*だれか。 13  また,天張り伸ばし+,地据える+,あなた*造り主エホバ+忘れて,[あなたを]囲み込むも[あなたを]滅ぼしするよう+,その激しい怒りため終日怖れ+。それで,[あなたを]囲み込む激しい怒りどこある+ 14  「鎖つながかがむ必ず速やか解き放たれる+。死ん行ったり+,自分パン事欠いたりすることないためある+ 15  「しかし,わたし,エホバは,あなた*あり,海かき立てその騒ぎ立たせる+。その万軍エホバいう+ 16  そして,わたしわたし言葉あなた置き+,わたし必ずあなた覆うあろ+。それは,天植え+,地据え+,シオン向かって『あなたわたしある+』と言うためある。 17  「エルサレムよ,エホバみ手よりその激しい怒り飲ん+,起きよ,起きよ,立ち上がれ+。あなた酒杯を,[人を]ふらつかせる飲み,飲み干し+ 18  彼女産んすべて+うち,これ導くだれなかった。彼女養い育てすべてうち,その取るだれなかっ+ 19  これら二つことあなた降り懸かるあっ+。だれ*あなた同情するだろ+。奪略崩壊,飢え+! だれあなた慰めるだろ+ 20  あなた気絶倒れ+。彼らかかっ野羊よう+,エホバ激しい怒り+,あなた叱責+満ちように,すべて街頭横たわった」。 21  それゆえ,苦しんで,ぶどうよら酔っいる++,どうか,このこと聴くように。 22  あなた*エホバ,ご自分ため争われる+あなたこのよう言わた。「見よ,わたしは[人を]ふらつかせる+あなたから取り去る。あなた酒杯を,わたし激しい怒り繰り返し飲むこともうない+ 23  そして,わたしそれあなたいら立たせるたち置く+。彼らあなた向かって,『身かがめよ。我々越え行くためだ』と言っで,あなた越え行くたちため自分ように,また街路ようものだっ+」。

脚注

「エホバ楽園<パラダイス>」,七十訳,シリ訳。
または,「教訓が」。
「出行き,わたし司法定めもろもろたちどころに[出行く]」,わずか訂正よる。
「死すべき人間」。ヘ語,エノーシュ。
「蛾」。ヘ語,アーシュ。
「衣蛾」。ヘ語,サース。
「数えきれない代々に」。字義,「世代(複)の世代に」。
または,「暴れ者」。ウル訳,「ごう慢な(高慢な)者」,男性形。
「海巨獣」。ウル訳,「龍」。
「あなた」,女性形。「腕」(女性)を指しいる。
「深み」。ヘ語,テホーム; 七十訳,ウル訳,「底知れ深み」。創 1:2,「深み」の脚注比較。
「人間」。または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
「あなた」,女性単数形。「シオン」を指しいる。
「あなた」,男性単数形。
「あなた[男性単数形]の[複数形]」。ヘ語,エローヘイカー。
「だれが」。クム1イザa,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「だれが ― わたしが」; タル,「だれなく,このわたしが」。
「あなた[女性単数形]の」。ヘ語,アドーナイク。アードーン複数で,偉観もしくは卓越表わす。