内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

イザヤ 50:1‐11

50  エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「では,わたし​が​追い出し​た​あなた方​の​母​の​離婚​証明​書​+は​どこ​に​ある​の​か+。また,わたし​は​わたし​の​債権​者​の​うち​の​だれ​に​あなた方​を​売っ​た​の​か+。見よ,あなた方​は​自分​の​とが​+の​ため​に​売ら​れ,あなた方​の​母​は​あなた方​の​違犯​の​ため​に​追い出さ​れ​た​の​だ+  わたし​が​入っ​て​来​た​とき,だれ​も​*い​なかっ​た​の​は​どうして​か+。わたし​が​呼ん​だ​とき,答える​者​が​だれ​も​い​なかっ​た[の​は​どうして​か+]。わたし​の​手​は​請け戻す​こと​が​でき​ない​ほど​短く​なっ​た​の​か+。それとも,わたし​に​は​救い出す​力​が​ない​と​でも​いう​の​か。見よ,わたし​は​わたし​の​叱責​+に​よっ​て​海​を​干上がら​せる+。わたし​は​川​を​荒野​に​する+。その​魚​は​水​が​ない​ため​に​悪臭​を​放ち,渇き​の​ため​に​死ぬ+  わたし​は​薄暗さ​を​天​に​着せ+,粗布​を​もっ​て​その​覆い​と​する+」。  主権​者​なる​主​エホバ​ご自身​が​教え​られ​た​者​たち​*の​舌​を​わたし​に​与え​て​くださっ​た+。疲れ​た​者​に​どの​よう​に​言葉​を​用い​て​答える​か​を​わたし​が​知る​ため​で​ある+。[]は​朝​ごと​に​目覚め​させ​て​くださる。教え​られ​た​者​たち​の​よう​に​聞く​ため​に​わたし​の​耳​を​目覚め​させ​て​くださる+  主権​者​なる​主​エホバ​が​わたし​の​耳​を​開い​て​くださっ​た。そして,わたし​は​反抗​的​で​は​なかっ​た+。わたし​は​反対​の​方​に​向か​なかっ​た+  わたし​は​打つ​者​たち​に​背​を​与え,[髪​を]引き抜く​者​たち​に​ほほ​+を[与え​た]。わたし​は​屈辱​的​な​こと​*や​つば​から​顔​を​覆い隠さ​なかっ​た+  しかし,主権​者​なる​主​エホバ​ご自身​が​わたし​を​助け​て​くださる+。それゆえに,わたし​は​屈辱​を​感じる​必要​は​ない。それゆえに,わたし​は​顔​を​火打ち​石​の​よう​に​し​た。わたし​は​自分​が​恥​を​かく​こと​が​ない​こと​を​知っ​て​いる+  わたし​を​義​なる​者​と​宣する​*方​が​近く​に​い​て​くださる+。だれ​が​わたし​と​争い​得る​で​あろ​う​か。共​に​立と​う+。わたし​の​司法​上​の​相手​*は​だれ​か+。その​者​を​わたし​に​近寄ら​せよ+  見よ,主権​者​なる​主​エホバ​ご自身​が​わたし​を​助け​て​くださる。わたし​が​邪悪​で​ある​と​宣告​し​得る​*者​が​だれ​か​いる​か+。見よ,彼ら​は​皆,衣​の​よう​に​古びる+。ただ​の​蛾​が​彼ら​を​食い尽くす​の​で​ある+ 10  あなた方​の​うち​だれ​が​エホバ​を​恐れ+,その​僕​+の​声​に​聴き従っ​て​いる​か。絶え​ざる​闇​の​中​を​歩み+,輝き​を​得​なかっ​た[僕​の​声​に]。その​者​は​エホバ​の​み名​に​依り頼み+,自分​の​神​に​*寄り掛かれ+ 11  「見よ,火​を​発し,火花​を​生じ​させ​て​いる​*者​たち​よ,あなた方​は​みな​自分​の​火​の​光​の​うち​を,自分​が​燃え立た​せ​た​火花​の​中​を​歩め。あなた方​は​わたし​の​手​から​必ず​この​こと​を​受ける​こと​に​なろ​う。あなた方​は​全き​痛み​の​うち​に​横たわる​の​だ+

脚注

または,「人​が」。ヘ語,イーシュ。
「教え​られ​た​者​たち」。または,「弟子​たち(追随​者​たち)」。
「屈辱​的​な​こと」。または,「侮辱」。
または,「潔白​で​ある​と​宣告​する」。
「わたし​の​司法​上​の​相手」。字義,「わたし​の​裁き​の​所有​者[ヘ語,ヴァアル。バアル​の​変化​形]」。
または,「わたし​に​有罪​の​宣告​を​下し​得る」。
「自分​の​神​に」。ヘ語,ベーローハーウ(bEʼ·lo·hav')。
「火花​を​生じ​させ​て​いる」,訂正​に​よる; 字義,「火花(火​の​矢)を​しっかり​身​に​帯び​て​いる」。