内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 44:1‐28

44  「それ今,わたしヤコブ+,わたし選んイスラエル+,あなた聴け。  あなた造っ+,あなた形造っ+,あなた*[の時]から助けエホバ+このよう言わた。『わたしヤコブよ,わたし選んエシュルン*+,あなた恐れならない+  わたし渇い+,滴り出る流れ乾い場所注ぎ出すからある+。わたしあなた*わたし+,あなた末孫わたし祝福注ぎ出す。  そして,彼ら青草から出るように,掘り割りほとりあるポプラ+よう生え出る+  このは,「わたしエホバもの」と言う+。また,かは[自分を]ヤコブ呼び+,別自分に「エホバもの」と書くあろう。そして,人は[自分を]イスラエル呼ぶあろ+』。  「イスラエル+,これ買い戻す+,万軍エホバ,エホバこのよう言わた。『わたし最初あり,わたし最後あり+,わたしほか*ない+  また,わたしようだれいるあろ+。その呼ばわっ*,それ告げ,それわたし提出するよい+。わたし定めときから+,来よういること入っ来ること彼ら告げさせよ。  あなた方怖れならない。動転ならない+。わたしそのからあなた個人聞かせ,[それを]告げ知らせなかっ+。そして,あなた方わたし証人ある+。わたしほか*存在するあろ+。いや,*ない+。わたし何ものそれ認めことない』」。  彫刻形造るみな実在ないものあり+,彼らお気入り*ならない+。それら彼ら証人*ず,何知らない+。それ彼らかくためある+ 10  だれ*形造ったり,単なる鋳像たり+。それ全くならなかっ+ 11  見よ,その仲間みなかくあろ+。職人たちから*ある。彼らみな集まり合う+。彼ら立ち止まる。彼ら怖れる。彼ら同時かく+ 12  かぎなた彫るは,炭火使っ忙しく[働いた]。彼つちそれ形造っゆき,その力強い忙しく働く+。また,彼空腹なった。そのためない。彼飲まなかった。そのため疲れる。 13  木彫る測り綱張り伸ばした。彼朱墨それ描き,木削る道具それ作り上げ,コンパスそれ描いゆき,徐々それ*かたどっ似せ+,人間*美しさよう造り,家座らせる+ 14  杉切り倒すことするいる。彼ある種類木,それ巨木取り,それ森林木々自分ため強くする+。彼月桂樹植えた。降り注ぐそれ大きくゆく。 15  そして,それ*燃やしつづけるための[もの]となった。すなわち,彼その一部取っ暖めようする。事実,彼起こし,実際パン焼く。また,自分かがめるため*作る+。彼それ彫刻作り+,それ平伏する。 16  彼その*半分実際燃やす。その半分自分食べるよく焼い満ち足りる。また,彼自分暖め言う,「ははあ,暖まった。火明かりた」と。 17  しかし,彼その残り実際作り,自分ため彫刻する。彼それ平伏し,身かがめ,それ向かっ祈っ言う,「わたし救い出しください。あなたわたしからです」と+ 18  彼ら知るようならなかっ+。また,理解することない+。彼ら塗料まみれ見え+,そのも[そうなって]洞察ないからある+ 19  そして,だれも,「わたしその半分燃やした。わたしまた,そのおき火パン焼いた。わたし焼い食べる。それなのに,わたしその残りただ忌むべきもの+作ったりするものか。乾き切っ材木平伏たりするものか」と言って,その思い起こすこと+,知識または理解+持つことない。 20  彼食っいるある+。もてあそばその迷わせ+。そして,彼その救い出さず,「わたし右手偽りあるないか」と言いない+ 21  「ヤコブよ,そしてイスラエルよ,あなたこれらこと覚えおくよう+。あなたわたしからある+。わたしあなた形造っ+。あなたわたし属するある。イスラエルよ,あなたわたしから忘れられることない+ 22  わたしあなた違犯よるように,あなた雲塊よるようぬぐい去る+。わたしもとぜひ帰れ+。わたしあなた買い戻すからある+ 23  「天よ,喜び叫び上げよ+。エホバ行動起こさからある+! 地最も低い*みな+勝ちどきあげよ+! 山々よ,快活なっ+喜び叫び上げよ,森林よ,そのすべて木々よ! エホバヤコブ買い戻さからある。そしてイスラエルその示される+」。 24  あなた買い戻す+,あなた腹[の時]から*形造っ,エホバこのよう言わた。「わたし,エホバは,すべてこと行ない,独り張り伸ばし+,地張り広げいる+。だれわたしか。 25  [わたしは]無意味するたち*しるしくじいいる。[わたしは]占い気違いよう振る舞いさせる+,賢人後戻りせる,彼ら知識愚かもの変える+ 26  自分言葉真実ならせる,自分使者計り事完全成し遂げる+,エルサレムついて,『そこに[人が]住むようなる+』,ユダ都市ついて,『それ建て直さ+,わたしその荒廃場所興すあろ+』と言う 27  水深みに,『蒸発せよ。わたしあなたすべて干上がらせるあろ+』と言う 28  キュロス+つい*[このように]言う,『彼わたし牧者あり,わたし喜ぶことすべて完全成し遂げるあろう』と+。すなわち,エルサレムついて,『彼女建て直されるあろ*』,神殿ついて,『あなたその据えられるあろう』と言う[わたしの]ことば*+」。

脚注

すなわち,母胎。
「エシュルン」(「廉直者」という意味で,イスラエル名誉称号),マソ本; ウル訳,「最も廉直者」; 七十訳,「愛するイスラエル」; タル,シリ訳,「イスラエル」。
または,「子孫」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「その立って,呼ばわって」,七十訳。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「岩」。ヘ語,ツール; タル,シリ訳,「強い者」。
または,「彼らとっ望ましい物」。
「彼ら証人て」。ヘ語,ウェエーデーヘム。次語(ヘーンマー,「彼らは[……である]」)はソフェリムよっ特殊符号付けられおり,それその代名詞語尾(ヘム,「彼らの」)の単なる重複誤写あるため削除れるべきこと示しいる。代名詞の「彼らは」はシリ訳ない。したがって,このよう読むことなる。「それら[お気入り物; 彫刻像]は彼ら証人ず,何知らない。それ彼ら[彫刻形造る者]がかくためある」。特殊符号無視読むと,次ようなる。「それら[ヘ語,ヘーンマー]は彼ら証人で,何ず,何知らない。それ彼らかくためある」。付録2イ参照。
「神」。ヘ語,エール。
から」。または,「人間から」。ヘ語,メーアーダーム
「人」。ヘ語,イーシュ。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
または,「が」。ヘ語,レアーダーム
「神」。ヘ語,エール。
「その」。すなわち,燃料こと; 木ことあろう。
「最も低い所」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「基」; ウル訳,「最果て」。詩 63:9脚注比較。
すなわち,母胎[の時]から。
字義,「無意味話」。しかし,擬人いる。
キュロスついて」,マソ本(ヘ語,レコーレシュ),タル,七十訳,ウル訳。
「エルサレムに,『あなた建て直されるあろう』」,タル,七十訳,ウル訳。
「と言う[わたしの]ことばも」,マソ本,(シリ訳); 七十訳,「と言う者」; ウル訳,「わたしは(エルサレムついて……)と言う者」。