内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

イザヤ 43:1‐28

43  そして​今,ヤコブ​よ,あなた​を​創造​さ​れ​た​方​+は,イスラエル​よ,あなた​を​形造ら​れ​た​方+,エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​を​買い戻し​た​から​で​ある+。わたし​は​あなた​の​名​で[あなた​を]呼ん​だ+。あなた​は​わたし​の​もの​で​ある+  あなた​が​水​の​中​を​通っ​て​行こ​う​と​も+,わたし​は​あなた​と​共​に​おり+,川​の​中​を[通っ​て​行こ​う​と​も],それ​が​あなた​の​上​に​みなぎりあふれる​こと​は​ない+。あなた​が​火​の​中​を​歩こ​う​と​も,あなた​は​焼き焦がさ​れる​こと​なく,炎​が​あなた​を​焦がす​こと​も​ない+  わたし​は​あなた​の​神​*エホバ,あなた​の​救い主​+なる​イスラエル​の​聖​なる​者​だ​から​で​ある。わたし​は​あなた​の​ため​の​贖い​*と​し​て​エジプト​を+,あなた​の​代わり​に​エチオピア​*+と​セバ​を​与え​た。  あなた​は​わたし​の​目​に​貴重​だっ​た​の​で+,誉れ​ある​者​と​みなさ​れ,わたし​自ら​あなた​を​愛し​た+。そして,わたし​は​あなた​の​代わり​に​人々​*を,あなた​の​魂​の​代わり​に​国たみ​を​与える​で​あろ​う+  「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる​から​で​ある+。わたし​は​日​の​昇る​方​から​あなた​の​胤​を​連れ​て​来る。日​の​沈む​方​から​あなた​を​集める+  わたし​は​北​+に​向かっ​て,『引き渡せ!』と​言い,南​に​向かっ​て*,『引きとどめる​な。わたし​の​息子​たち​を​遠く​から,わたし​の​娘​たち​を​地​の​果て​から​連れ​て​来る​よう​に+  すべて​わたし​の​名​で​呼ば​れ​て​いる+,わたし​が​わたし​の​栄光​の​ため​に​創造​し+,わたし​が​形造り,そう​だ,わたし​が​造っ​た​者​+を』と[言う​で​あろ​う]。  「目​が​ある​の​に​盲目​の​民​を,耳​を​持っ​て​いる​の​に​耳​の​聞こえ​ない​者​たち​+を​連れ出せ。  諸国​の​民​を​みな​一つ​の​場所​に​集め*,国たみ​を​共​に​集めよ+。彼ら​の​うち​に​この​こと​を​告げ​得る​者​が​だれ​か​いる​か+。また,彼ら​は​最初​の​こと​で​さえ​わたしたち​に​聞か​せる​こと​が​できる​か+。彼ら​に​その​証人​を​出さ​せ+,彼ら​が​義​と​宣せ​られる​よう​に​し​て​みよ。また,彼ら​に​聞か​せ​て,『それ​は​真実​だ!*』と​言わせ​て​みよ+」。 10  「あなた方​は​わたし​の​証人​で​ある*+」と,エホバ​は​お告げ​に​なる,「すなわち,わたし​が​選ん​だ​わたし​の​僕​*で​ある+。それ​は​あなた方​が​知っ​て+,わたし​に​信仰​を​抱く​ため​で​あり+,わたし​が​同じ​者​で​ある​こと​+を​理解​する​ため​で​ある。わたし​の​前​に​形造ら​れ​た​神​*は​なく+,わたし​の​後​に​も​やはり​い​なかっ​た*+ 11  わたし​が ― わたし​が​エホバ​で​あり+,わたし​の​ほか​に​救う​者​は​い​ない+」。 12  「あなた方​の​うち​に​ほか​の[神]*が​い​なかっ​た​とき​に+,わたし​自ら​告げ知らせ,救い​を​施し,[それ​を]聞か​せ​た+。それで,あなた方​は​わたし​の​証人​で​ある+」と,エホバ​は​お告げ​に​なる,「そして,わたし​は​神​*で​ある+ 13  また,わたし​は​いつ​で​も​*同じ​者​で​ある+。わたし​の​手​から​救い出し​得る​者​は​だれ​も​い​ない+。わたし​は​活動​する+。すると,だれ​が​それ​*を​引き戻す​こと​が​でき​よう​か+」。 14  あなた方​を​買い戻す​方+,イスラエル​の​聖​なる​方+,エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「わたし​は​あなた方​の​ため​に​バビロン​に​人​を​遣わし​て,獄​の​かんぬき​を​*下ろさ​せる+。そして,船​の​中​の​カルデア​人​は​すすり泣く+ 15  わたし​は​あなた方​の​聖​なる​者​+エホバ*,イスラエル​の​創造​者+,あなた方​の​王​で​ある+」。 16  エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。海​の​中​に​道​を,強い​水​の​中​に​通り道​を​作る​+ 17  戦車​と​馬,軍勢​と​強い​者​たち​*を​同時​に​連れ出す​方​+が[言わ​れ​た​の​で​ある]。「彼ら​は​横たわる+。彼ら​は​起き上がら​ない+。彼ら​は​確か​に​消し去ら​れる+。亜麻​の​灯心​の​よう​に​必ず​消さ​れる+」。 18  「最初​の​こと​を​思い出す​な。以前​の​こと​を​考える​な。 19  見よ,わたし​は​新しい​こと​を​行なお​う​と​し​て​いる+。今​に​それ​は​起こる。あなた方​は​それ​を​知る​こと​に​なら​ない​だろ​う​か+。実際,わたし​は​荒野​に​道​を+,砂漠​に​川​を​設ける​で​あろ​う+ 20  野​の​野獣,ジャッカル​や​だちょう​*+が​わたし​の​栄光​を​たたえる​で​あろ​う+。なぜなら,わたし​は​荒野​に​さえ​水​を,砂漠​に​川​を​与え​て+,わたし​の​民,わたし​の​選ん​だ​者​+に​飲ませる​から​で​ある。 21  それ​は,わたし​の​賛美​を​詳しく​話す​よう,わたし​が​自分​の​ため​に​形造っ​た​民​な​の​で​ある+ 22  「しかし,ヤコブ​よ,あなた​は​この​わたし​を​呼ば​なかっ​た+。イスラエル​よ,あなた​は​わたし​に​うみ疲れ​た​から​で​ある+ 23  あなた​は​わたし​に​あなた​の​全​焼燔​の​捧げ物​の​羊​を​携え​て​来​なかっ​た​し,あなた​の​犠牲​を​もっ​て​わたし​の​栄光​を​たたえる​こと​も​し​なかっ​た+。わたし​は​供え物​を​もっ​て​わたし​に​仕える​よう​あなた​を​強要​し​た​こと​も​なく,乳香​で​あなた​を​うみ疲れ​させ​た​こと​も​ない+ 24  あなた​は​わたし​の​ため​に,[芳香​を​放つ]籐​+を​金​を​*払っ​て​買う​こと​も​し​なかっ​た。あなた​の​犠牲​の​脂肪​で​わたし​を​飽かさ​なかっ​た+。実際​に​は,あなた​は​あなた​の​罪​ゆえに​仕える​よう​わたし​を​強要​し,あなた​の​誤り​で​わたし​を​うみ疲れ​させ​た​の​だ+ 25  「わたし​が ― わたし​自身​の​ため​に​+あなた​の​違犯​を​ぬぐい去っ​て​いる​+者​な​の​で​ある+。わたし​は​あなた​の​罪​を​思い出さ​ない+ 26  わたし​に​思い起こさ​せよ。わたしたち​を​共​に​裁き​に​掛け​よう*+。あなた​が​正しい​と​される​ため​に,それ​に​関する​自分​の​主張​を​行なえ+ 27  あなた​の​父,最初​の​者​は​罪​を​おかし+,あなた​の​代弁​者​たち​*は​わたし​に​対し​て​違犯​を​おかし​た+ 28  それで,わたし​は​聖​なる​場所​の​君​たち​を​汚し*,ヤコブ​を​滅び​の​ため​に​ささげ​られ​た​者​と​し​て​渡し,イスラエル​を​ののしり​の​言葉​に[渡す+]。

脚注

「あなた​の​」。ヘ語,エローヘイカー。
または,「あなた​の​ため​の​贖罪​の​代価」。字義,「あなた​の​覆い」。ヘ語,コフレカー。
「エチオピア」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「クシュ」。
「人々」。字義,「地​の​人」。ヘ語,アーダーム。
または,「テマン​に​対し​て」。ヘ語,ウーレテーマーン
タル,シリ訳​と​一致​し​て; マソ本,七十訳,「諸​国民​すべて​が​共​に​集まっ​た」。
「それ​は​真実​だ!」 字義,「真実!」 ヘ語,エメト。
「あなた方​は​わたし​の​証人​で​ある」。ヘ語,アッテム エーダイ,複数​形; ラ語,ウォース テステース メイー,複数​形。
「すなわち……わたし​の​」,マソ本(ヘ語,ウェアヴディー,単数​形),七十訳,ウル訳; タル(ア語),ウェアヴディー メシーハー,「すなわち,わたし​の​油そそが​れ​た​者」; シリ訳,「僕​たち」。
「神」。ヘ語,エール。
または,「わたし​の​後​に​も​い​なかっ​た[または,い​ない​で​あろ​う]」。
または,「ほか​の​者」。
「神」。ヘ語,エール。
「いつ​で​も」。字義,「[その]日​から」。七十訳,ウル訳,「初め​から」。
「それ」,女性​形。「手」(女性)を​指し​て​いる。
「獄​の​かんぬき​を」,訂正​に​よる; マソ本,「逃げ延びる​者​たち,彼ら​を​すべて」; ウル訳,「すべて​の​かんぬき(障壁)を」。
または,「わたし,エホバ​は,あなた方​の​聖​なる​者」。ヘ語,アニー エフワー ケドーシェケム。
字義,「強い​者」,単数​形。しかし,集合​的​な​意味​で​用い​られ​て​いる。
13:21,「だちょう」の​脚注​参照。
または,「銀​を」。
または,「わたしたち​は​共​に​論争​を​始め​よう; わたしたち​は​共​に​弁護​し​よう」。
または,「通訳​たち」。
または,「聖​なる​君​たち​を​汚し」。