内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 42:1‐25

42  見よ,わたししっかりとらえいる+わたし+を! わたし是認+わたし選ん+を! わたしうちわたし*置い+。彼諸国公正もたらすあろ+  彼叫びず,[声を]上げず,ちまた*その聞こえさせない+  彼砕か折ら+,薄暗い亜麻灯心ついは,それ消すことない。彼真実うち公正*もたらす+  彼公正定めるまで,薄暗くなることなく,打ち砕かれる*ことない+。島々*その律法待ち望む*ある+  天創造+,それ張り伸ばす偉大*+,地その産物+張り広げる+,[地]上*+を,[地]を歩むたち+与える+,[まことの]エホバこのよう言わた。  「わたし自ら,エホバが,義もっ+あなた呼び,あなた取っ+。そして,わたしあなた安全守り,あなた契約+,諸国民与えるあろ+  [あなたが]盲人開き+,捕らわれから+,闇座っいるたち留置から連れ出すためある+  「わたしエホバある。それわたしある+。わたしわたし栄光ほかだれ与え+,わたし賛美+彫像に[与える]ことない+  「最初こと ― それらいまや到来+。しかし,わたし新しいこと告げいるある。それら起こり始めるに,わたしあなた方に[それを]聞かせる+」。 10  エホバ新しいを,地果てからその賛美+歌え+。海それ満ちるもの下っ行くたち+。もろもろそこ住むたち+ 11  荒野+その都市は[声を]上げよ。ケダル住む集落+も。大岩住民+喜ん叫べ。山々から人々大声叫べ。 12  栄光エホバ帰し+,島々その賛美告げ知らせ+ 13  エホバあるよう自ら行かれる+。戦士*よう熱心呼び起こされる+。叫び上げ,そうだ,とき上げられる+。敵対して,ご自分ほう大いなること示される+ 14  「わたし久しく静か+。沈黙+。ずっ自制働か+。子産むように,わたし同時うめき,あえぎ,息切らす+ 15  わたし荒れ廃れさせ+,その草木みな干上がらせる。そして変え,葦茂る干上がらせる+ 16  そして,わたし盲人彼ら知らなかっ歩か+,彼ら知らなかっ通り道踏み行かせる+。わたし彼ら暗い場所+,高低ある平たん変えるあろ+。これらわたし彼らため行なうことあり,わたし彼ら捨てない+」。 17  彼ら必ず引き戻され,大いに恥じるあろう。彫刻頼っいるたち+,鋳像向かって,「あなた方わたしたち*です」と言っいるたち+は。 18  耳聞こえないたちよ,聞け。盲目たちよ,見るためじっ見つめよ+ 19  わたしなければ,だれ盲人あろか。だれが,わたし遣わすわたし使者よう聞こえないあろか。だれが,報われる*よう盲人あろか。[だれが,]エホバよう盲人あろ+ 20  多くもの見えるに,あなたつづけなかっある+。耳開けながら,あなた*聴いなかっある+ 21  エホバご自身ご自分ため+,律法+大いなるものし,それ威光あるものすること喜ばた。 22  しかし,それ強奪れ,略奪あり+,彼らみな捕らえられて,留置隠さ+。彼ら救出するないまま強奪され+,「連れ戻せ!」と言うないまま略奪れることなった。 23  あなた方うちだれこれ向けるだろか。だれため注意払い,聴くだろ+ 24  だれただ略奪ためヤコブ渡し,強奪するたちイスラエルを[渡し]たか。それエホバないか。わたしたちその対しおかしだ。彼らその歩もず,その律法聴き従わなかっ+ 25  それで,[]は激しい怒りを,み怒りを,戦い強さを,絶え注ぎ出さ+。そして,それ周り焼き尽くしいっ+,彼留めなかっ+。それ向かっ絶え燃え上がっが,彼全くとどめようなかっ+

脚注

「わたし」。ヘ語,ルーヒー。
または,「外で」。
または,「裁き」。ヘ語,ミシュパート; ラ語,イウディキウム。
「彼は……打ち砕かれる」。ヘ語,ヤールーツ3前半ラーツーツ(「砕かた」)と一致て。
または,「海沿い地帯」。
「島々その律法待ち望む」。七十訳,「諸国民望みかける」。マタ 12:21参照。
「張り伸ばす偉大方」,ヘブライ複数で,明らか偉観もしくは卓越表わす。
「息」。ヘ語,ネシャーマー。創 2:7場合同じ名詞。
字義,「戦い人」。
「わたしたち」。ヘ語,エローヘーヌー。
または,「平和契約入っいる者」。
「あなた」,ウル訳および60ヘブライ写本; タル,七十訳,シリ訳,「あなた方」; マソ本,「彼」。