アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 40:1-31

40  「慰めよ,わたしの民を慰めよ」と,あなた方の*は言われる+  「エルサレムの心に語り+,彼女に向かって呼ばわれ。その軍役*は完了し+,そのとがは払い終えられた,と+。彼女はエホバのみ手から,自分のすべての罪に関して余すところなく*受けたからである+」。  聴け,だれかが荒野で呼ばわっている*+。「あなた方はエホバの道を開け*+! 砂漠平原を通る*街道を,わたしたちののためにまっすぐに*せよ+  すべての谷は高められ+,すべての山と丘は低くされるように+。また,起伏のある土地は必ず平たんな地となり,高低のある土地は谷あいの平原となる+  そしてエホバの栄光が必ず表わし示され+,すべての肉なる者は必ず共に[それを]見る+。エホバのみ口が[これを]語ったからである+」。  聴け,「呼ばわれ+!」と,だれかが言っている*。すると,「何を呼ばわりましょうか」と,ある者が言った* 「肉なる者はすべて青草であり,その愛ある親切*はみな野の花のようだ+  青草は干からび,花は枯れた+。エホバの霊がその上に吹いたからである+。確かに,民は青草である+  青草は干からび,花は枯れた+。しかしわたしたちのの言葉は,定めのない時に至るまで保つのである+」。  シオンのために良いたよりを携えて来る女よ+,高い山に向かってあなたの道を取れ+。エルサレムのために良いたよりを携えて来る女よ,力を出してあなたの声を上げよ+。[声を]上げよ。恐れるな+。ユダの諸都市に言え,「さあ,あなた方の*です」と+ 10  見よ,主権者なる主エホバご自身が強い者として*来られ,そのみ腕はご自分のために支配を行なうのである+。見よ,その報いは[]と共にあり+,その支払う賃金はそのみ前にある+ 11  []は羊飼いのようにご自分の群れを牧される+。そのみ腕で子羊を集め+,[それを]その懐に抱いて携えて行かれる+。乳を飲ませるものたちを[注意深く]導かれる+ 12  だれがただの手のくぼみで水を量り+,単なる手尺で天を測定し+,地の塵を升*に盛り+,あるいは山を計量器で,丘をはかりで量ったか。 13  だれがエホバの霊を測定したか。だれがその助言者として[]に何かを知らせることができようか+ 14  []はだれと一緒に協議したので,その者が[]に理解させることができたというのか。だれが[]に公正の道筋を教え,知識を教え+,真の理解の道を知らせるのか+ 15  見よ,諸国民は手おけの一しずくのようであり,彼らははかりの上の塵の薄い層のようにみなされた+。見よ,[]は島々+をもただの微小な[塵]のように持ち上げられる。 16  レバノンでさえ火を燃やしつづけるのに十分ではなく,その野生動物+も焼燔の捧げ物のために十分ではない+ 17  すべての国の民は[]のみ前にあっては存在しないもののようであり+,無きもの,実在しないもののように[]にみなされた+ 18  それで,あなた方は*をだれに例えることができるのか+。どんな似た様をそのすぐそばに置くことができるのか+ 19  職人が単なる鋳像を鋳た+。金属細工人がそれに金をかぶせ+,銀の鎖を鍛造している+ 20  彼はある木を,腐っていない木を寄進物として選ぶ+。彼は熟練した職人を自分のために捜し出す。よろめかされることのない+彫刻像+を備えるためである。 21  あなた方は知らないのか。あなた方は聞かないのか。それは発端からあなた方に告げられなかったか。あなた方は地の基[の時]から理解力を働かせなかったのか+ 22  地の円の上に住むがおられ+,[地]に住む者たちは,ばったのようである。そのは天を目の細かい薄織りのように張り伸ばしておられ,それをその中に住むための天幕のように広げ+ 23  高官たちを無に帰しておられ,地の裁き人たちをも実在しないもののようにされた+ 24  彼らはいまだに植えられたことも,いまだにまかれたこともなく,その根株はいまだに地に根づいたこともない+。そして彼らの上に[息を]吹きかけさえすれば,それは干からびる+。刈りわらのように,風あらしが彼らを運び去るのである+ 25  「しかし,あなた方はわたしをだれに例えて,わたしをそれに等しい者となし得るのか」と,聖なる方は言われる+ 26  「あなた方の目を高く上げて見よ。だれがこれらのものを創造したのか+。それは,その軍勢を数によって引き出しておられるであり,その方はそれらすべてを名によって呼ばれる+。満ちあふれる活動力*+のゆえに,その方はまた力*が強く,[それらの]一つとして欠けてはいない。 27  「どんな理由があって,ヤコブよ,あなたは言うのか,イスラエルよ,あなたは言い立てるのか,『わたしの道はエホバから覆い隠された+。わたしに対する公正はわたしのご自身を*よけて行く+』と。 28  あなたはまだ知るようになっていないのか。聞かなかったのか+。地の果て*創造された方,エホバは,定めのない時に至るまでである+。[]は疲れ果てることも,うみ疲れることもない+。その理解は探り出すことができない+ 29  []は疲れた者に力を与えておられる+。活動力+のない者にみなぎる偉力を豊かに与えてくださる。 30  少年は疲れ果てることもあり,うみ疲れることもある。また,若者も必ずつまずくであろう。 31  しかし,エホバを待ち望んでいる者+は再び力を得る+。彼らは鷲+のように翼を張って上って行く。走ってもうみ疲れず,歩いても疲れ果てることがない+」。

脚注

「あなた方の」。ヘ語,エローヘーケム。
「その軍役」。ヘ語,ツェヴァーアーハ。39:5で「万軍」と訳されているツェヴァーオートの単数形。
「余すところなく」。または,「二倍の量を」。ヘ語,キフライム,両数形。ヨブ 11:6,「様々だ」の脚注参照。
「聴け,だれかが荒野で呼ばわっている」。または,「声がする! 荒野に呼ばわる者がいる」; または,「荒野に呼ばわる者の声がする」。
または,「だれかが呼ばわっている。『荒野に(の中に)エホバの道を開け』」。
または,「の中の」。
または,「平らかに」。
「聴け,『呼ばわれ!』と,だれかが言っている」。または,「声がする!『呼ばわれ!』と言っている者がいる」; または,「『呼ばわれ!』と言っている者の声がする」。
または,「彼は言った」。クム1イザa,七十訳,ウル訳,「わたしは言った」。
「愛ある親切」。または,「忠節な愛」。七十訳,ウル訳,「栄光」; シリ訳,「美」。
「あなた方の」。ヘ語,エローヘーケム。
「強さをもって」,クム1イザa,七十訳,シリ訳,ウル訳。
字義,「三分の一」,今は知られていないある升の。
「神」,マソ本(ヘ語,エール),ウル訳; 七十訳,「エホバ」。
「活動力」。ヘ語,オーニーム,複数形; ラ語,フォルティテューディニス,「強固さ」。
「力」。ヘ語,コーアハ。
字義,「そして……わたしのから」。ヘ語,ウーメーエローハイ。
エレ 25:31,33の脚注参照。