内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 40:1‐31

40  「慰めよ,わたし慰めよ」と,あなた方*言われる+  「エルサレム語り+,彼女向かっ呼ばわれ。その軍役*完了+,そのとが払い終えられた,と+。彼女エホバみ手から,自分すべて関し余すところなく*受けからある+」。  聴け,だれ荒野呼ばわっいる*+。「あなた方エホバ開け*+! 砂漠平原通る*街道を,わたしたちためまっすぐ*せよ+  すべて高められ+,すべて低くされるよう+。また,起伏ある土地必ず平たんなり,高低ある土地谷あい平原なる+  そしてエホバ栄光必ず表わし示さ+,すべてなる必ずに[それを]見る+。エホバみ口が[これを]語っからある+」。  聴け,「呼ばわれ+!」と,だれ言っいる*。すると,「何呼ばわりましょか」と,ある言っ* 「肉なるすべて青草あり,そのある親切*みなよう+  青草干からび,花枯れ+。エホバその吹いからある+。確かに,民青草ある+  青草干からび,花枯れ+。しかしわたしたち言葉は,定めない至るまで保つある+」。  シオンため良いたより携え来る+,高い向かっあなた取れ+。エルサレムため良いたより携え来るよ,力出しあなた上げよ+。[声を]上げよ。恐れる+。ユダ都市言え,「さあ,あなた方*です」と+ 10  見よ,主権なるエホバご自身強い*られ,そのみ腕ご自分ため支配行なうある+。見よ,その報いは[]とあり+,その支払う賃金そのみ前ある+ 11  []は羊飼いようご自分群れ牧される+。そのみ腕子羊集め+,[それを]その抱い携え行かれる+。乳飲ませるものたちを[注意深く]導かれる+ 12  だれただくぼみ量り+,単なる手尺測定+,地*盛り+,あるいは計量で,丘はかり量っか。 13  だれエホバ測定か。だれその助言て[]に知らせることできよう+ 14  []はだれ一緒協議で,そのが[]に理解せることできいうか。だれが[]に公正道筋教え,知識教え+,真理解知らせる+ 15  見よ,諸国民手おけしずくようあり,彼らはかり薄いようみなさ+。見よ,[]は島々+ただ微小な[塵]のよう持ち上げられる。 16  レバノンさえ燃やしつづける十分なく,その野生動物+焼燔捧げ物ため十分ない+ 17  すべては[]のみ前あっ存在ないものようあり+,無きもの,実在ないものように[]にみなさ+ 18  それで,あなた方*だれ例えることできる+。どんなそのすぐそば置くことできる+ 19  職人単なる鋳像+。金属細工それかぶせ+,銀鍛造いる+ 20  彼あるを,腐っない寄進選ぶ+。彼熟練職人自分ため捜し出す。よろめかされることない+彫刻+備えるためある。 21  あなた方知らないか。あなた方聞かないか。それ発端からあなた方告げられなかっか。あなた方基[の時]から理解働かなかっ+ 22  地住むおら+,[地]に住むたちは,ばったようある。その細かい薄織りよう張り伸ばしおられ,それその住むため天幕よう広げ+ 23  高官たち帰しおられ,地裁き人たち実在ないものようされ+ 24  彼らいまだ植えられことも,いまだまかことなく,その根株いまだ根づいことない+。そして彼らに[息を]吹きかけさえすれば,それ干からびる+。刈りわらように,風あらし彼ら運び去るある+ 25  「しかし,あなた方わたしだれ例えて,わたしそれ等しいなし得るか」と,なる言われる+ 26  「あなた方高く上げよ。だれこれらもの創造+。それは,その軍勢よっ引き出しおられるあり,そのそれらすべてよっ呼ばれる+。満ちあふれる活動*+ゆえに,そのまた*強く,[それらの]一つ欠けない。 27  「どんな理由あって,ヤコブよ,あなた言うか,イスラエルよ,あなた言い立てるか,『わたしエホバから覆い隠さ+。わたし対する公正わたしご自身*よけ行く+』と。 28  あなたまだ知るようなっないか。聞かなかっ+。地果て*創造,エホバは,定めない至るまである+。[]は疲れ果てることも,うみ疲れることない+。その理解探り出すことできない+ 29  []は疲れ与えおられる+。活動+ないみなぎる偉力豊か与えくださる。 30  少年疲れ果てることあり,うみ疲れることある。また,若者必ずつまずくあろう。 31  しかし,エホバ待ち望んいる+再び得る+。彼ら+よう張っ上っ行く。走っうみ疲れず,歩い疲れ果てることない+」。

脚注

「あなた方」。ヘ語,エローヘーケム。
「その軍役」。ヘ語,ツェヴァーアーハ。39:5で「万軍」と訳さいるツェヴァーオート単数形。
「余すところなく」。または,「二を」。ヘ語,キフライム,両数形。ヨブ 11:6,「様々だ」の脚注参照。
「聴け,だれ荒野呼ばわっいる」。または,「声する! 荒野呼ばわるいる」; または,「荒野呼ばわるする」。
または,「だれ呼ばわっいる。『荒野に(のに)エホバ開け』」。
または,「のの」。
または,「平らかに」。
「聴け,『呼ばわれ!』と,だれ言っいる」。または,「声する!『呼ばわれ!』と言っいるいる」; または,「『呼ばわれ!』と言っいるする」。
または,「彼言った」。クム1イザa,七十訳,ウル訳,「わたし言った」。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。七十訳,ウル訳,「栄光」; シリ訳,「美」。
「あなた方」。ヘ語,エローヘーケム。
「強さもって」,クム1イザa,七十訳,シリ訳,ウル訳。
字義,「三分一」,今知らないあるの。
「神」,マソ本(ヘ語,エール),ウル訳; 七十訳,「エホバ」。
「活動力」。ヘ語,オーニーム,複数形; ラ語,フォルティテューディニス,「強固さ」。
「力」。ヘ語,コーアハ。
字義,「そして……わたしから」。ヘ語,ウーメーエローハイ。
エレ 25:31,33脚注参照。