内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 38:1-22

38  そのころ,ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた+。そこで,アモツの子,預言者イザヤ+が彼のところに入って来て,こう言った。「エホバはこのように言われました。『あなたの家の者に命令を出せ+。あなたは確かに死に,生きられないからである+』」。  そこでヒゼキヤは顔を壁に向け+,エホバに祈って+  言いはじめた,「エホバよ,お願い申し上げます。どうか,思い出してください+。私が真実のうちに+,全き心をもって+み前に歩み+,あなたの目に良いことを行ないましたことを」。こうして,ヒゼキヤは激しく*泣きだした+  すると,エホバの言葉+がイザヤに臨んで言った,  「行って*,あなたはヒゼキヤにこう言わなければならない。『あなたの父祖ダビデ+エホバはこのように言われた。「わたしはあなたの祈りを聞いた+。わたしはあなたの涙を見た+。いまわたしはあなたの日数に十五年を加えよう+  そして,アッシリアの王のたなごころから,あなたとこの都市を救い出すであろう。わたしはこの都市を防御する+  そしてこれが,エホバはご自分の語ったこの言葉を履行されるという,あなたのためのエホバからのしるしである+  いまわたしは,太陽+によってアハズの[階段の]段の上に下った段の影を,十段後戻りさせよう+」』」。すると,太陽はそれが下った[階段の]段の上を徐々に十段後に戻った+  ユダの王ヒゼキヤが病気になり+,その病気から回復した+ときに記したもの。 10  わたしは自ら言った,「わたしはわたしの日のさなかにシェオルの門+に入って行く。 わたしは必ずわたしの残りの年を奪い取られる+」と。 11  わたしは言った,「わたしは生ける者の地でヤハを ― ヤハを*見ることはないであろう+ わたしはもはや人間を見ることはないであろう ― 停止[の地]の住民*と共に。 12  わたしの住居*は引き抜かれ+,羊飼いの*天幕のようにわたしから取り除かれた。 わたしは機を織る者のように自分の命を巻き上げた。 人はわたしをまさに縦糸から*切り断ちはじめる+ 日の光から夜に至るまで,あなたは絶えずわたしを引き渡される+ 13  わたしは朝になるまで自分をなだめた*+ ライオンのように,[]はわたしのすべての骨を砕きつづけ+ 日の光から夜に至るまで,あなたは絶えずわたしを引き渡される+ 14  あまつばめ,ブルブルのように,わたしはさえずりつづけ+ はとのようにくーくーと鳴きつづける+ わたしの目はやつれ果てて高みを仰ぎ見た+ 『エホバ*よ,私は虐げられています。私の味方になってください+』。 15  わたしは何を話したらよいのだろう。[]は実際,[何を]わたしに言われるのだろうか+ []ご自身も行動された+ わたしはわたしのすべての年を魂の苦しみのうちに厳粛に歩みつづける+ 16  『エホバ*よ,それゆえに人々は生きつづけるのです。だれについても同じですが,私の霊の命もそれによります+ そして,あなたは私を健康に戻し,必ず私を生き長らえさせてくださいます+ 17  ご覧ください,私は平安の代わりに苦いものを,そうです,苦い[もの]を得ました+ そして,あなたご自身が私の魂を愛慕し*,崩壊の坑から[それを守って]くださいました+ あなたは私のすべての罪をご自分の背後に投げ捨てられたからです+ 18  あなたをたたえることができるのはシェオルではないからです+。死があなたを賛美することはできません+ 坑に下って行く者はあなたの真実さを望み見ることはできません+ 19  生きている者,生きている者こそあなたをたたえることができるのです+ 私がこの日に[そうすることが]できるように+ 父があなたの真実さに関する知識をその子らに与えることができるのです+ 20  エホバよ,私に救いを[施してください+]。そうすれば,私たちは弦楽のために私が抜粋した曲を, 私たちの命の日の限り,エホバの家で+奏でることでしょう+』」。 21  それからイザヤは言った,「押し固めた干しいちじくの菓子ひとつを取って,[それを]はれ物+の上に塗り,彼が回復するようにしてあげなさい+」。 22  一方,ヒゼキヤは言った,「わたしがエホバの家に上って行けるしるしは何ですか+」。

脚注

字義,「大いに泣くこともって」。
字義,「行くことあるように」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。エレ 2:2,「行って」の脚注参照。
「ヤハを ― ヤハを」。ヘ語,ヤーハ ヤーハ; シリ訳,「エホバ」; タル,「畏怖抱かせる方,エホバ」; ラ語,ドミヌム ドミヌム。出 15:2,「ヤハ」; 詩 68:4脚注参照。
「停止[の地]の住民」。八つヘブライ写本,「事物体制住むたち」。
「住居」。または,「[円形の]天幕宿営」; または,「世代」。
「羊飼いの」(複),わずか訂正よる; マソ本,「わたし羊飼いの」(単)。
または,「わたし切れ端から」。
「わたしなるまで助け叫び求めた」,マソ本わずか訂正することより。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
14脚注参照。
「あなたご自身とどめ」,七十訳,ウル訳一致わずか変えることより。