内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 38:1‐22

38  そのころ,ヒゼキヤ病気なっかかっ+。そこで,アモツ子,預言イザヤ+ところ入って,こう言った。「エホバこのよう言わました。『あなた命令出せ+。あなた確かに,生きられないからある+』」。  そこでヒゼキヤ向け+,エホバ祈っ+  言いはじめた,「エホバよ,お願い申し上げます。どうか,思い出しください+。私真実うち+,全きもっ+み前歩み+,あなた良いこと行ないましことを」。こうて,ヒゼキヤ激しく*泣きだし+  すると,エホバ言葉+イザヤ臨ん言った,  「行っ*,あなたヒゼキヤこう言わなけれならない。『あなた父祖ダビデ+エホバこのよう言わた。「わたしあなた祈り聞い+。わたしあなた+。いまわたしあなた日数十五加えよう+  そして,アッシリアたなごころから,あなたこの都市救い出すあろう。わたしこの都市防御する+  そしてこれが,エホバご自分語っこの言葉履行れるいう,あなたためエホバからしるしある+  いまわたしは,太陽+よっアハズの[階段の]段下っを,十戻りさせよう+」』」。すると,太陽それ下った[階段の]段徐々戻っ+  ユダヒゼキヤ病気なり+,その病気から回復+とき記しもの。 10  わたし自ら言った,「わたしわたしさなかシェオル+入っ行く。わたし必ずわたし残り奪い取られる+」と。 11  わたし言った,「わたし生けるヤハを ― ヤハ*見ることないあろ+わたしもはや人間見ることないあろう ― 停止[の地]の住民*に。 12  わたし住居*引き抜か+,羊飼い*天幕ようわたしから取り除かた。わたし織るよう自分巻き上げた。わたしまさに縦糸から*切り断ちはじめる+から至るまで,あなた絶えわたし引き渡される+ 13  わたしなるまで自分なだめ*+ライオンように,[]はわたしすべて砕きつづけ+から至るまで,あなた絶えわたし引き渡される+ 14  あまつばめ,ブルブルように,わたしさえずりつづけ+はとようくーくー鳴きつづける+わたしやつれ果て高み仰ぎ見+『エホバ*よ,私虐げられます。私味方なっください+』。 15  わたし話したらよいだろう。[]は実際,[何を]わたし言われるだろ+[]ご自身行動+わたしわたしすべて苦しみうち厳粛歩みつづける+ 16  『エホバ*よ,それゆえに人々生きつづけるです。だれつい同じですが,私それよります+そして,あなた健康戻し,必ず生き長らえさせくださいます+ 17  ご覧ください,私平安代わり苦いものを,そうです,苦い[もの]をまし+そして,あなたご自身愛慕*,崩壊から[それ守って]くださいまし+あなたすべてご自分背後投げ捨てられからです+ 18  あなたたたえることできるシェオルないからです+。死あなた賛美することできませ+下っ行くあなた真実望み見ることできませ+ 19  生きいる者,生きいるこそあなたたたえることできるです+このに[そうすることが]できるよう+あなた真実関する知識その与えることできるです+ 20  エホバよ,私救いを[施しください+]。そうすれば,私たち弦楽ため抜粋を,私たち限り,エホバ+奏でることでしょ+』」。 21  それからイザヤ言った,「押し固め干しいちじく菓子ひとつ取って,[それを]はれ物+塗り,彼回復するようあげなさい+」。 22  一方,ヒゼキヤ言った,「わたしエホバ上っ行けるしるしです+」。

脚注

字義,「大いに泣くこともって」。
字義,「行くことあるように」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。エレ 2:2,「行って」の脚注参照。
「ヤハを ― ヤハを」。ヘ語,ヤーハ ヤーハ; シリ訳,「エホバ」; タル,「畏怖抱かせる方,エホバ」; ラ語,ドミヌム ドミヌム。出 15:2,「ヤハ」; 詩 68:4脚注参照。
「停止[の地]の住民」。八つヘブライ写本,「事物体制住むたち」。
「住居」。または,「[円形の]天幕宿営」; または,「世代」。
「羊飼いの」(複),わずか訂正よる; マソ本,「わたし羊飼いの」(単)。
または,「わたし切れ端から」。
「わたしなるまで助け叫び求めた」,マソ本わずか訂正することより。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
14脚注参照。
「あなたご自身とどめ」,七十訳,ウル訳一致わずか変えることより。