内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

イザヤ 36:1‐22

36  さて,ヒゼキヤ​*​の​第​十四​年​に,アッシリア​+の​王​セナケリブ​+が​ユダ​の​防備​の​施さ​れ​た​すべて​の​都市​に​攻め上っ​て,これ​を​奪い​はじめ​た+  そして,ついに​アッシリア​の​王​は​ラブシャケ​+を​ラキシュ​+から,大軍​と​共​に,エルサレム​へ,ヒゼキヤ​​の​ところ​に​送っ​た+。やがて,彼​は​洗濯​人​の​野​の​街道​の​傍ら​に​ある​+上​の​池​+の​水道​+の​そば​に​立ち止まっ​た。  すると,家​の​者​たち​を​つかさどる,ヒルキヤ​*の​子​エリヤキム+,および​書記​官​シェブナ​+と,アサフ​の​子​で​ある​+記録​官​+ヨアハ​+が​彼​の​もと​に​出​て​行っ​た。  そこで​ラブシャケ​は​彼ら​に​言っ​た,「どうか,ヒゼキヤ​に​言っ​て​もらい​たい,『大王+,アッシリア​の​王​+は​この​よう​に​言わ​れ​た。「お前​が​信頼​し​た​この​確信​は​何​か+  お前*は​言っ​た(それ​は​唇​の​言葉​で​ある​が),『戦い​の​ため​の​計り事​と​力強さ​が​ある』と+。今,お前​は​だれ​に​頼っ​て,わたし​に​背い​た​の​か+  見よ,お前​は​この​砕か​れ​た​葦​の​支え+,エジプト​に​頼っ​た​が+,これ​は,人​が​寄り掛かろ​う​もの​なら,必ず​その​たなごころ​に​食い込み,それ​を​刺し通す​で​あろ​う。エジプト​*の​王​ファラオ​+は,すべて​彼​に​頼る​者​に​とっ​て​その​よう​に​なる​の​で​ある+  それでも,もし​お前​が​わたし​に,『我々​が​依り頼ん​で​いる​の​は,我々​の​*エホバ​で​ある』と​言う​の​で​あれ​ば,その[]は,ヒゼキヤ​が​その​高き所​+と​祭壇​と​を​取り除い​て​しまい,ユダ​と​エルサレム​に​向かっ​て,『あなた方​は​この​祭壇​の​前​で​身​を​かがめる​べき​で​ある+』と​言う,その​者​の​こと​で​は​ない​か+」』。  それ​で​今,どうか,我​が​主,アッシリア​の​王​+と​かけ​を​し​て​もらい​たい+。わたし​は​あなた​に​馬​二千​頭​を​与え​て,あなた​が​乗り手​を​それ​に​乗せ​られる​か​どう​か​を[見​よう+]。  それで,あなた​は,兵車​と​騎手​の​こと​で​エジプト​に​頼っ​て​い​ながら+,どうして​我​が​主​の​最も​小さい​僕​の​一​人​で​ある​総督​の​顔​を​引き返さ​せる​こと​が​でき​よう​か+ 10  それ​で​今,エホバ​から​の​認可​なし​に,わたし​は​この​地​に​攻め上っ​て,これ​を​滅び​に​陥れ​よう​と​し​て​いる​の​で​あろ​う​か。エホバ​ご自身​が​わたし​に,『この​地​に​攻め上れ。あなた​は​それ​を​滅び​に​陥れ​なけれ​ば​なら​ない+』と​言わ​れ​た​の​だ+」。 11  そこで,エリヤキム​+と​シェブナ​+と​ヨアハ​+は​ラブシャケ​+に​言っ​た,「どうか,シリア​語​+で​*僕​ども​に​話し​て​ください。わたしたち​は​聴い​て​おり​ます​*から。城壁​の​上​に​いる​民​の​聞こえる​ところ​で​は,わたしたち​に​ユダヤ​人​の​言語​+で​*話さ​ない​で​ください+」。 12  しかし​ラブシャケ​は​言っ​た,「わたし​の​主​が​これら​の​言葉​を​語る​よう,わたし​を​遣わさ​れ​た​の​は,あなた​の​主​*や,あなた​に​対し​て​で​あろ​う​か。それ​は​城壁​の​上​に​座っ​て​いる​者​たち​に​対し​て​で​は​ない​か。彼ら​が​あなた方​と​共​に​自分​の​糞​を​食らい,自分​の​尿​を​飲む​よう​に​なる​ため​で​は​ない​か+」。 13  こう​し​て,ラブシャケ​は​立っ​た​まま+,ユダヤ​人​の​言語​で​大声​で​呼ばわりつづけ+,さらに​言っ​た,「大王,アッシリア​の​王​の​言葉​を​聞け+ 14  王​は​この​よう​に​言わ​れ​た。『ヒゼキヤ​が​お前​たち​を​欺く​こと​が​あっ​て​は​なら​ない+。彼​は​お前​たち​を​救い出す​こと​は​でき​ない​から​だ+ 15  また,ヒゼキヤ​が,「必ず​エホバ​は​わたしたち​を​救い出し​て​くださり+,この​都市​は​アッシリア​の​王​の​手​に​渡さ​れる​こと​は​ない」と​言っ​て+,お前​たち​を​エホバ​に​依り頼ま​せる​こと​が​あっ​て​は​なら​ない+ 16  ヒゼキヤ[の​言う​こと]を​聴い​て​は​なら​ない。アッシリア​の​王​は​この​よう​に​言わ​れ​た​から​だ。「わたし​に​降伏​し+,わたし​の​もと​に​出​て​来​て,各々​自分​の​ぶどう​の​木​から,各々​自分​の​いちじく​の​木​から​食べ+,各々​自分​の​水溜め​の​水​を​飲め+ 17  やがて​わたし​は​来​て,お前​たち​を​お前​たち​の​土地​の​よう​な​土地,穀物​と​新しい​ぶどう​酒​の​土地,パン​と​ぶどう​園​の​土地​に​実際​に​連れ​て​行く+ 18  ヒゼキヤ​が,『エホバ​ご自身​が​わたしたち​を​救い出し​て​くださる』と​言っ​て,お前​たち​を​唆す​こと​の​ない​ため​で​ある+。諸​国民​の​神々​*は,各々​アッシリア​の​王​の​手​から​自分​の​地​を​救い出し​た​で​あろ​う​か+ 19  ハマト​+や​アルパド​+の​神々​は​どこ​に​いる​の​か。セファルワイム​+の​神々​は​どこ​に​いる​の​か。そして,彼ら​は​サマリア​を​わたし​の​手​から​救い出し​た​だろ​う​か+ 20  これら​の​地​の​すべて​の​神々​の​うち,だれ​が​わたし​の​手​から​自分​の​地​を​救い出し​た​の​で+,エホバ​が​わたし​の​手​から​エルサレム​を​救い出せる​と​いう​の​か+」』」。 21  だが,彼ら​は​沈黙​し​た​まま,彼​に​一言​も​答え​なかっ​た+。王​の​命令​は,「あなた方​は​彼​に​答え​て​は​なら​ない」と​言う​もの​で​あっ​た​から​で​ある+ 22  しかし,家​の​者​たち​を​つかさどる+,ヒルキヤ​の​子​エリヤキム+,書記​官​シェブナ+,および​アサフ​の​子​で​ある​記録​官​ヨアハ​+は,衣​を​引き裂い​て​+ヒゼキヤ​の​もと​に​来​て,ラブシャケ​+の​言葉​を​告げ​た。

脚注

「エホバ​は​強め​て​くださる」の​意。ヘ語,ヒズキーヤーフー。
「わたし​の​受け分​は​エホバ」の​意。ヘ語,ヒルキーヤーフー。
「お前」,クム1​イザa,約​20​の​ヘブライ​語​写本,および王​二 18:20; マソ本,タル,「わたし」。
「エジプト」。ヘ語,ミツライム(両数​形)。エジプト​全体​を​指し​て​用い​られ,上​エジプト​と​下​エジプト​を​含む。37:25の​脚注​と​比較。
「我々​の​」。ヘ語,エローヘーヌー。
または,「アラム​語​で」。ヘ語,アラーミート; ギ語,シュリスティ; ラ語,シュラ リングウァ。
または,「理解​し​て​おり​ます」。
「ユダヤ​人​の​言語​で」。ヘ語,エフーディート; ギ語,イウーダイスティ; ラ語,イウダイケー。
「あなた​の​」。ヘ語,アドーネイカー。アードーン​の​複数​形​で,卓越​を​表わす。
「の​神々」。ヘ語,エローヘー。