内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

イザヤ 35:1‐10

35  荒野​と​水​の​ない​地域​と​は​歓喜​し+,砂漠​平原​*は​喜び​に​満ち,サフラン​*の​よう​に​花​を​咲か​せる+  それ​*は​必ず​花​を​咲か​せ+,喜び​と​喜び​の​叫び声​と​を​もっ​て​真実​に​喜びあふれる+。レバノン​の​栄光,カルメル​+と​シャロン​+の​光輝​が​必ず​それ​*に​与え​られる+。エホバ​の​栄光+,わたしたち​の​*の​光輝​+を​見る​者​たち​*が​いる​で​あろ​う。  あなた方​は​弱い​*手​を​強く​し,よろける​ひざ​を​しっかり​さ​せよ+  心​に​思い煩い​の​ある​者​たち​+に​言え,「強く​あれ+。恐れ​て​は​なら​ない+。見よ,あなた方​の​​は​まさに​復しゅう​+を​もっ​て,​は​実​に​返報​を​もっ​て​来​られる+。[]ご自身​が​来​て,あなた方​を​救っ​て​くださる+」と。  その​時,盲人​の​目​は​開か​れ+,耳​の​聞こえ​ない​者​の​耳​も​開け​られる+  その​時,足​の​なえ​た​者​は​雄鹿​の​よう​に​登っ​て​行き+,口​の​きけ​ない​者​の​舌​は​うれしさ​の​余り​叫び​を​上げる+。荒野​に​水​が,砂漠​平原​に​奔流​が​噴き出る​から​で​ある。  そして,熱​で​渇き切っ​た​地​は​葦​の​茂る​池​と​なり,渇い​た​地​は​水​の​泉​と[なる]から​で​ある+。ジャッカル​の​住まい+,[その]*休み場​に​は,葦​や​パピルス​+の​植物​と​共​に​青草​が​ある​で​あろ​う。  そして,そこ​に​は​必ず​街道​+が,道​が​生じ,それ​は“神聖​の​道*”と​呼ば​れる​で​あろ​う+。清く​ない​者​が​そこ​を​*通っ​て​行く​こと​は​ない+。そして,それ​は​道​を​行く​者​の​ため​の​もの​で​あり,愚か​な​者​が[そこ​を]うろつく​こと​は​ない*  ライオン​も​そこ​に​は​い​ない。飽く​こと​を​知ら​ない​野獣​も​そこ​*に​上っ​て​来る​こと​は​ない+。どれ​も​そこ​に​は​見いださ​れ​ない+。買い戻さ​れ​た​者​たち​は​必ず[そこ​を]歩く+ 10  そして,エホバ​に​よっ​て​請け戻さ​れ​た​者​たち​が​帰っ​て​来​て+,歓呼​の​声​を​上げ​つつ​必ず​シオン​に​来る​で​あろ​う+。定め​の​ない​時​まで​続く​歓び​が​彼ら​の​頭​の​上​に​ある​で​あろ​う+。彼ら​は​歓喜​と​歓び​を​得,悲嘆​と​溜め息​は​必ず​逃げ去る​の​で​ある+

脚注

「砂漠​平原」。または,「アラバ」。
または,「クロッカス; ツルボラン」。
「それ」,女性​形。1​節の「砂漠​平原」を​指し​て​いる。
「それ」,女性​形。1​節の「砂漠​平原」を​指し​て​いる; 12​の​ヘブライ​語​写本,「あなた」。
「わたしたち​の​」。ヘ語,エローヘーヌー。
「者​たち」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「わたし​の​民」。
または,「緩慢​な; たれ​て​いる」。
字義,「彼女​の」,野獣​を​指し​て​いる​の​で​あろ​う。
または,「“神聖​な​道”」。ヘ語,ウェデレク(女性​形)ハッコーデシュ; ラ語,ウィア サンクタ
「そこ​を」,男性​形。「街道」(ヘ語,マスルール,男性​形)を​指し​て​いる。
「清く​ない​者​が……こと​は​ない」。七十訳,「そして,清く​ない​者​が​そこ​を​通っ​て​行く​こと​は​決して​ない。清く​ない​道​は​そこ​に​は​ない​の​で​ある。しかし,追い散らさ​れ​た​者​たち​は​そこ​を​歩き,決して​迷う​こと​は​ない」; シリ訳,「そして,清く​ない​もの​が​そこ​を​通っ​て​行く​こと​は​ない。そして,その​そば​に​道​は​なく,愚者​が​そこ​を​うろつく​こと​は​ない」; ウル訳​,「汚れ​た​者​は​だれ​も​そこ​を​通っ​て​行か​ず,これ​は​あなた方​の​ため​に​まっすぐ​な​道​と​なる。それ​は​愚か​な​者​たち​が​そこ​に​迷い込む​こと​の​ない​ため​で​ある」。
「そこ」,女性​形。8​節の「道」(ヘ語,デレク,女性​形)を​指し​て​いる。