内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 34:1‐17

34  諸よ,近寄っ聞け+。国たみ+,注意払え。地それ満ちるもの,産出*+そのすべて産物+聴け+  エホバすべて向かっ憤り+,彼らすべて軍隊向かっ激しい怒り抱いおられるからある+。[]は彼ら必ず滅びためささげ,必ず殺りく渡される+  そして,そのち殺さたち投げ出され,その死がいついは,悪臭立ち上り+,山々彼らゆえに必ず溶ける+  また,天軍勢たちみな必ず朽ち果てる+。そして,天巻き物よう必ず巻き上げられる+。その軍勢しなび枯れる。葉ぶどうからしなび落ちるように,いちじくから落ちるしなびた[いちじく]のよう+  「天わたし+必ずびっしょりぬれる。見よ,それエドム下る+。公正うちわたしよっ滅びためささげられる+に。  エホバ持っおられる。それ必ず満ちる+。それ脂肪,若い雄羊雄やぎ血,雄羊腎臓脂肪+必ず脂ぎる。エホバボツラ犠牲を,エドム大いなる殺りくを[行なわれる]からある+  そして,野+彼らに,若い雄牛強力たち必ず下っ来る+。彼ら必ずびっしょりぬれ,彼ら脂肪脂ぎる+」。  エホバしゅう+を,シオン関する訴訟ため応報持っおられるからある+  そして,その*歴青に,その硫黄必ず変えられ,その必ず燃える歴青ようなる+ 10  それ消されることなく,その定めない至るまで立ち上る+。彼女代々乾き切っままなり+,限りなく永久だれそこ通り過ぎるない+ 11  そして,ペリカンやまあらしそこ所有し,とらふずく渡りがらすそこ住む+。[]はその空漠測り綱+荒漠必ず張り伸ばされる。 12  彼高貴たち ― そこ人々王位呼ぶだれない。そのたちみななる+ 13  そのまいは,いばらが,その防備施さ場所は,いらくさと,とげ草必ず生じる+。そこ必ずジャッカル住まいなり+,だちょう*ため中庭なる+ 14  また,水ない地域せい息するもの遠ぼえする動物必ず出会い,やぎ悪霊+その呼びかける。そうだ,よたか*そこ確か憩い,自分ため休み場見いだすあろ+ 15  矢へびそこ作って,[卵を]産んだ。そして必ず[それを]かえして,自分寄せ集める。そうだ,とび+各々その連れ合いそこ必ず集まる。 16  あなた方自分エホバ尋ね求め+,朗読せよ。それらうち一つ欠けいるものなかっ+。それら各々その連れ合い得損なうこと決してない。その命令出しエホバ*あり+,それら集めそのからある+ 17  そして,それらためくじは[]であり,そのみ手測り綱よっこれら場所*分け与えある+。それらもの定めない至るまでそれ所有し,代々そこ住む。

脚注

13:11,「地」の脚注参照。
字義,「彼女の」。エドム首都ボツラ指しいる。
13:21,「だちょう」の脚注参照。
ヘ語,リーリート; 多分,夜行あろう。
「エホバ口」,五つヘブライ写本; クム1イザa,シリ訳,「その口」; 七十訳およびアラビア訳,「エホバ」; マソ本,ウル訳,「わたし口」。BHKおよびBHS脚注参照; 付録1イ参照。
字義,「彼女」。または,「それ」。すなわち,ボツラなど場所。