アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 32:1-20

32  見よ,ひとりの王+が義のために治める+。君である者たち+*,まさに公正のために君として支配する。  そして,各々は必ず風*からの隠れ場,雨あらしからの隠れ場所+,水のない地方における水の流れ+,やせた地における重い大岩の陰+のようになる。  そして,見る者たちの目はのり付けされることなく*,聞く者たちの耳は注意を払う+  性急すぎる者たちの心も知識を考慮し+,どもる者たちの舌でさえ明快なことを話すのに速くなる+  無分別な者が寛大な者と呼ばれることはもうない。無節操な者については,その者が高貴な者と言われることはない+  無分別な者はただ無分別を語り+,その心は有害なことを行なうからである+。それは背教を行ない+,エホバに向かって道理に反したことを語り,飢えている者の魂を空のままにさせるためであり+,彼は渇いている者をさえ飲み物もないままにさせておく。  無節操な者についていえば,その者の道具は悪い+。彼はみだらな行ないのために自ら計り事を与えた+。それは,貧しい者が正しいことを話すときでさえ,苦しむ者たちを偽りのことばで滅ぼすためである+  寛大な者についていえば,彼は寛大なことのために計り事を与えた。そして,寛大なことのために自ら立ち上がる+  「安楽に暮らしている女たちよ,立ち上がれ,わたしの声を聴け+! 何の思い煩いもない*娘たちよ,わたしのことばに耳を向けよ! 10  一年と幾日かのうちに,何の思い煩いもないあなた方は動揺するであろう+。ぶどう摘みは終わってしまう[のに],[実の]取り入れはやって来ないからである+ 11  安楽に暮らしている女たちよ,おののけ! 何の思い煩いもない者たちよ,動揺せよ! 衣を脱いで裸になり,腰に[粗布を]まとえ+ 12  望ましい畑+,実を結ぶぶどうの木のことで嘆き悲しんで胸をたたけ+ 13  わたしの民の土地には,いばら,とげ草の茂みが生じるだけである+。それらはすべての歓喜の家,そうだ,大いに喜ぶ町+の上にあるからである。 14  住まいの塔も捨て去られ+,都市のにぎわいも見捨てられたからである。オフェル+と物見の塔も荒涼とした野となった。定めのない時に至るまで,しまうまの歓喜するところ,家畜の群れの牧場と[なった]。 15  しかしついには,霊が高い所からわたしたちの上に注ぎ出され+,荒野が果樹園となり,その果樹園が真実の森林とみなされるようになる+ 16  「そして,荒野には公正が必ず住まい,果樹園には義が宿る+ 17  そして,[真の]義の働きは必ず平和となり+,[真の]義の奉仕は定めのない時に至る平穏と安全[となる+]。 18  そして,わたしの民は平和な住まいに,全き確信の満ちる住居に,かき乱されることのない休み場に必ず宿る+ 19  そして森林が倒れ,都市が低くなって卑しめられた状態に陥るとき+,必ず雹が降るであろう+ 20  「すべての水のそばに種をまき+,牛とろばの足を送り出しているあなた方は幸いである+」。

脚注

君である者たちは」。ヘ語,ウーレサーリーム
「風」。ヘ語,ルーアハ; ラ語,ウェントー。
「のり付けされることなく」,マソ本をわずかに訂正することにより,タル,シリ訳,ウル訳と一致して; マソ本,「見ることなく」。
または,「安心している; 何の懸念も持たない」。