内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 29:1‐24

29  「ダビデ陣営張っ+アリエル*,アリエル+災いだ! あなた方加えよ。祭り+巡っ来させよ。  そして,わたしアリエルとっ必ず事態難しくなけれならない+。必ず悲しみ嘆き生じ+,彼女わたしとっ必ず祭壇炉床*なる+  そして,わたし必ずあなた*向かっ周囲陣営張り,塞柵巡らし*あなた攻囲し,あなた向かっ攻囲築く+  そして,あなた必ず低くなるで,地から話すようなり,あなたことばからよう低く響くあろ+。そして,あなた霊媒よう必ずからものなり,あなたことばから出るさえずりなる+  そして,あなたとっよそ者群衆必ず細かいよう+,圧制+群衆過ぎ去るもみがらようなる+。そして,それ必ず瞬く間に,突然起きる+  あなた万軍エホバから雷鳴と,身震いと,大きな音,暴風あらし,また,むさぼり食うもっ注意向けられるあろ+」。  そして,アリエル戦っいるすべて群衆+,すなわち彼女戦っいるすべて者,また彼女対する攻囲と,彼女とっ事態難しくいるたち+ついは,必ずように,夜ようなる。  すなわち,飢えいる見,自分食べいるに,実際覚めみると,魂ある+,というときようなる。また,渇いいる見,自分飲んいるに,実際覚めみると,自分疲れおり,魂すっかり干上がっいる,というときようなる。シオン戦っいるすべて群衆ついそのようなる+  あなた方もう少しとどまって,驚き惑え+。自分盲目し,盲目なれ*+。彼ら酔っ+が,それぶどうよるない。彼らよろめきつつ歩いが,それ酔わせるせいない+ 10  エホバあなた方深い眠り注が+。また,あなた方目,[すなわち]預言たち+閉じ,あなた方+,[すなわち]幻見るたち+覆わからある。 11  そしてあなた方とって,すべてこと封じられ書物+言葉ようなる。人々それ書き物分かる渡し言う,「どうぞ,これ出し読んください」。するとそのは,「わたしできない。それ封じられいるからだ」と言わざるない+ 12  そして,その書物書き物分からない渡さなけれならず,[あるは]言う,「どうぞ,これ出し読んください」と。しかしそのは,「わたし書き物少し分かりません」と言わざるない。 13  そして,エホバ*言われる,「このもっ近づき,ただもっわたし栄光たたえ+,心わたしから遠ざけおり+,わたし対する恐れ人間教えるおきてなっいる+で, 14  それゆえに,ここわたしいる。この対し再びくすしいことを,くすしい仕方で,くすしいこともっ行なう+が[いる]。彼ら賢人たち知恵必ず滅びうせ,彼ら思慮深いたち理解覆い隠されるあろ+」。 15  計り事エホバから覆い隠すこと非常深く入っ行くたち+,自分行ない暗いおい+,「だれ我々よう。だれ我々こと知っよう」と言うたち+災いだ。 16  あなた方性情ゆがんいることか! 陶器*粘土ようみなされるべきだろ+。いったい,造ら自分造り主ついて,「彼わたし造らなかった」と言うべきだろ+。また,形造ら自分形造っくれついて,「彼理解示さなかった」と実際言うだろ+ 17  もうしばらくすると,レバノン必ず果樹変えられ+,その果樹森林ようみなされる+ないか。 18  そして,そのは,耳聞こえない確かその書物言葉聞き+,盲人暗闇から見るあろ+ 19  そして,柔和+たちエホバご自身対する歓び確か増し加え,人間*貧しいたちイスラエルなるご自身あっ喜び満ちあふれる+ 20  圧制必ずその終わり至り+,自慢する必ずその終わり迎え+,害もたらそねらっいる+みな必ず断ち滅ぼされるからある。 21  人を[その]言葉よっ陥れるたち+,門戒めるわな仕掛けるたち+,むなしい論議なる押しのけるたち+ある。 22  それゆえ,アブラハム請け戻し+あるエホバは,ヤコブこのよう言わた。「ヤコブ今や恥じることも,その今や青ざめることないあろ+ 23  彼その子供たちを,わたし自分見るとき+,彼らわたし神聖もの*+,ヤコブなる+必ず神聖ものし,イスラエル*畏敬抱い見つめるあろ+ 24  そして,[自分の]霊おい過ち犯しいるたち実際理解得るようなり,愚痴言っいるたちさえ教訓学ぶあろ+」。

脚注

「神祭壇炉床」という意味あろう; または,「神ライオン」という意味で,エルサレム指す。
または,「必ずアリエルと」。
「あなた」,女性単数形。町指しいる。
「塞柵巡らして」。または,「歩哨配置て; 前哨部隊配置て」。
字義,「自分塗り付け,塗り付けられよ」。6:10,「そののり付けせよ」と比較。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
字義,「形造る者」。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
「彼らは……神聖もの」。ヘ語,ヤクディーシュー; ギ語,ハギアスーシン; ラ語,サンクティフィカンテース
「イスラエル神」。ヘ語,エローヘー イスラーエール。