アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 28:1-29

28  エフライムの酔いどれたち+の卓逸した冠*,ぶどう酒に打ち負かされた者たちの肥沃な谷*の頭にあるその*美しい飾りのしぼんでゆく花は災いだ!  見よ,エホバ*は強くて強壮な者+を持っておられる。彼は,雹+の雷雨,破壊的なあらしのように,強力な,みなぎりあふれる水の雷雨のように+,力をこめて*必ず地に投げ落とすことをする。  エフライムの酔いどれたちの卓逸した冠は足で踏みにじられる+  そして,肥沃な谷の頭にあるその美しい飾りのしぼんでゆく花+は,必ず夏の前の早なりのいちじく+のようになり,見る者がそれを見るとき,それがまだ自分のたなごころにある間に,彼はそれを呑み込むのである。  その日,万軍のエホバはその民の残っている者たち*+にとっての飾りの冠+,また美の花輪+となり,  裁きのために座す者にとっての公正*の霊+となり,門から戦闘を退ける者たち[にとっての]力強さとなられる+  そして,これらの者たちもまた―彼らはぶどう酒のゆえに迷い出,酔わせる酒のゆえにさまよった。祭司と預言者+―彼らは酔わせる酒のゆえに迷い出,ぶどう酒のために混乱し,酔わせる酒のためにさまよった+。彼らはその見ることにおいて迷い出,決定に関してふらついた。  食卓もみな汚れたへど+で満ちた―[それのない]所はない。  人はだれに知識+を教え諭し,聞いたこと*をだれに理解させるのか+。乳から離された者たちにか,乳房から離された者たち+にか。 10  それは,「命令に命令,命令に命令,測り綱に測り綱,測り綱に測り綱,ここに少し,そこに少し+」だからである* 11  唇のどもる者たち+と,異なった舌+とによって[]はこの民に語る+ 12  [その民は,]「これが休み場である。うみ疲れている者に休息を与えよ。そしてこれが安らぎの場所である」と[]が言われたのに,聞こうとはしなかった+者たちである。 13  それで,彼らにとってエホバの言葉は必ず,「命令に命令,命令に命令,測り綱に測り綱,測り綱に測り綱+,ここに少し,そこに少し」となる。それは,彼らが行って,必ず後ろ向きにつまずき,実際に砕かれ,わなに掛かり,捕らえられる+ためである。 14  それゆえ,自慢する者たちよ*,エルサレムにいるこの民を支配する者たち+よ,エホバの言葉を聞け。 15  あなた方は言ったからだ,「我々はと契約を結び+,シェオルと幻*を実施した+。あふれ出る鉄砲水も,たとえそれが通り過ぎて行こうとも,我々のところに来ることはない。我々はうそを避難所とし+,偽りの中に身を覆い隠した+からだ」と。 16  それゆえ,主権者なる主エホバはこのように言われた。「いまわたしはシオン+にひとつの石を*基として据える*+。それは試みを経た石+,確かな基+の貴重な隅[石*+]である。信仰を働かせる者はだれも恐れ慌てる*ことはない+ 17  そして,わたしは公正*を測り綱とし+,義+を水準器とする。雹+は必ず偽りの避難所+を一掃し,水も激しい勢いで隠れ場所+を押し流す。 18  そしてあなた方のとの契約は必ず解消され*+,あなた方のシェオルとのかの幻は立つことがない+。あふれ出る鉄砲水,それが通り過ぎるとき+―あなた方はまた,必ずそれが踏みにじる場所となる+ 19  それは通り過ぎる度にあなた方を奪い去る+。それは朝ごとに,昼間も夜の間も通り過ぎて行くからである。それは聞いたことを*[他の者に]理解させるための身震い+の理由となるだけである」。 20  寝いすはその上に身を伸べるには短すぎたし,織った敷布も身を包むには狭[すぎる]からである。 21  エホバはペラツィム山のときのように+立ち上がり,ギベオンの近くの低地平原のときのように+かき立てられるからである。それはご自分の行ない―その行ないは不思議なもの―をするため,ご自分の業*―その業は異常なもの+―を行なうためである。 22  それで今,あなた方は嘲笑する者+となってはならない。あなた方の縛り縄が強くならないためである。主権者+なる主,万軍のエホバからわたしが聞いた全土に関する絶滅が,すなわち定め置かれたものがあるからである+ 23  あなた方は耳を向けて,わたしの声を聴け。注意を払って,わたしの言うことを聴け。 24  すき返す者は種をまくために一日じゅうすき返すだろうか+。その土地を打ちほぐしたり,ならしたりして+ 25  彼はその表面を平らにしたら,次に黒クミンをまき散らし,クミン+を振り散らすのではないか。そして小麦,きび*+,大麦を定めの場所+*,スペルト小麦+をその境+として置くはずではないか。 26  そして,彼は正しいことにしたがって*矯正+を受ける。彼の*がこれを教え諭すのである+ 27  黒クミンは脱穀機+で脱穀されるわけではなく,クミンの上に車の輪が回されるわけでもないからである。一般に黒クミンは棒+で,クミンは杖で打ち出されるものだからである。 28  一般にパンの原料は打ち砕かれるものだろうか。人が絶え間なく+それを脱穀すること+は決してないからである。そして,彼は必ずその車のローラーを動かし,その乗用馬をもそうする[が],それを打ち砕くことはしない+ 29  これもまた,万軍のエホバご自身から出たことである+。それは計り事においてくすしく,有効な働きにおいて大いなることを行なわれた方である+

脚注

字義,「卓逸の冠」。
字義,「肥えたもの[つまり,肥沃な土壌]の谷」。
または,「彼の」。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「力をこめて」。字義,「手で」。
または,「残りの者」。
または,「裁き」。ヘ語,ミシュパート。
「聞いたこと」。または,「知らせ」。
字義,「それは,『ツァウにツァウ,ツァウにツァウ,カウにカウ,カウにカウ,ここに少し,そこに少し』だからである」。預言者の話し方の音声を模倣したもの。ヘ語,キー ツァウ ラーツァーウ ツァウ ラーツァーウ,カウ ラーカーウ カウ ラーカーウ,ゼエール シャーム ゼエール シャーム。
字義,「自慢話をする者たちよ」。
「幻」。字義,「幻を見る人」,マソ本; タル,「平和」; 七十訳,ウル訳,「協定」。
シオンにひとつのを」。ヘ語,ベツィーヨーン アーヴェン; ギ語,シオーン リトン; ラ語,シーオン ラピデム; シ語,ベツェヒウーン キファー; タル(ア語),ベツィーヨーン メレク,「シオンにひとりのを」。
「いまわたしは……据える」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳と一致させて; マソ本,「ここにわたしがいる。……据えた[者が]」。
「確かな基の貴重な隅[石]」。または,「基と基の合う隅」。「確かな基」という表現は字義通りには,「基を置かれた基」。
または,「だれも性急に行動する」。
または,「裁き」。ヘ語,ミシュパート。
字義,「そして……覆われ」。ヘ語,ウェクッパル
または,「それは知らせを」。
または,「ご自分の務め」。ヘ語,アヴォーダートー。
「小麦,きび」。または,「小麦を幾つもの列に」。2番目のヘブライ語の単語の意味は明確でない。
または,「定めの時に」; または,「決められた部分に」。意味は明確でない。
または,「彼は裁きに関して」。
「彼の」。ヘ語,エローハーウ。