アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 27:1-13

27  その日,エホバ+はその硬く,大きく,強い剣+をもって,滑るように動く蛇+レビヤタン*+に,曲がった蛇レビヤタンに注意を向け,海の中にいるその海の巨獣+を必ず殺されるであろう。  その日,あなた方は彼女に向かって歌え+。「泡だつぶどう酒*のぶどう園+よ!  わたし,エホバが,彼女を保護している+。わたしは絶えず彼女に水を注ぐ+。だれも彼女に注意を向けて攻めることのないよう,わたしは夜も昼も彼女を保護する+  わたしの抱く激怒はない+。だれが戦闘でわたしにいばらの茂み+[と]雑草を与えるであろうか。わたしはそのようなものを踏みつける。わたしはそれらに同時に火をつける+  さもなければ,彼にわたしのとりでをつかませ,わたしと和睦させよ。わたしと和睦させよ+」。  来たるべき[日]に,ヤコブは根づき,イスラエル+は花を咲かせ,実際に芽を出すであろう。そして,彼らは産出的な地*の表を産物でいっぱいに満たす+  彼を打つ者のむち打ちをもってするかのように,人は彼を打たなければならないのか。また,彼の殺された者たちのその殺りく*をもってするかのように,彼は殺されなければならないのか+  彼女を送り出すとき,あなたは脅しの叫びをもってこれと争われる。[]は必ずその突風をもって,東風の日の厳しい[突風をもって彼女]を追い出される+  それゆえ,ヤコブのとがはこの方法によって贖われるであろう+。そして,これがそのすべての実である。すなわち,彼がその罪を取り去る[ときの+],祭壇のすべての石をみじんに砕かれた石灰石のようにして,聖木*+や香台を起き上がらせないようにする+ときの[実である]。 10  防備の施された都市は孤独の身となり,牧草地はほうって置かれ,荒野のように見捨てられる+からである。子牛はそこで草を食い,そこに伏す。彼は彼女の大枝を焼き尽くすのである+ 11  彼女の細枝が乾き切ると,入って来る女たちが[それらを]折り,それに火をつける+。それは理解の鋭い民ではないからである+。それゆえに,その造り主はそれに憐れみを示さず,それを形造った方はそれに恵みを示さない+ 12  そして,その日,エホバは*+の水流からエジプトの奔流の谷+に至るまで[実を]はたき落とすことになる+。それで,イスラエルの子らよ,あなた方は次々に拾い上げられるであろう+ 13  そして,その日には,大きな角笛*が吹き鳴らされること+になり,アッシリアの地で滅びてゆく者+とエジプトの地に追い散らされる者たち+は必ず来て,エルサレムの聖なる山+でエホバに身をかがめるであろう+

脚注

「レビヤタン」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「龍」。
「泡だつぶどう酒」。アレポ写,カイ写(ヘ語),ヘメル; すなわち,発酵しているぶどう酒。
13:11,「地」の脚注参照。
字義,「殺害」。
または,「アシェリム」。
すなわち,ユーフラテス川。
「角笛」。または,「ショファル」。