アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 26:1-21

26  その日+,ユダの地で+この歌が歌われる+。「わたしたちは強固な都市+を持っている。[]は城壁と塁壁のために救いを据えられる+  あなた方は門+を開けて,忠実な行ないを保っている義なる国民を入って来させよ+  あなたは,しっかりと支えられた*意向を,長く続く平和+のうちに*守られます。人*はあなたに依り頼む+ようになるからです。  あなた方はいつまでもエホバに依り頼め+。ヤハ*,エホバに*,定めのない時に至る+があるからだ。  「[]は高みに住んでいる者たち,高められた町+を低くされた+。それを卑しめ,地に卑しめ,塵に触れさせる+  足がそれを踏みつけるであろう。苦しむ者たちの足,立場の低い者たちの歩みが+」。  義なる者の道筋は廉直です+。あなたは廉直であり,義なる者の行路を平らにされます+  そうです,エホバよ,わたしはあなたの裁きの道筋を求めて,あなたを待ち望みました+。魂の願いはあなたのみ名とあなたの記念+に向けられました+  夜,わたしは自分の魂をこめてあなたを望みました+。そうです,わたしの内にあるわたしの霊をこめてあなたを捜し求めるのです+。地に対してあなたの裁きがあるとき+,産出的な地*に住む者たちは必ず義+を学ぶ+からです。 10  邪悪な者は恵みを示されることがあっても,全く義を学びません+。彼は正直の地で不正の行ないをし+,エホバの卓逸性を認めません+ 11  エホバよ,あなたのみ手は高く上がりました+。[しかし]彼らは[それを]見ません+。彼らは[あなたの]民に対する熱心さを見て恥じるでしょう+。そうです,あなたに敵対する者たちのための火+が彼らを食い尽くすのです* 12  エホバよ,あなたは判決によってわたしたちに平和を与えてくださいます+。あなたはわたしたちのために,実にわたしたちのすべての業を行なってくださった+からです。 13  わたしたちの*エホバよ,あなた以外の他の主人たち*が,わたしたちを所有する者として行動しました+。わたしたちはただあなたによってのみ,あなたのみ名を語り告げるのです+ 14  彼らは死んでおり,生きることはありません+。死んで無力であり*+,起き上がることはありません+。それゆえ,あなたはご自分の注意を向けられました。彼らを滅ぼし尽くして,彼らのことが語り告げられるのを全く滅ぼすためです+ 15  あなたはこの国民を増し加えられました。エホバよ,あなたはこの国民を増し加え+,ご自分に栄光を添えられました+。あなたはこの地*のすべての境を遠く広げられました+ 16  エホバよ,彼らは苦難のときにあなたに注意を向けました+。彼らはあなたの懲らしめを受けたとき+,[祈りの]ささやきを注ぎ出しました。 17  妊娠している女が出産を間近に控えて,陣痛を覚え,産みの苦しみのために叫ぶように,エホバよ,わたしたちもあなたのゆえにそれと同じようなものになりました+ 18  わたしたちは妊娠し,陣痛を覚えました+。いわば,わたしたちは風*を産んだのです。わたしたちはこの地に関して真の救いを成し遂げません+。また,産出的な地のための住民が[生まれ]落ちることもありません+ 19  「あなたの死者たちは生きます+。わたしの死体*―それらは起き上がります+。塵の中の居住者よ+,目を覚まし,喜び叫べ! あなたの露+はあおい+の露のようであり,地が死んだ無力な者たち*をも[生み]落とす+からです。 20  「行け,わたしの民よ,あなたの奥の部屋に入り,あなたの後ろで扉を閉じよ+。糾弾が過ぎ行くまで,ほんのしばらくの間,身を隠せ+ 21  見よ,ご自分に対する地の住民のとがに関して言い開きを求めるため,エホバはその場所から出て来られるからである+。その地は必ずその流血*をあらわにし+,もはやその殺された者たちを覆い隠すことはない+」。

脚注

「しっかりと支えられた」。または,「揺れ動くことのない」。
「長く続く平和のうちに」。字義,「平和,平和[のうちに]」。
または,「それ」。
12:2,「ヤハ」の脚注参照。
ヤハエホバに」。ヘ語,ベヤーハ エフワー12:2,「エホバ」の脚注参照。
13:11,「地」の脚注参照。
「恥じるでしょう。そして今度は,火が逆らう者たちを焼き尽くすのです」,七十訳。ヘブ 10:27と比較。
「わたしたちの」。ヘ語,エローヘーヌー,複数形。
「主人たち」。ヘ語,アドーニーム。アードーンの複数形。
「死んで無力であり」。ヘ語,レファーイーム; ウル訳,「巨人たち」。
「地」。ヘ語,アーレツ。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の脚注参照。
「わたしの死体」。ヘ語,ネヴェーラーティー,単数形。しかし,集合的な意味で用いられていると思われる; 七十訳,「記念の墓の中にいる者たち」; ウル訳,「わたしの殺された者たち」。
26章14節の脚注参照。
字義,「血」(複)。