内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

イザヤ 26:1‐21

26  その​日+,ユダ​の​地​で​+この​歌​が​歌わ​れる+。「わたしたち​は​強固​な​都市​+を​持っ​て​いる。[]は​城壁​と​塁壁​の​ため​に​救い​を​据え​られる+  あなた方​は​門​+を​開け​て,忠実​な​行ない​を​保っ​て​いる​義​なる​国民​を​入っ​て​来さ​せよ+  あなた​は,しっかり​と​支え​られ​た​*意向​を,長く​続く​平和​+の​うち​に​*守ら​れ​ます。人​*は​あなた​に​依り頼む​+よう​に​なる​から​です。  あなた方​は​いつ​まで​も​エホバ​に​依り頼め+。ヤハ*,エホバ​に*,定め​の​ない​時​に​至る​岩​+が​ある​から​だ。  「[]は​高み​に​住ん​で​いる​者​たち,高め​られ​た​町​+を​低く​され​た+。それ​を​卑しめ,地​に​卑しめ,塵​に​触れ​させる+  足​が​それ​を​踏みつける​で​あろ​う。苦しむ​者​たち​の​足,立場​の​低い​者​たち​の​歩み​が+」。  義​なる​者​の​道筋​は​廉直​です+。あなた​は​廉直​で​あり,義​なる​者​の​行路​を​平ら​に​され​ます+  そう​です,エホバ​よ,わたし​は​あなた​の​裁き​の​道筋​を​求め​て,あなた​を​待ち望み​まし​た+。魂​の​願い​は​あなた​の​み名​と​あなた​の​記念​+に​向け​られ​まし​た+  夜,わたし​は​自分​の​魂​を​こめ​て​あなた​を​望み​まし​た+。そう​です,わたし​の​内​に​ある​わたし​の​霊​を​こめ​て​あなた​を​捜し求める​の​です+。地​に​対し​て​あなた​の​裁き​が​ある​とき+,産出​的​な​地​*に​住む​者​たち​は​必ず​義​+を​学ぶ​+から​です。 10  邪悪​な​者​は​恵み​を​示さ​れる​こと​が​あっ​て​も,全く​義​を​学び​ませ​ん+。彼​は​正直​の​地​で​不正​の​行ない​を​し+,エホバ​の​卓逸​性​を​認め​ませ​ん+ 11  エホバ​よ,あなた​の​み手​は​高く​上がり​まし​た+。[しかし]彼ら​は[それ​を]見​ませ​ん+。彼ら​は[あなた​の]民​に​対する​熱心​さ​を​見​て​恥じる​でしょ​う+。そう​です,あなた​に​敵対​する​者​たち​の​ため​の​火​+が​彼ら​を​食い尽くす​の​です* 12  エホバ​よ,あなた​は​判決​に​よっ​て​わたしたち​に​平和​を​与え​て​ください​ます+。あなた​は​わたしたち​の​ため​に,実​に​わたしたち​の​すべて​の​業​を​行なっ​て​くださっ​た​+から​です。 13  わたしたち​の​神​*エホバ​よ,あなた​以外​の​他​の​主人​たち​*が,わたしたち​を​所有​する​者​と​し​て​行動​し​まし​た+。わたしたち​は​ただ​あなた​に​よっ​て​のみ,あなた​の​み名​を​語り告げる​の​です+ 14  彼ら​は​死ん​で​おり,生きる​こと​は​あり​ませ​ん+。死ん​で​無力​で​あり*+,起き上がる​こと​は​あり​ませ​ん+。それゆえ,あなた​は​ご自分​の​注意​を​向け​られ​まし​た。彼ら​を​滅ぼし尽くし​て,彼ら​の​こと​が​語り告げ​られる​の​を​全く​滅ぼす​ため​です+ 15  あなた​は​この​国民​を​増し加え​られ​まし​た。エホバ​よ,あなた​は​この​国民​を​増し加え+,ご自分​に​栄光​を​添え​られ​まし​た+。あなた​は​この​地​*の​すべて​の​境​を​遠く​広げ​られ​まし​た+ 16  エホバ​よ,彼ら​は​苦難​の​とき​に​あなた​に​注意​を​向け​まし​た+。彼ら​は​あなた​の​懲らしめ​を​受け​た​とき+,[祈り​の]ささやき​を​注ぎ出し​まし​た。 17  妊娠​し​て​いる​女​が​出産​を​間近​に​控え​て,陣痛​を​覚え,産み​の​苦しみ​の​ため​に​叫ぶ​よう​に,エホバ​よ,わたしたち​も​あなた​の​ゆえに​それ​と​同じ​よう​な​もの​に​なり​まし​た+ 18  わたしたち​は​妊娠​し,陣痛​を​覚え​まし​た+。いわば,わたしたち​は​風​*を​産ん​だ​の​です。わたしたち​は​この​地​に​関し​て​真​の​救い​を​成し遂げ​ませ​ん+。また,産出​的​な​地​の​ため​の​住民​が​[生まれ]落ちる​こと​も​あり​ませ​ん+ 19  「あなた​の​死者​たち​は​生き​ます+。わたし​の​死体* ― それら​は​起き上がり​ます+。塵​の​中​の​居住​者​よ+,目​を​覚まし,喜び叫べ! あなた​の​露​+は​あおい​+の​露​の​よう​で​あり,地​が​死ん​だ​無力​な​者​たち​*を​も​[生み]落とす​+から​です。 20  「行け,わたし​の​民​よ,あなた​の​奥​の​部屋​に​入り,あなた​の​後ろ​で​扉​を​閉じよ+。糾弾​が​過ぎ行く​まで,ほんの​しばらく​の​間,身​を​隠せ+ 21  見よ,ご自分​に​対する​地​の​住民​の​とが​に​関し​て​言い開き​を​求める​ため,エホバ​は​その​場所​から​出​て​来​られる​から​で​ある+。その​地​は​必ず​その​流血​*を​あらわ​に​し+,もはや​その​殺さ​れ​た​者​たち​を​覆い隠す​こと​は​ない+」。

脚注

「しっかり​と​支え​られ​た」。または,「揺れ動く​こと​の​ない」。
「長く​続く​平和​の​うち​に」。字義,「平和,平和[の​うち​に]」。
または,「それ」。
12:2,「ヤハ」の​脚注​参照。
ヤハエホバ​に」。ヘ語,ベヤーハ エフワー12:2,「エホバ」の​脚注​参照。
13:11,「地」の​脚注​参照。
「恥じる​でしょ​う。そして​今度​は,火​が​逆らう​者​たち​を​焼き尽くす​の​です」,七十訳。ヘブ 10:27と​比較。
「わたしたち​の​」。ヘ語,エローヘーヌー,複数​形。
「主人​たち」。ヘ語,アドーニーム。アードーン​の​複数​形。
「死ん​で​無力​で​あり」。ヘ語,レファーイーム; ウル訳,「巨人​たち」。
「地」。ヘ語,アーレツ。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の​脚注​参照。
「わたし​の​死体」。ヘ語,ネヴェーラーティー,単数​形。しかし,集合​的​な​意味​で​用い​られ​て​いる​と​思わ​れる; 七十訳,「記念​の​墓​の​中​に​いる​者​たち」; ウル訳,「わたし​の​殺さ​れ​た​者​たち」。
14​節の​脚注​参照。
字義,「血」(複)。