内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 21:1‐17

21  海荒野+対する宣告: それ来襲する*暴風+ように,荒野から,畏怖起こさせるからやっ来る+  わたし告げられ厳しい+ある。不実行ないする不実行ないおり,奪略行なう奪略行なっいる+。エラムよ,上れ! メディア+よ,包囲せよ! 彼女ゆえに出るすべて溜め息わたし絶えさせ+  それゆえに,わたし激しい痛み満ち+。子産むときけいれんようけいれんわたし捕らえ+。わたし失って,[何も]聞こえない。わたしかき乱さて,[何も]見えない。  わたしさまよい,身震いわたし恐れおののかた。わたし慕ったそがれは,わたしとっおののきされ+  食卓整えよ,座席位置決めよ,食べよ,飲め*+! 君たち+よ,立ち上がれ,盾そそげ+  エホバ*このようわたし言わからある。 「行って,見張り立て,その見るところ告げさせよ+」。  すると,彼一対乗用馬[の引く*]戦車,ろば戦車,らくだ戦車た。そして,彼注意集中厳密注意払っ*  それから,ライオンよう+呼ばわりはじめた,「エホバ*よ,わたし昼間ずっ物見*立っおります。わたしごと自分見張り就いおります+  そして,いま,人*乗っ戦車が,一対乗用馬[に引かて]やっます+!」 そして,彼語っ言いはじめた,「彼女倒れた! バビロン倒れ+。その神々*彫像を[]はことごとく砕か+!」 10  わたし脱穀たち*わたし脱穀*+,イスラエル*,万軍エホバから聞いことわたしあなた方伝えだ。 11  ドマ*対する宣告: セイル+からわたし呼ばわるいる,「見張りよ,夜どうか。見張りよ,夜どう+」。 12  見張り言った,「朝必ずやっ来る。そしてまた。あなた方尋ねたければ,尋ねるよい。また来るよい!」 13  砂漠平原対する*宣告: デダン人々隊商+,あなた方砂漠平原森林過ごす。 14  渇いいる迎えるため携え来るよい。テマ+住民よ,逃げ去るためパンもっこれ向かい合え。 15  剣ゆえに彼ら逃げ去っからある。抜き身剣,引か弓,戦い激しさために。 16  エホバ*わたしこう言わからある。「雇わ労働年期+したがって,もううちに,ケダル+すべて栄光必ずその終わり至る。 17  そして弓[を引く人]のうち残っいるたち,ケダルあるたち少なくなる+。エホバご自身が,イスラエルが[そう]語らからある+」。

脚注

「南」。または,「ネゲブ」。
ヘブライここ四つ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「一対乗用馬[の引く]」。または,「二騎兵[の乗った]」。
「彼は……厳密注意払った」。字義,「彼は……注意深さもっ注意払った」。
6脚注参照。
「物見塔」。または,「見張り所」。ヘ語,ミツペ。
「人」。ヘ語,イーシュ,単数形。しかし,集合意味用いられいる。
「その神々」。ヘ語,エローヘイハー。
字義,「[脱穀ために]踏みつけられる,わたし属するもの」。
または,「わたし脱穀よ」。
「の神」。ヘ語,エローヘー。
「ドマ」(「沈黙」の意),マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「イドマヤ」,すなわち,エドムこと。
砂漠平原対する」。ヘ語,バラーヴ(baʽ·rav')(KB,733ページよると,アラーヴ[ʽarav']はアラーヴァー[ʽara·vah']に対応する); シリ訳,ウル訳,「アラビア」。
6脚注参照。