アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 21:1-17

21  海の荒野+に対する宣告: それは来襲する南*の暴風+のように,荒野から,畏怖の念を起こさせる地からやって来る+  わたしに告げられた厳しい幻+がある。不実な行ないをする者は不実な行ないをしており,奪略を行なう者は奪略を行なっている+。エラムよ,上れ! メディア+よ,包囲せよ! 彼女ゆえに出るすべての溜め息をわたしは絶えさせた+  それゆえに,わたしの腰は激しい痛みで満ちた+。子を産むときの女のけいれんのようなけいれんがわたしを捕らえたのだ+。わたしは度を失って,[何も]聞こえない。わたしはかき乱されて,[何も]見えない。  わたしの心はさまよい,身震いがわたしを恐れおののかせた。わたしの慕っていたたそがれは,わたしにとっておののきとされた+  食卓を整えよ,座席の位置を決めよ,食べよ,飲めよ*+! 君たち+よ,立ち上がれ,盾に油をそそげ+  エホバ*はこのようにわたしに言われたからである。 「行って,見張り番を立て,その見るところを告げさせよ+」。  すると,彼は一対の乗用馬[の引く*]戦車,ろばの戦車,らくだの戦車を見た。そして,彼は注意を集中して厳密な注意を払った*  それから,ライオンのように+呼ばわりはじめた,「エホバ*よ,わたしは昼間ずっと物見の塔*の上に立っております。わたしは夜ごとに自分の見張り所に就いております+  そして,いま,人*の乗った戦車が,一対の乗用馬[に引かれて]やってきます+!」 そして,彼は語って言いはじめた,「彼女は倒れた! バビロンは倒れた+。その神々*の彫像を[]はことごとく地に砕かれた+!」 10  わたしの脱穀された者たち*とわたしの脱穀場の子よ*+,イスラエルの*,万軍のエホバから聞いたことをわたしはあなた方に伝えたのだ。 11  ドマ*に対する宣告: セイル+からわたしに呼ばわる者がいる,「見張りの者よ,夜はどうなのか。見張りの者よ,夜はどうなのか+」。 12  見張りの者は言った,「朝は必ずやって来る。そして夜もまた。あなた方は尋ねたければ,尋ねるがよい。また来るがよい!」 13  砂漠平原に対する*宣告: デダンの人々の隊商よ+,あなた方は砂漠平原の森林で夜を過ごす。 14  渇いている者を迎えるために水を携えて来るがよい。テマ+の地の住民よ,逃げ去る者のためのパンをもってこれと向かい合え。 15  剣のゆえに彼らは逃げ去ったからである。抜き身の剣,引かれた弓,戦いの激しさのために。 16  エホバ*はわたしにこう言われたからである。「雇われた労働者の年期+にしたがって,もう一年のうちに,ケダル+のすべての栄光は必ずその終わりに至る。 17  そして弓[を引く人]の数のうちの残っている者たち,ケダルの子らの力ある者たちは少なくなる+。エホバご自身が,イスラエルのが[そう]語られたからである+」。

脚注

「南」。または,「ネゲブ」。
ヘブライ語ではここの四つの動詞は不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「一対の乗用馬[の引く]」。または,「二人の騎兵[の乗った]」。
「彼は……厳密な注意を払った」。字義,「彼は……注意深さをもって注意を払った」。
21章6節の脚注参照。
「物見の塔」。または,「見張り所」。ヘ語,ミツペ。
「人」。ヘ語,イーシュ,単数形。しかし,集合的な意味で用いられている。
「その神々」。ヘ語,エローヘイハー。
字義,「[脱穀のために]踏みつけられる,わたしに属するもの」。
または,「わたしの脱穀された者よ」。
「の神」。ヘ語,エローヘー。
「ドマ」(「沈黙」の意),マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「イドマヤ」,すなわち,エドム人の地のこと。
砂漠平原に対する」。ヘ語,バラーヴ(baʽ·rav′)(KB,733ページによると,アラーヴ[ʽarav′]はアラーヴァー[ʽara·vah′]に対応する); シリ訳,ウル訳,「アラビア」。
21章6節の脚注参照。