アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

イザヤ 2:1-22

2  アモツの子イザヤ*がユダとエルサレムに関して幻で見た事*+:    そして,末の日に+,エホバの家+の山はもろもろの山の頂より上に堅く据えられ+,もろもろの丘より上に必ず高められ+,すべての国の民は必ず流れのようにそこに向かう+  そして多くの民は必ず行って,こう言う。「来なさい+。エホバの山に,ヤコブのの家に上ろう。[]はご自分の道についてわたしたちに教え諭してくださる。わたしたちはその道筋を歩もう*+」。律法はシオンから,エホバの言葉はエルサレムから出るのである+  そして,[]は諸国民の中で必ず裁きを行ない+,多くの民に関して+事を正される+。そして,彼らはその剣をすきの刃に,その槍を刈り込みばさみに打ち変えなければならなくなる+。国民は国民に向かって剣を上げず,彼らはもはや戦いを学ばない+  ヤコブの家の者たちよ*,来なさい。エホバの光のうちを歩もう+  あなたはご自分の民,ヤコブの家を捨て去られたからです+。彼らは+からのもので満ち,フィリスティア人のように魔術を習わしにする者となり+,異国人の子供たちであふれている*からです+  そして,彼らの*地は銀や金で満ち,その財宝には限りがありません+。また,彼らの地は馬で満ち,その兵車には限りがありません+  さらに,彼らの地は無価値な神々で満ちています+。彼らは人の手の業に,人の指の造ったものに身をかがめます+  そして,地の人は身をかがめ,人は低くなります。あなたが彼らを赦すことはありえません*+ 10  エホバの怖ろしさゆえに,またその光輝ある優越性*から+,岩の中に入り,塵の中に身を隠せ。 11  地の人のごう慢な目は必ず低くなり,人間*の高ぶりは必ず身をかがめる+。その日には,エホバただおひとりが必ず高く上げられる+ 12  それは万軍のエホバの日+だからである。それは,自分を高め,高ぶる者すべてに,そして,高く上げられる者,あるいは低い者すべてに臨む+ 13  高大で,高く上げられたレバノンのすべての杉+と,バシャンのすべての巨木+ 14  すべての高大な山と高く上げられたすべての丘+ 15  すべての高い塔と防備の施されたすべての城壁+ 16  タルシシュのすべての船+と望ましいすべての小舟*とに[臨む]。 17  そして,地の人*のごう慢さは必ず身をかがめ,人間の高ぶりは必ず低くなる+。その日には,エホバただおひとりが必ず高く上げられる+ 18  そして,無価値な神々は完全に過ぎ去る+ 19  そして,[]が立ち上がって地が衝撃を受けるとき+,人々はエホバの怖ろしさゆえに,またその光輝ある優越性*から,岩の洞くつや塵の中に入る+ 20  その日,地の人は,その前で身をかがめるために人々が自分に造ってくれた,銀の無価値な神々や金の無価値な神々を,とがりねずみや,こうもりに向かって投げ出すであろう+ 21  []が立ち上がって地が衝撃を受けるとき,エホバの怖ろしさゆえに,またその光輝ある優越性から*+,岩の穴や大岩の裂け目の中に入るためである。 22  あなた方は自分のために,息*がその鼻孔にある+地の人から離れていよ。どんな根拠があってその人が考慮に入れられるというのか+

脚注

1:1,「イザヤ」の脚注参照。
または,「幻で示された言葉」。
または,「行こう」。
字義,「ヤコブの家よ」,単数形。しかし,「来なさい」という動詞は複数形。
または,「子供たちと握手をする」。すなわち,親しい交わりを持つ。
字義,「彼の」。2章6節の「ヤコブ」を指している。
または,「あなたは彼らを赦しません」。
字義,「その優越性の光輝」。
「人間」。ヘ語,アナーシーム。イーシュの複数形。
「望ましいすべての小舟」。または,「人目を引くすべての望ましい品; 望ましいすべての芸術品」。
地の人」。ヘ語,ハーアーダーム2章11節の脚注と比較。
2章10節の脚注参照。
「主の[ギ語,キュリウー]恐れの前から,またその力の栄光から」,七十訳。2章10節の脚注参照。テサ二 1:9と比較。
「息」。ヘ語,ネシャーマー。創 2:7と同じ語。