内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 18:1‐7

18  ああ,エチオピア*地方+ある,翼持ち,羽音立てる*よ!  [その地]は,海よって,水面に[浮かぶ]パピルスよっ使節+遣わすあり,[こう言う。]「速い使者たちよ,行け。引き伸ばされ,擦り磨か国民*,至る所畏怖起こさせる民,川その洗い流した,強じん*,踏みにじる+もとへ」。  産出*すべて住民+居住よ,あなた方山々じるし*掲げられる+ときよう光景見,角笛*吹き鳴らされる+ときよう聞くあろう。  エホバこのようわたし言わからある。「わたしかき乱されることなく,わたし定まっ場所+ながめる。光伴うまばゆいよう+,収穫おけるよう+  収穫前,花盛りなり,花熟しぶどうなるとき,人また,刈り込みばさみ細枝切り取り,巻きひげ取り除き,[それを]切り取らなけれならない+からある。  それら山々猛きんため,地ためことごとく捨てられるあろ+。そして猛きんその必ず過ごし,地すべてその収穫過ごす+  「その時,万軍エホバもと贈り物もたらされる+。引き伸ばされ,擦り磨か+,至る所畏怖起こさせる民,川その洗い流した,強じん*,踏みにじる国民から,万軍エホバみ名場所,シオン+」。

脚注

「エチオピア」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「クシュ」。
「翼持ち,羽音立てる虫」。または,「[虫の]翼羽音」。
「引き伸ばされ,擦り磨か国民」。または,「長く滑らか国民」,すなわち,背高く,つるつる民。
「弾力ある」,クム1イザaように,二つヘブライ2音節から成る1読むことよる; マソ本,「測り綱の,測り綱の」。
13:11,「地」の脚注参照。
「旗じるし」。ヘ語,ネース。
または,「ショファル」。
2,「強じんで」の脚注参照。