内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 16:1‐14

16  あなた方雄羊その支配送れ+。セラから荒野向けて,シオン+に。  そして,モアブたちアルノン+渡り場で,[自分の]巣から追い払わ逃げ去る,翼ある生き物よう+なる。  「あなた方計り事携え入れ*,決定実施せよ+ 「あなたさなかようせよ*+。追い散らさたち覆い隠せ+。逃げ行く裏切っならない+  モアブよ,わたし追い散らさたちあなた外国とどまるよう+。奪略ゆえに彼らため隠れ場所なれ+。虐げる*その終わり至り,奪略終了し,[他を]踏みにじるたちから絶たから+  「そして,王座ある親切うち*必ず堅く立てられ+,人ダビデ天幕真実もっ*必ずこれ座し+,裁き行ない,公正求め,義速やかなる+」。  わたしたちモアブ誇りつい聞いた。彼非常誇り高いこと+。そのごう慢誇り憤怒+ ― その空言そうなくなる+  それゆえ,モアブモアブため泣きわめく。まさにそのすべて泣きわめく+。打ちひしがたちキルハレセト+干しぶどう菓子ため実際うめく。  ヘシュボン+段丘枯れからある。シブマ+ぶどうは ― 諸国民所有たち*その真っ赤な[枝]*たたき落とした。それらヤゼル+まで至り,荒野さまよった。その若枝生い茂る任され,海まで伸び行った。  それゆえに,わたしヤゼル泣き悲しみもっシブマぶどうため泣き悲しむ+。ヘシュボン+エルアレ+よ,わたしわたしもっあなたひどくぬらそう。あなた収穫対する叫び声やんからある*+ 10  そして歓び楽しみ果樹から取り去らた。ぶどう歓呼叫びなく,叫び声上がることない+。踏む搾り場ぶどう踏みつぶすことない+。わたし叫び声絶えさせ+ 11  それゆえに,わたしなるモアブことたて琴よう騒ぎ立ち+,わたし内[心]はキルハレセト+こと*[騒ぎ立つ]。 12  そして,モアブ高き+うみ疲れいる見えるようなった。彼祈るため自分なる+,何遂げることできなかっ+ 13  これ以前モアブ関しエホバ語ら言葉ある。 14  そして今,エホバ語っ言わた,「モアブ栄光+また,雇わ労働年期したがって+,三うちあらゆる大騒ぎもっ必ず卑しめられる。残りごく少数なり,力なくなる+」。

脚注

「携え入れ」。クム1イザaマソ本男性複数が,マソ本欄外および11ヘブライ写本女性単数形。
「せよ」,女性単数形。
「虐げる者」,わずか訂正よる; マソ本,「搾り取る者」。
ある親切うちに」。または,「忠節うちに」。ヘ語,バヘセド
または,「真理もって」。ヘ語,ベエメト
「所有たち」。または,「偉大所有者」。ヘ語,バアレー。バアル複数一つ。偉観表わしいるしれない。
または,「[ぶどう]」。
または,「あなた果実収穫に[戦いの]叫び下っからある」。
キルハレセトことで」,修正よる; マソ本(ヘ語),レキール ハーレス