内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 13:1-22

13  アモツの子イザヤ*+が幻で見たバビロン*に対する宣告+:    「あなた方はむき出しの岩の山*の上に旗じるし*を掲げよ+。彼らに向かって声を上げ,手を振り+,彼らが高貴な者たちの入口に入って来るようにせよ+  わたしは,わたしの神聖にされた者たちに*命令を出した+。また,わたしの怒りを[表明する]ために+,わたしの力ある者たち,わたしのひときわ歓喜している者たちを呼んだ。  聴け,山々にいる群衆を,数多い民のようなものを*+! 聴け,[多くの]王国,集められた諸国の民のどよめきを*+! 万軍のエホバは戦いの軍勢を召集しておられる+  彼らは遠くの地+から,天の果てからやって来る。それはエホバとその糾弾の武器であり,全地を滅ぼすため[に来]る+  「あなた方+は泣きわめけ。エホバの日が近いからだ+。それは全能者からの*奪略として来る+  それゆえに,すべての手は垂れ下がり,死すべき人間の心臓もすべて溶ける+  そして人々はかき乱された+。けいれんと産みの苦しみが捕らえる。彼らは子を産むときの女のように陣痛を覚える+。彼らは驚いて互いに見つめ合う。その顔は燃える顔である+  「見よ,エホバの日が来ようとしている。それは憤怒と燃える怒りを伴う残酷なものであり,その地を驚きの的とし+,[その地の]*罪人たちをそこから滅ぼし尽くすためである+ 10  天の星もケシルの星座+*その光を放たず,太陽はその出て行くときに実際に暗くなり,月もその光を輝かせない。 11  そして,わたしは産出的な地*に[それ自身の]悪を,邪悪な者たちに彼ら自身のとがを必ず帰させる+。そして,わたしはせん越な者たちの誇りを実際に絶やし,圧制者*のごう慢を卑しめる+ 12  わたしは死すべき人間を精錬された金よりも*,地の人をオフィルの金+よりも*まれなものとする+ 13  それゆえに,わたしは天を動揺させ+,地は万軍のエホバの憤怒により,その燃える怒りの日+により,そのある場所から激動する+ 14  そして彼らは追われるガゼルのように,自分たちを集めてくれる者のいない羊の群れのように+,各々自分の民に向かう。各々自分の地に逃げて行くのである+ 15  見つけられる者はみな刺し通され,一度に集め捕られた者はみな剣によって倒れる+ 16  彼らの子供たちさえ,彼らの目の前で打ち砕かれる+。彼らの家は略奪され,彼らの妻は犯される+ 17  「いまわたしは彼らに対してメディア人を奮い起こさせる+。彼らは銀を何物とも思わず,金については,それを喜びもしない。 18  そして,[彼らの]弓は若者たちをも打ち砕く+。また,彼らは腹の実を哀れまず+,その目は子らを惜しみ見ることもない。 19  そして,もろもろの王国の飾り+,カルデア人の誇りの美+であるバビロンは,*がソドムとゴモラを覆されたときのように+なるのである。 20  彼女は決して人の住む所とはならず+,また,彼女が代々にわたって住むこともない+。そしてアラブ人はそこに天幕を張らず,羊飼いも[その群れを]そこに伏させない。 21  そして,水のない地域にせい息するもの*が必ずそこに伏し,彼らの家々には必ずわしみみずく*が満ちる+。また,そこには必ずだちょう*が住み,やぎの形をした悪霊たち*もそこで跳ね回ることであろう+ 22  そしてジャッカルがその住まいの塔の中で必ず遠ぼえし+,大きなへびが無上の喜びの宮殿にいることであろう。そして,その時期は間近に到来し,その日が延ばされることはない+」。

脚注

ヘ語,エシャヤーフー。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; クム1イザa,マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
字義,「むき出しされ山」。
「旗じるし」。ヘ語,ネース。
「わたし神聖されたちに」,すなわち,エホバ戦いため神聖されること。ヘ語,リムクッダーシャーイ; ラ語,サンクティフィカーティース メイース。ヨエ 3:9(マソ本4:9)と比較。
「聴け……民ようものを」。字義,「……民ようもの音」。創 4:10,「聴け」の脚注参照。
「聴け……どよめきを」。字義,「……どよめき音」。
全能からの」。ヘ語,ミッシャッダイ9:6,「神」の脚注比較。
または,「その」。字義,「彼女の」。
「ケシル星座も」。字義,「それらケシルも」。ヨブ 9:9,「ケシル星座」の脚注参照。
「産出地」。ヘ語,テーヴェール; ギ語,オイクーメネーイ,「人住む地」; ラ語,オルビス,「円」,すなわち,地の。マタ 24:14,「全地で」の脚注参照。
「圧制者」。ヘ語,アーリーツィーム。
精錬よりも」。ヘ語,ミッパーズ
「のよりも」。ヘ語,ミッケテムヨブ 28:16脚注参照。
「神」。クム1イザa,マソ本(ヘ語),エローヒーム; ギ語,ホ テオス; タル,ウル訳,「エホバ」。
「水ない地域せい息するもの」。または,「悪霊たち」。タル,「さる」; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「野獣」。
「龍」,ウル訳。
「だちょう」。ヘ語,ベノート ヤアナー。レビ 11:16,「だちょう」の脚注比較。
「やぎ悪霊たち」。または,「毛深い(毛むくじゃらの)生き物」,マソ本,ウル訳; タル,七十訳,シリ訳,「悪霊たち」。レビ 17:7,「悪霊たちに」の脚注; 二 11:15脚注比較。