内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

アモス 7:1‐17

7  これ​は,主権​者​なる​主​エホバ​が​わたし​に​見​させ​て​くださっ​た​事柄​で​ある。見よ,[]は​後​の​種まき​*に​よっ​て​生え出​て​来る​その​始め​に[いなご​の]群れ​を​まとめ​て​おら​れ​た+。そして,見よ,それ​は​王​の​刈り草​の​後​の,後​の​種まき​で​あっ​た*  そして,それ​が​その​地​*の​草木​を​食い尽くし​て​しまっ​た​時​に,わたし​は​こう​言っ​た。「主権​者​なる​主​エホバ​よ,どうか​お許し​ください+。ヤコブ​の​だれ​が​立ち上がれる​でしょ​う​か。彼​は​小さな​者​な​の​です+」。  エホバ​は​これ​に​関し​て​悔やま​れ​た+。「それ​は​起き​ない」と,エホバ​は​言わ​れ​た。  これ​は,主権​者​なる​主​エホバ​が​わたし​に​見​させ​て​くださっ​た​事柄​で​ある。見よ,主権​者​なる​主​エホバ​は​火​に​よる​争い​を​呼び求め​て​おら​れ​た+。それ​は​広大​な​水​の​深み​*を​も​食い尽くし​て​ゆき,一続き​の​土地​を​食い尽くし​た。  それ​で​わたし​は​言っ​た,「主権​者​なる​主​エホバ​よ,どうか​とどめ​て​ください+。ヤコブ​の​だれ​が​立ち上がれる​でしょ​う​か。彼​は​小さな​者​な​の​です+」。  エホバ​は​これ​に​関し​て​悔やま​れ​た+。「それ​も​また​起き​ない」と,主権​者​なる​主​エホバ​は​言わ​れ​た。  この​事​も​見​させ​て​くださっ​た。見よ,エホバ​*は​下げ振り[を​もっ​て​造ら​れ​た]城壁​の​上​に​立っ​て​おら​れ​た+。また,その​手​に​は​下げ振り​が​あっ​た。  そう​し​て​エホバ​は​わたし​に​こう​言わ​れ​た。「アモス​*よ,あなた​は​何​を​見​て​いる​の​か」。それ​で​わたし​は​言っ​た,「下げ振り​です」。すると​エホバ​*は​さらに​こう​言わ​れ​た。「今​わたし​は,わたし​の​民​イスラエル​の​中​に​下げ振り​を​置く+。わたし​は​これ​以上​それ​を​赦す​こと​を​し​ない+  そして,イサク​*の​高き所​+は​必ず​荒廃​に​帰せ​られ,イスラエル​の​聖​なる​所​+も​また​荒れ廃れる+。わたし​は​剣​を​もっ​て​ヤラベアム​*の​家​に​立ち向かう+」。 10  すると,ベテル​の​祭司​+アマジヤ​が​イスラエル​の​王​ヤラベアム​+の​もと​に​人​を​遣わし​て​こう​言っ​た。「アモス​は​イスラエル​の​家​の​ただ中​で​あなた​に​対する​陰謀​を​たくらみ​まし​た+。この​地​*は​彼​の​すべて​の​言葉​を​我慢​する​こと​が​でき​ませ​ん+ 11  アモス​は​この​よう​に​述べ​た​の​です。『ヤラベアム​は​剣​で​死ぬ。そして​イスラエル​は,必ず​自分​の​土地​を​追わ​れ​て​流刑​に​される+』」。 12  そして​アマジヤ​は​アモス​に​対し​て​こう​言っ​た。「幻​を​見る​者​よ+,行け。ユダ​の​地​へ​逃げ​て​行け。そこで​パン​を​食らう​が​よい。そこで​預言​する​の​なら​よい。 13  だが,ベテル​で​は​これ​以上​いっさい​預言​を​し​て​は​なら​ない+。ここ​は​王​の​聖​なる​所​+で​あり,王国​の​家​な​の​だ」。 14  そこで​アモス​は​答え​て​アマジヤ​に​言っ​た,「わたし​は​預言​者​で​は​なく,預言​者​の​子​で​も​なかっ​た*+。わたし​は​牧夫​で​あり+,エジプト​いちじく​の​実​を​はさむ​者​で​あっ​た。 15  だが,エホバ​は​羊​の​群れ​を​追う​こと​から​離れ​さ​せ​て​わたし​を​連れ​て​来​られ​た。そして​エホバ​は,『行っ​て,わたし​の​民​イスラエル​に​預言​せよ』と​言わ​れ​た+ 16  それ​で​今,エホバ​の​この​言葉​を​聞く​よう​に。『「イスラエル​を​責める​預言​を​し​て​は​なら​ない+。イサク​*の​家​を​責める[言葉]を​出し​て​は​なら​ない+」と,あなた​は​言っ​て​いる​の​か。 17  その​ため​に​エホバ​は​この​よう​に​言っ​た。「あなた​の​妻​は​都市​の​中​で​遊女​と​なる+。また,あなた​の​息子​や​娘​たち​は​剣​に​よっ​て​倒れる。さらに,あなた​の​土地​は​測り縄​で​配分​さ​れる。そして,あなた​自身​は​汚れ​た​土地​で​死ぬ+。イスラエル​は​自ら​の​土地​を​追わ​れ​て​必ず​流刑​に​される+」』」。

脚注

「後​の​種まき」,すなわち,1​月​から​2​月​に​かけ​て​行なう。付録8ロ参照。
「そして,見よ,一​匹​の​いなご​は​王​ゴグ​で​あっ​た」,七十訳。エゼ 38:2と​比較。
「その​」。ヘ語,ハーアーレツ
「水​の​深み」。または,「逆巻く​水」。ヘ語,テホーム; 七十訳,ウル訳,「底知れ​ぬ​深み」。創 1:2,「深み」の​脚注​と​比較。
書写​の​際​YHWH​が​アドーナーイ​に​変え​られ​た​134​箇所​の​一つ。付録1ロ参照。
書名​の​脚注​参照。
7​節の​脚注​参照。
「イサク」。ヘ語,イスハーク。詩 105:9​およびエレ 33:26と​同じ。
すなわち,ヨアシュ(エホアシュ)の​子​の​ヤラベアム​二​世; ネバト​の​子​の​ヤラベアム​一​世​で​は​ない。1:1参照。
「この​」。ヘ語,ハーアーレツ
または,「預言​者​団​の​一員​で​も​なかっ​た」。GK,§​128​v​参照。
9​節,「イサク」の​脚注​参照。