アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

アモス 7:1-17

7  これは,主権者なる主エホバがわたしに見させてくださった事柄である。見よ,[]は後の種まき*によって生え出て来るその始めに[いなごの]群れをまとめておられた+。そして,見よ,それは王の刈り草の後の,後の種まきであった*  そして,それがその地*の草木を食い尽くしてしまった時に,わたしはこう言った。「主権者なる主エホバよ,どうかお許しください+。ヤコブのだれが立ち上がれるでしょうか。彼は小さな者なのです+」。  エホバはこれに関して悔やまれた+。「それは起きない」と,エホバは言われた。  これは,主権者なる主エホバがわたしに見させてくださった事柄である。見よ,主権者なる主エホバは火による争いを呼び求めておられた+。それは広大な水の深み*をも食い尽くしてゆき,一続きの土地を食い尽くした。  それでわたしは言った,「主権者なる主エホバよ,どうかとどめてください+。ヤコブのだれが立ち上がれるでしょうか。彼は小さな者なのです+」。  エホバはこれに関して悔やまれた+。「それもまた起きない」と,主権者なる主エホバは言われた。  この事も見させてくださった。見よ,エホバ*は下げ振り[をもって造られた]城壁の上に立っておられた+。また,その手には下げ振りがあった。  そうしてエホバはわたしにこう言われた。「アモス*よ,あなたは何を見ているのか」。それでわたしは言った,「下げ振りです」。するとエホバ*はさらにこう言われた。「今わたしは,わたしの民イスラエルの中に下げ振りを置く+。わたしはこれ以上それを赦すことをしない+  そして,イサク*の高き所+は必ず荒廃に帰せられ,イスラエルの聖なる所+もまた荒れ廃れる+。わたしは剣をもってヤラベアム*の家に立ち向かう+」。 10  すると,ベテルの祭司+アマジヤがイスラエルの王ヤラベアム+のもとに人を遣わしてこう言った。「アモスはイスラエルの家のただ中であなたに対する陰謀をたくらみました+。この地*は彼のすべての言葉を我慢することができません+ 11  アモスはこのように述べたのです。『ヤラベアムは剣で死ぬ。そしてイスラエルは,必ず自分の土地を追われて流刑にされる+』」。 12  そしてアマジヤはアモスに対してこう言った。「幻を見る者よ+,行け。ユダの地へ逃げて行け。そこでパンを食らうがよい。そこで預言するのならよい。 13  だが,ベテルではこれ以上いっさい預言をしてはならない+。ここは王の聖なる所+であり,王国の家なのだ」。 14  そこでアモスは答えてアマジヤに言った,「わたしは預言者ではなく,預言者の子でもなかった*+。わたしは牧夫であり+,エジプトいちじくの実をはさむ者であった。 15  だが,エホバは羊の群れを追うことから離れさせてわたしを連れて来られた。そしてエホバは,『行って,わたしの民イスラエルに預言せよ』と言われた+ 16  それで今,エホバのこの言葉を聞くように。『「イスラエルを責める預言をしてはならない+。イサク*の家を責める[言葉]を出してはならない+」と,あなたは言っているのか。 17  そのためにエホバはこのように言った。「あなたの妻は都市の中で遊女となる+。また,あなたの息子や娘たちは剣によって倒れる。さらに,あなたの土地は測り縄で配分される。そして,あなた自身は汚れた土地で死ぬ+。イスラエルは自らの土地を追われて必ず流刑にされる+」』」。

脚注

「後の種まき」,すなわち,1月から2月にかけて行なう。付録8ロ参照。
「そして,見よ,一匹のいなごは王ゴグであった」,七十訳。エゼ 38:2と比較。
「その」。ヘ語,ハーアーレツ
「水の深み」。または,「逆巻く水」。ヘ語,テホーム; 七十訳,ウル訳,「底知れぬ深み」。創 1:2,「深み」の脚注と比較。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
書名の脚注参照。
アモ 7章7節の脚注参照。
「イサク」。ヘ語,イスハーク。詩 105:9およびエレ 33:26と同じ。
すなわち,ヨアシュ(エホアシュ)の子のヤラベアム二世; ネバトの子のヤラベアム一世ではない。1:1参照。
「この」。ヘ語,ハーアーレツ
または,「預言者団の一員でもなかった」。GK,§128v参照。
7章9節,「イサク」の脚注参照。