アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

アモス 6:1-14

6  「シオンで安逸に過ごしている者+,サマリアの山を頼みとしている者たちは災いだ! 彼らは国々の民の主要な部分のうちの際立った者たちであり,イスラエルの家はその者たちのもとに来た。  カルネに渡って行って,見よ。そこから人の多いハマト+に行き,さらにフィリスティア人のガト+に下れ。それらはこれらの王国より勝っているだろうか。その領地はあなた方の領地より大きいだろうか+  [あなた方は自分の]思いの中から災いの日を退けて+,暴虐の住みかを近寄せるのか+  象牙の寝いすに横たわり+,その長いすに寝そべる者たち,群れの中の雄羊を,肥えさせた子牛の中から若い雄牛を食べる者+  弦楽器の音*に合わせて即吟し+,ダビデのように歌のための楽器を自ら考案した者+  ぶどう酒の鉢から飲み+,最上の油+で身に油をそそぎ,ヨセフの大変災+を見ても病むことのなかった者たちよ。  「ゆえに今,彼らは流刑になる者たちの先頭に立たされて流刑にされる+。寝そべる者たちの浮かれ騒ぎは過ぎ去らねばならない。  「『主権者なる主エホバが自らの魂にかけてこう誓った+』と,万軍のエホバはお告げになる。『「わたしはヤコブの誇りを忌まわしく思い+,その住まいの塔を憎んだ+。わたしは[その]都市とそこに満ちるものとを引き渡す+  そして,一つの家に十人*が残されているとしても,その者たちさえ死ぬことになる+ 10  そして,その父の兄弟がそれを一人ずつ運び出さねばならず,それを一人ずつ焼いて,骨をその家から携え出そうとする+。そしてその者は家の一番奥にいる者に向かって,『あなたのところにまだだれかいるか』と問うのである。するとその者はきっと,『いや,だれもいない!』と言う。それで彼は,『黙っていなさい! これはエホバの名を口にする時ではないのだから』と言うことになる+」。 11  「『今エホバは命じているのである+。そして[]は必ず大きな家を打ち倒して荒れ塚とし,小さな家を砕けくずとする+ 12  「『馬は大岩の上を走るだろうか。人は[そこを]牛ですき返すだろうか。あなた方は公正を毒草に変え+,義の実りを苦よもぎに[変えた]のである。 13  むなしい事柄を歓んでいる者+,「我々の力で角を自分たちのものにしたのではないか+」と言っている者たちよ。 14  見よ,イスラエルの家よ,わたしはあなた方に対してひとつの国民を起こす+』と,万軍のエホバはお告げになる。『彼らは必ずあなた方をハマトに入るところ+から*アラバ*の奔流の谷にまで圧迫するであろう』」。

脚注

「音」。字義,「口」。
「人」。ヘ語,アナーシーム。イーシュの複数形。
「ハマトに入るところから」。あるいは,「レビ・ハマト(ハマトのライオン)から」と読むのかもしれない。ヨシュ 13:5,「入るところまで」の脚注参照。
または,「砂漠平原」。申 1:1,「平原」の脚注参照。