内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

アモス 5:1‐27

5  「イスラエルよ,あなた方関しわたし哀歌+述べるこの言葉聞け。   「処+イスラエル倒れ+再び立ち上がることできない+彼女自ら打ち捨てられた。これ起き上がらせるない+  「なるエホバこのよう言わある。『一千もっ進み出その都市残すのみなる。百もっ進み出残すのみなる。イスラエルとって[そのようなる+]』。  「エホバイスラエルこのよう言わある。『わたし捜し求め+生きつづけよ+  そして,ベテルし求めいけない+。ギルガルならない+。ベエルシェバ渡っ行っならない+。ギルガルいえども必ず流刑されるからある+。そしてベテル,それ怪異なるあろ+  ヨセフ+,エホバ捜し求め生きつづけよ+。[]がよう活動することないため+,それまさにむさぼり食うことないため,ベテル*に[それを]消すなくならないためある+  公ただ苦よもぎ変えいるたち+,義投げ捨てたち+  キマ+*ケシル+星座*+り主,深い+変える,昼よう暗く+,海呼び寄せそれ注ぎ出す+ ― エホバそのある+  それは,強奪略襲い来たらて,防備施さ奪略臨ませるある。 10  「『門で,彼ら戒め与える憎み+,全き事柄語る忌まわしく思っ+ 11  それで,あなた方立場低いから地代取り立て,そのから穀物貢ぎ取りつづけいるゆえ+,あなた方切り石建て+,自分それ住みつづけることないあろう。好ましいぶどう設けが,自分そのぶどう飲みつづけることないあろ+ 12  わたしは,あなた方反抗行ないいかに多く,あなた方いかに甚だ+知っいるある+。義人敵意示す+,口止め金*取る+,門+貧しい人々押しのけたち+ 13  それゆえに,洞あるその沈黙するあろう。それ災い+なるからある。 14  「『悪なく,善捜し求めよ+。あなた方生きつづけるためある+。また,それよって,あなた方述べとおり,万軍*エホバあなた方いるようなるためある+ 15  悪憎み,善愛し+,門公正固く定め+。万軍エホバヨセフ残っいるたち+恵み示すことなるしれない+』。 16  「それゆえ,エホバ*,万エホバこのよう言わた。『すべて公共広場泣き叫び生じ+,すべて街路は「ああ,ああ!」と言うあろう。そして彼ら農夫呼び+,嘆き悲しむこと慣れたち泣き叫びに[呼ぶ]ことなる+』。 17  『またすべてぶどう泣き叫び生じる+。わたしあなた通るからある+』と,エホバ言わた。 18  「『エホバ待ちこがれいる災い+! それで,あなた方とっエホバどのようものなるあろ+。それ暗闇あり,何ない+ 19  人*ライオンゆえに逃げるときようあり,熊まさにその出会う。また,家入っ当てた[ときよう]である。そのときそのかん+ 20  エホバ暗闇あって,光ない。それ暗がりあって,明るさない+。そうないか。 21  わたしあなた方祭り憎み,[これを]退け+。わたしあなた方聖会におい楽しまない+ 22  また,あなた方焼燔捧げ物ささげる+,その供え物喜びない+。あなた方共与犠牲肥えものとめない+ 23  あなた騒々しさわたしもとからのけよ。あなた弦楽器音色わたし聞こえないようせよ+ 24  そして,公よう+,義絶え流れ行く奔流ようわき出させよ+ 25  イスラエルよ,あなた方荒野四十わたし近く携え犠牲供え物あっ+ 26  だが,あなた方必ず,あなた方*+サクト*と,カイワン*,すなわち自分たちためこしらえあなた方+,あなた方*たる担ぎまわるあろ* 27  ゆえにわたしあなた方ダマスカスかなた流刑する+』。万軍エホバいう持たれるこう言わ+」。

脚注

「ベテル」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「イスラエル家」。
ヨブ 9:9,「キマ星座」の脚注参照。
ヨブ 9:9,「ケシル星座」の脚注参照。
「口止め金」。または,「贖い」。ヘ語,コーフェル。
「万軍」。ヘ語,エローヘーツェヴァーオート。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「あなた方」。ヘ語,マルケケム; ギ語,モロク; シ語,デマルクーム; ラ語,モロク
「サクト」。ヘ語,スィックート。ヘブライで,この名称は,「嫌悪べきもの」という意味シックーツ対応するよう意図母音符号打たいる。これ同じの「あなた方たる星」と並行関係あるで,星指しいるしれない。七十訳,シリ訳,「天幕」; ラ語,タベルナークルム。
「カイワン」。または,「ケワン」。ヘ語,キーユーン。「嫌悪べきもの」という意味シックーツ対応するよう意図母音符号打たいる。これアッカド碑文サターン(星神)のいるで,アッカドカイマーヌもしくはカイワーヌ意味いるもの思われる。ギ語,ライファン; 使徒 7:43ステファノ引用は,ロムファ。
「あなた方」。ヘ語,エローヘーケム。偽り指しいる。
「あなた方必ず……を担ぎまわるあろう」。または,「あなた方は……を担ぎまわった」。