内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

アモス 2:1‐16

2  「エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。『「モアブ​の​三つ​の​反抗​の​ゆえ+,また​四つ​の[反抗]の​ゆえに,わたし​は​それ​を​翻さ​ない。彼​が​石灰​の​ため​に​エドム​の​王​の​骨​を​焼い​た​から​で​ある+  それ​で​わたし​は​モアブ​に​火​を​送り込む。それ​は​ケリヨト​+の​住まい​の​塔​を​むさぼり食わ​ね​ば​なら​ない。喧騒​の​うち​に​モアブ​は​死ぬ​の​で​ある。警報​の​うち,角笛​*の​響き​の​うち​に+  そして​わたし​は​裁き人​を​その​中​から​断ち,その​すべて​の​君​たち​を​彼​と​共​に​殺す+」と,エホバ​は​言っ​た』。  「エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。『ユダ​の​三つ​の​反抗​の​ゆえ+,また​四つ​の[反抗]の​ゆえに,わたし​は​それ​を​翻さ​ない。彼ら​が​エホバ​の​律法​を​退け​た​から+,また​その​規定​を​守ら​なかっ​た[ため]で​ある。彼ら​の​偽り+,すなわち​その​父祖​たち​も​追い求め​た​もの​で​ある​が,それ​が​彼ら​を​終始​さまよわ​せ​た+  それ​で​わたし​は​ユダ​に​火​を​送り込む。それ​は​エルサレム​の​住まい​の​塔​を​むさぼり食わ​ね​ば​なら​ない+』。  「エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。『イスラエル​の​三つ​の​反抗​の​ゆえ+,また​四つ​の[反抗]の​ゆえに,わたし​は​それ​を​翻さ​ない。彼ら​が​義​なる​者​を​ただ​銀​の​ため​に,貧しい​者​を​一足​の​サンダル[の​価]の​ため​に​売り渡し​た​から​で​ある+  彼ら​は​立場​の​低い​者​たち​の​頭​に​地​の​塵​を​あえぎ​求め​て​いる+。また,柔和​な​者​たち​の​道​を​押しやる+。そして,男​*と​その​父​と​が[同じ]女​の​ところ​に​行っ​た+。わたし​の​聖​なる​名​を​冒とく​する​ため​で​あっ​た+  また​彼ら​は,質​に​取っ​た​衣​を​敷い​て​+すべて​の​祭壇​+の​傍ら​に​身​を​伸ばす。科料​に​処さ​れ​た​者​たち​から​の​ぶどう​酒​を​その​神々​*の​家​で​飲む+』。  「『しかし​わたし​は,彼ら​の​ゆえに​アモリ​人​を​滅ぼし尽くし​た+。その​高さ​は​杉​の​木​の​よう​に​高く,巨木​の​よう​に​精力​に​あふれ​た​者​で​あっ​た+。それでも​わたし​は,その​上​の​実り​も,下​の​根​も​滅ぼし尽くし​た+ 10  また​わたし​は,あなた方​を​エジプト​の​地​から​携え​上り+,四十​年​の​あいだ​荒野​を​歩か​せ+,こう​し​て​アモリ​人​の​地​*を​取得​さ​せ​た+ 11  さらに​わたし​は,あなた方​の​子​ら​の​ある​者​を​預言​者​+と​し​て,若者​たち​の​ある​者​を​ナジル​人​+と​し​て​起こし​つづけ​た。本当​は​こう​す​べき​で​は​なかっ​た​の​か,イスラエル​の​子​ら​よ』と,エホバ​は​お告げ​に​なる。 12  「『それなのに​あなた方​は​ナジル​人​に​ぶどう​酒​を​飲ませ+,預言​者​に​命令​を​課し​て​言っ​た,「あなた方​は​預言​し​て​は​なら​ない+」と。 13  今​わたし​は​あなた方​の​下​に​ある​物​を​揺るがす。刈り取っ​た​一続き​の​穀物​を​いっぱい​に​積ん​だ​荷車​が​揺れる​か​の​よう​に。 14  また,逃げ​て​行く​べき​場所​は,敏しょう​な​者​から​さえ​消え去る​こと​に​なる+。だれ​か​強い​者​が​彼​の​力​を​強化​する​こと​も​なく,力​ある​者​が​その​魂​*を​逃れ​させる​こと​も​ない+ 15  そして,弓​を​取る​者​も​立ち​得​ず,足​の​速い​者​も​逃れ​得​ず,馬​に​乗る​者​も​その​魂​を​逃れ​させる​こと​が​でき​ない+ 16  そして,力​ある​者​たち​の​中​の​心​の​強固​な​者​も,その​日​に​は​裸​で​逃げる​こと​に​なる+』と,エホバ​は​お告げ​に​なる」。

脚注

または,「ショファル」。ヘ語,ショーファール。
または,「そして,」。ヘ語,ウェイーシュ
「その​神々」。ヘ語,エローヘーヘム。
「地」。ヘ語,エレツ。
「その​」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム。付録4イ参照。