内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2017 エホバの証人の年鑑

アゼルバイジャン

 全地宣べ伝え教える

ヨーロッパ

ヨーロッパ
  • 地域 47

  • 人口 7億4448万2011

  • 伝道者 161万1290

  • 聖書研究 83万4121

穏やか対応

ジョージアこと,1男性文書カート近づいどなりました。「ここ伝道するな! ジョージア正教会だ」。カート立っ兄弟優しい口調で,今までわたしたち文書1お読みなっことありますか,と尋ねました。男性は,「いや,ない」と答えます。そこで兄弟巧み読ん みるよう勧めました。兄弟提案もっとも思え男性落ち着いて,文書取りました。数後,男性戻っ以前振る舞いつい謝りました。そして,目見えない母親雑誌読んあげ言いました。2雑誌とても入り,何新しいもの読みたい思っようです。この男性定期カート近づき,最新雑誌受け取っます。

より良い解決

アゼルバイジャン奉仕中,2兄弟ビル立っ若い男性近づき,証言始めました。男性は,「聞いいるない。そんなことたらなる」と答えます。そして,後ろポケットからナイフ取り出し言います。「今までひどい遭わさた。だから,これけりつけやる」。

2驚いて,「人殺すことこそですよ」と言いました。

「どうしろって言うだ?」と男性言います。兄弟たちローマ 1217‐21読み,復しゅうものあること,そして,「悪征服は」ならないこと,「むしろ,善もっ征服」しなけれならないこと説明ます。さらに,温和話し方持つつい伝え,だれ傷つけたり殺したりするなら良心かしゃく苦しむことなる,と言いました。聞いこと動かさて,男性去っ行きました。

およそ1時間後,その男性兄弟たち見つけこう言いました。「殺そ思っ会った。相手傷つけ 問題解決できた。おかげ厄介ことならすんよ,ありがとう」。兄弟たちは,実際助けくれエホバあること説明ました。

文書カート活発姉妹とらえる

前,ノルウェーある姉妹真理から離れしまいました。でも,文書カート証言用いられるようなっから,姉妹買い物さいその通りました。

姉妹は,カートところいる証人たち近づくこと決してありませでした。でも,文書魅力並んいること訴えるポスター気づいました。それ加えて,友好表情慎み深い服装て,エホバそのもと帰りたいいう願い呼び覚まさました。

姉妹ウェブサイトjw.orgロゴ気づき,サイトアクセスます。近く王国会館住所集会時間簡単調べることできる驚きました。出版幾つダウンロードし,不安感じながら王国会館行くと,本当歓迎ました。長老たち1姉妹聖書研究司会するよう取り計らいます。すぐ会衆良い作り,霊的習慣取り戻しました。今集会野外奉仕定期参加し,エホバ親密関係再び味わい喜んます。

スクールバス伝道

ノルウェー住む15ロンジャスクールバス乗っ時,同じクラス3進化つい話し合っました。ロンジャは,自分信じいること全く敬意示しもらえなかっこと納得できませでした。進化つい 自分説明少しさびついいるよう感じロンジャは,母親助けもらいながら創造存在つい納得せる証拠探しました。

ノルウェー: ロンジャ自分信条守っ

スクールバスで,ロンジャ準備とおり話しました。しかし3は,ロンジャエホバ信仰ばかます。1大声こう言いました。「このバスエホバ信じいるなんて1ないよ。進化エホバ,みんなどっち信じか,手挙げもらおう」。すると近く座っ挙げて,「ぼくエホバ信じる!」と言っロンジャびっくります。さらに2同意ました。ロンジャ3会話生徒聞こえて,そのロンジャ説明納得です!

 読めない見つけ

ある午後,シリアからアラビア話す2男性デンマークある支部事務訪ねました。そのたちは,エホバ証人探しいること受付姉妹伝えます。どうやらうまく探し当てこと知って,2大喜びました。どうやっ住所調べでしょか。地元図書職員携帯電話撮っ写真見せです。それは,アラビアの「聖書実際教えます」の発行ページ写真でした。それ職員は,支部事務住所教えることできです。

2デンマークよく分からなかっで,アラビア話す兄弟受付呼ばました。2うち1聖書ついもっと知りたい思っいる様子でした。それ兄弟連絡聞き,アラビア話す兄弟連れ近々訪問すること約束ました。

その訪ねみると,今まで1エホバ証人訪問受けことないことでした。そして,ポストアラビア表示なかっに,アラビアその入った,と話しくれました。男性読めないで,友人その読んもらいました。3かかりましが,これ真理確信できました。

この男性とっ家族から遠く離れ難民暮らすつらいことですが,聖書安らぎ見いだします。兄弟たち初めて訪問時,「なぜまでくださらなかっですか。本当願っです」と言いました。研究続いおり,学ぶ内容強い関心示します。

 空っぽ喜びいっぱい

ドミトリーウクライナたばこ会社支配働いました。しかし,喫煙いかに人体有害いよいよ感じるようなりました。それで,給料良いこの仕事辞めました。その3か月ないうちに,母親義理亡くなります。愛する家族亡くしこと大きなショックでした。教会安らぎ疑問対する答えたい思いましが,それかないませでした。友人は,正教会は,「首十字架ぶら下げいる空っぽだ」と言わました。それまさにドミトリー感じことでした。そして,自分つい聖書つい知らないこと気づきました。絶望うちに,助け求め祈り始めます。その時,エホバ証人つい聞いこと思い出しました。ドミトリーインターネットわたしたちウェブサイト見つけ,そこ聖書関する情報本当たくさんあること感動ました。次に,近く王国会館探しました。駐車着くと,案内歓迎れ,何助けなれる尋ねられました。それドミトリーは,「わたし聖書研究必要です」と答えました。今研究始め6か月なり,集会定期出席し,参加ます。

関心示しメモ残す

イギリスポールフェイススーザンいう女性会話楽しみ,再訪問取り決めました。しかし訪ねみる留守でした。そこで2は,「わたしたち王国宣教」201411提案当てはめ,次再び訪問するいうメモ残し ました。実際訪ねみると,驚いことドアメモ貼っありました。娘結婚ため買い物なけれならないことでした。2メモ残し,次また来ること伝えます。翌週スーザン2待って,『聖書教え』の用い聖書研究始まりました。

イギリス: フェイスポールメモ残しいる

結婚間近だっで,スーザン訪問延期くれない頼みます。約束ポールフェイス訪ねる応答なかっで,携帯電話番号書いメモ残しました。スーザンからメールうれしく思いました。そこは,2訪問逃ししまっ申し訳ない,その近所話した,とありました。以来,スーザン定期聖書研究楽しみ,最近初めて集会出席ました。

ポールフェイス連絡保つためいつメモ残す ことます。「残しメモ読んくれました。本当素晴らしい方法です!」

患者信仰看護動かし

20148月,ハンガリー1兄弟塞栓入院ました。残念ことに,その兄弟なく亡くなりました。兄弟は,ティンダいう特に助けなっくれ看護ついこう書います。

「わたし2015夏,『イエス倣いましょう!』地区大会息子出席ました。3終わり駐車帰り支度ことです。1女性わたし立ち止まり,持っ荷物地面置き,わたし抱い泣き始めました。そのは,ほぼ1前,集中治療担当くれ看護ティンダでした。彼女よると,看護たち担当する患者毎回交代勤務初め割り当てられようです。ティンダいつもわたし担当なれるよう祈り,何そのとおりなりました。

「ティンダ言うは,夫いつも語っ希望信仰根ざし良い行状おかげで,エホバ証人聖書研究始めよう思っことです。

「今ティンダ聖書研究おり,わたし迎えられる楽しみます。夫行状強い信仰きっかけで,エホバその素晴らしい約束知っこと伝えたい言っます」。

から証言

ブルガリア: 国境付近トラックドライバー証言いる

抗議運動妨害影響で,ギリシャブルガリア国境ある 検問幾つ時折閉鎖ます。そのため自動数十キロ並びます。近くあるブルガリア会衆この状況活用し,車乗っ待っいる人々聖書文書渡すことました。兄弟たち12言語出版持っ国境出かけ行きます。トラックドライバー多く疲れきって,いらいらますが,だれ話したい思っます。兄弟たち思いやり深く聞いから,希望励みなる言葉語ります。あるドライバーは,「エホバ証人かい?」と尋ねました。そうです,と答えると,「やっぱり。こんなふう伝道するエホバ証人だけね」と言いました。オーストリアトラックドライバーゆったりジョーク交じりこう応じました。「皆さんから逃げられませね。ご苦労さまです。これから安らぎ希望伝えください」。次よう言っます。「あなたたち文書読みたい思っこと一度ないけど,今ぜひ読んたい」。兄弟証言聞いて,涙流しドライバーます。何エホバ証人だっです。兄弟たちは,文書読むだけなく,会衆連絡取るよう励ましました。