内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2017 エホバの証人の年鑑

マカオ

 全地宣べ伝え教える

アジアと中東

アジアと中東
  • 地域 49

  • 人口 44億6437万4770

  • 伝道者 72万8989

  • 聖書研究 77万1272

1会話きっかけ

フィリピンで,ジョナサン医師面会ため待っました。ジョナサンきちんと身なり気づい受付ライラいう女性は,保険外交さんですか,と尋ねました。ジョナサンは,自分エホバ証人で,診療必要エホバ証人助けるためここいる説明ました。心動かさライラは,最近亡くなっ父親が「ものみの塔」誌いつも読んこと ジョナサン伝えます。ジョナサンヨハネ 528,29開き,「亡くなっ家族どんな希望ありますか」のパンフレット渡しました。

フィリピン: ジョナサン受付証言

その後,病院行くたびに,ジョナサンさらに出版持っ行きました。そして1姉妹引き継ぎ,その姉妹ライラ聖書研究始めました。やがてライラ夫,妹,母親など一緒住むたち研究参加ました。

近所住むローズが,ライラアパート多く来る なぜ聞きました。ライラエホバ証人聖書研究いること説明し,その結果,ローズ研究始めました。そして,故郷いるアビガイル訪ね時,自分学んいることつい生き生き話しました。アビガイル興味そそら聖書研究申し込みました。ローズ母親研究始めることました。

ライラ最近地区大会バプテスマ受けました。ライラ母親バプテスマ受けます。近所住むローズアビガイル昨年バプテスマ受けました。ローズ母親定期集会出席するようなっます。そして,ライラ家族聖書研究続けます。これらすべては,病院1会話から始まっです!

ろう者会うためハイテク活用

スリランカ手話成長続けます。2015年,証人たち持つろう者リスト80ほど名前しかなく,それ紙切れメモあるだけでした。その後,スリランカ最初手話会衆誕生し,データベースコンピューター作らました。そこ名前,住所,GPS座標420登録ました。兄弟たち直接,あるいはビデオチャットメール区域住むろう者8やり取りできました。宣教夫婦こう述べます。「今ろう者伝道奉仕区域割り当てることできます。それまで個人知っいるろう者しか訪ねませでした」。

政府職員から感謝手紙

モンゴル兄弟たち都市証言活発で,気温 マイナス30下がっそれ行なっます。カートから出版受け取っある政府職員から,次よう感謝手紙ました。「わたし仏教ですが,様々宗教調べました。ただ一つとらわれるなく,あらゆる調べるべき思っいるからです。皆さん広めおられる出版いくらか読んで,自分気持ち手紙お伝えたい思いました。実際役立つ情報提供するため多く時間エネルギー費やさいることでしょう。皆さん出版から学べは,すべて聖書読むべきいうです。聖書真理です。人生導き与えます。文書モンゴル翻訳するため多く努力払っおられる皆さん感謝述べたい思います。そして,猛烈暑さ寒さなか戸外人々助けるため文書配布いるすべて感謝いたします」。

モンゴル: 寒さ中,公証言行なっいる

祈り聞か

香港<ホンコン>開拓兄弟ブレットは,20後半男性近づいて,「家族幸せ大切は?」のパンフレット渡しました。パンフレット男性流し,自分真理うち育てられ16しまっ言いました。その5間,路上生活し,薬物中毒なっところ慈善団体助けられました。

兄弟出会っ朝,若者は,「もし子ども宗教正しいものなら,どうか今日そのしるし見せください」と祈っました。祈り聞かた,と若者感じました。2近くコーヒーショップ行き,「エホバもと帰っください」の冊子一緒読みました。若者その夕方 フランス帰らなけれならなかっで,互い連絡交換ました。後若者ブレット手紙書きました。「親愛なる兄弟,エホバわたし祈り答えくださいました。日曜日,近く王国会館行こ思います」。若者フランスエホバ証人連絡取り,聖書研究始め,集会出席するようなりました。