内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2017 エホバの証人の年鑑

1992年,トビリシ集まり兄弟たち

 ジョージア | 1991‐1997

「神がそれをずっと成長させてくださった」コリ一 3:6

「神がそれをずっと成長させてくださった」コリ一 3:6

ゲナディグダゼ,1990年代初め巡回監督奉仕

 1991年,ソビエト連邦崩壊し,ジョージア独立ました。しかし政治変動社会混乱ため人々生活一気厳しいものなりました。そのよう時期巡回監督奉仕ゲナディグダゼは,人々パン買うため1並ん覚えます。

証人たちは,そのよう並んいる大勢たち聖書音信伝えものです。ゲナディ言います。「その大変時期に,だれ真理好意なっよう思えました。聖書研究望む住所記しメモ何百受け取りました」。

毎回集会後,責任ある兄弟たち訪問依頼たち 名前住所読み上げものです。そして奉仕たち手分け家々訪問ました。

1990年代,パン並ぶたち宣べ伝える

トビリシ長老奉仕レバニサバシビリ兄弟は,訪問依頼夫婦ついこう振り返ります。「リストあっほとんど奉仕たち訪ねましが,この夫婦訪問ようするませでした。そのずいぶん遠く,わたしたち多くすでに聖書研究持っからです」。

か月後,同じ夫婦再び訪問依頼ました。やがて3依頼送らて,このメモ添えられました。証人たちつい潔白あるために,どうかほしい,とありました。(使徒 20:26,27)レバニこう言います。「それ新年時期で,普段なら人々訪問ないですが,これ以上先延ばしできない感じました」。

真理求めこの夫婦,ロイニグリガラシビリナナ疑いました。ある寒い朝,レバニもう1兄弟戸口立っました。この夫婦すぐ聖書研究始めました。ロイニナナ子どもたち正規開拓奉仕ます。

関心持つ助けるため精力努力

真理受け入れたちは,とても感謝で,良いたよりさらに人々宣べ伝えるため,自分時間,エネルギー,資産惜しみなく差し出しました。バドリコパリアニマリーナ子どもましが,誠実たち助けるため精力遠く出かけ行きました。

週末なると,バドリマリーナ10息子ゴチャレバニ 連れて,トビリシ北方美しい山岳地帯ドシェティ行きました。時遠く行くために,曲がりくねっ150移動ました。

ある日,1女性自分職場バドリマリーナ招きました。バドリこう言います。「大きな部屋招かましが,そこ50待っました。びっくりましが,エホバ祈っから,終わりしるしついマタイ 24聖句からました。驚い1は,『どうしてわれわれ司祭このこと教えくれないだろう』と言いました」。

記念関心集める

イエス記念多く誠実ジョージア真理聞く機会なりました。例えば1990トビリシイーアバドリーゼ姉妹開か記念は,近隣人々関心大いに集めました。

イーアバドリーゼ記念200自分アパート迎え

 バドリーゼ姉妹自分アパート記念ため提供ました。子どもたち助け借りて,リビングルーム場所作りましが,出席ため必要いすどうすれ準備できるでしょか。ジョージア家族大きな集まりためテーブルいす借りる普通ことでした。彼女いすばかり借りるで,「テーブル必要ですか? どうやっ食事するですか」と尋ねられました。

バドリーゼ姉妹は,イエス記念するためアパート13ある彼女住まいすべて人々迎え入れることできました。驚くべきこと200出席です! 近隣多くエホバ証人つい質問不思議ありません。

思い出残る記念

1992年,記念ため各地大きな講堂借りました。ゴリ住んダビットサムハラゼ旅行する監督記念計画つい尋ねこと思い出します。

奉仕たち個人集まる計画いる知って,監督 こう尋ねました。「皆さん大きな講堂ないですか。どうしてそれ借りないですか」。講堂1000以上収容できで,100超える程度会衆奉仕たちは,そんな大きな会場必要思っました。

旅行する監督提案ました。「もし奉仕110連れくれば,会場いっぱいなりますね」。とても現実思えませでしが,奉仕たちその提案受け入れ大いに努力ました。何うれしいことでしょう! 1036記念出席です。 *

熱心開拓新しい区域

1992年,ジョージアエホバ聖書音信まだ宣べ伝えない地域たくさんありました。国深刻経済危機直面いるで,これら新しい区域どのよう音信伝えられるでしょか。

そのころ西ジョージア住んタマジビブライアこのよう振り返ります。「旅行する監督わたしたち会合て,どうたらよい話し合いました。わたしたち特別開拓割り当てる方法つい十分知っわけありませが,良いたより緊急宣べ伝えなけれならないこと理解ました」。(テモ二 4:2)それ16開拓選ばれ,国内様々場所割り当てられました。―地図参照。

5か月あいだ開拓たち派遣場所

19925月,これら地域5か月奉仕するよう割り当てられ開拓たち励ますため,トビリシ3時間集まり 開催ました。毎月,長老たち開拓たち訪問霊的援助与え,必要応じ物質援助ました。

2開拓姉妹,マネアアダシビリナジージワニアは,オズルゲチ割り当てられました。当時60だっマネアこう言います。「関心持つ女性オズルゲチ近く住んいること知っました。ですから,到着たらすぐその会うことました。そのいる婦人着いみると,彼女30集めて,わたしたち待っました。そのに,何聖書研究始まりました」。

その奉仕とても生産ものでした。わずか5か月で,12バプテスマ準備整いました。

自己犠牲精神報わ

2開拓兄弟,パブレアブドシェリシビリパアタモルビダゼツァゲリ派遣ました。そこキリスト世界 教え混ざり合っ古い伝統とりでよう地域です。

ツァゲリ風景

厳しい近づくころ,5か月割り当て期間過ぎようました。パアタ翻訳作業手伝うため場所招かます。パブレ決断迫らました。こう言います。「ツァゲリ厳しいこと知っました。でも,聖書研究引き続き助け必要ました。それで,ツァゲリとどまることました」。

「地元家族一緒住んました」とパブレ言います。「ほとんど1日中奉仕出かけました。夕方,1リビングあるストーブ囲ん家族過ごしました。でも自分部屋戻ったら,わたし厚手毛布くるまり暖かい帽子かぶっ眠りました」。

長老たちパブレ訪問みると,11バプテスマ受けない伝道資格ました。そしてすぐに,その全員バプテスマ受けました。

^ 20節 1992年,ジョージア1869熱心奉仕おり,1万332記念出席ました。