内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2017 エホバの証人の年鑑

 ジョージア | 1924‐1990

集会は信仰の成長を助ける

集会は信仰の成長を助ける

集会新しい信仰成長せる大きな役割果たしました。そして,バプテスマ受けばかりたちも,長年真理いるたち同じよう喜ん自宅集会場所提供ました。出席みな温かく歓迎され,このこと大いに強めるものなりました。

研究バプテスマ受ける用意できなら, 特別集会慎重組織ました。19738月,兄弟たちスフミ郊外集まりました。その場所黒海面しました。しかし35希望バプテスマ受けることできませでした。警察集まり中断せ,ウラジミルグラジュク含む兄弟姉妹逮捕です。

ウラジミル兄弟たち釈放れるすぐ,バプテスマ希望全員改めて連絡ました。当初予定2は,希望たちバプテスマ受けることできました。ウラジミルこう述べます。「エホバわたしたちおられる感じました。バプテスマ後,みんな一緒祈っエホバ感謝表わしました」。

反対よっ良い知らせ広まる

そのバプテスマ2後,ウラジミルグラジュク再び逮捕され,後イタスダレンコ,ナテラチャルゲイシビリ懲役言い渡さました。この逮捕悲しいことでしが,奉仕たち宣教奉仕続けること決意ました。しかし,より慎重行なうこと必要でした。

当局注意引かないため,奉仕たち地元以外出かけ行っ証言ました。それで,反対よっさらに多く地域良い知らせ広まる結果なりました。

共産主義体制間,大都市住んいる奉仕たち静か通り公園証言ました。買い物ため,また親族訪ねから人々会うことよくありました。奉仕たち関心示し住所尋ね,再び会えるようました。

バブツァジェジェラバ西ジョージア全体広く旅しまし た。「あちらこちら親戚で,わたし頻繁旅行だれ不審思うことありませでした。2ほどすると,わたしズグジジ20以上と,そしてチホロツク5聖書研究ました。その全員バプテスマ受けです」。

ぜひともジョージア文書

やがてジョージア文書どうして必要いうこと分かっました。再訪問聖書研究際,奉仕研究最もよく理解できる言語聖書聖書文書必要でした。 *

バブツァジョージア文書全くない聖書研究司会する難しさこう振り返ります。「わたし持っ聖書出版すべてロシアでした。それ多く場合,研究ため資料翻訳すること必要なりました」。バブツァ辞書だけ頼りて,雑誌記事ジョージア翻訳ました。マタイ福音全体翻訳することまでました。

勇気ある証人たち小さな謄写使っ自宅文書複写

関心持つたち母語訳さ記事本当喜び,それ自分書き写しました。ジョージア聖書なかなか入らなかっで,研究現代の“写字生”となっます。

「1日中書き写しました」

ジョージア翻訳文書兄弟たち関心持つ 回覧れ,全員読めるようました。しかし,各人読むため時間からしかありませでした。現代ジョージア訳さギリシャ聖書兄弟たち回覧時,ある家族その機会それ書き写すことました。

父親からギリシャ聖書書き写すよう頼ま時,ラウルカルチャバまだ13でした。こう言います。「父いっぱいノートたくさんペン鉛筆買っました。わたしやる気起こさせるためです。圧倒そうなりましが,取りかかることました。少し伸ばすため休む以外は,1日中書き写しました」。

ジョージアの「ものみの塔」と「日ごと聖書調べる」,手書き写さもの

 読みたがっいるその聖書を,ラウルさらに用いよいことなっで,親族大喜びました。おかげ若いラウルは,この大きな仕事成し遂げることできました。わずか2か月で,27からなるクリスチャンギリシャ聖書全体書き写しです。

書き写すため勤勉努力払わましが,増加いく聖書研究霊的飢え十分満たすことできませでした。差し迫っ必要満たすため,勇気ある兄弟姉妹たち危険仕事引き受けました。それ自分たち聖書文書複写配達することです。

西ジョージア宣べ伝える勢いつきました。しかし, 東部どうでしょか。前述バソクベニアシビリよう誠実真理求める援助できる首都トビリシでしょか。

真理首都

1970年代,ソビエト当局多く地域証人たちから追い立て意気くじこました。ウクライナ夫婦オレクシークルダスリディアは,まさにそのよう遭い,トビリシ移り住んました。2信仰ゆえにソ連収容過ごし経験ありました。

ラリサケサエフ(グダゼ),1970年代

オレクシー家族ザウルケサエフエテリ真理伝えました。2とても宗教厚いでした。当時15だっラリサは,オレクシーリディア初めて会っことこう振り返ります。「正教会だけ宗教いうこと証明ようました。何話し合っ後,わたしたち言えなくなりましが,オレクシーたちその聖書から筋道立てくれました」。

ラリサこう続けます。「家族教会行くは,いつも書か十戒読んました。その両側イコンありました。しかし教会行っある晩,オレクシー出エジプト記 204,5から読んくれ時,わたしがく然ました。その眠れませでした。『イコン崇拝することおきて破っいるないか』という思い消えませでした」。

その疑問どうして解決たい思っラリサは,次朝早く教会急ぎました。そして,壁十戒読み返しました。「あなた自分ために……いかなる彫刻 作っならない。それかがめは……ならない」。生ま初めてこのおきて意味理解できました。ラリサ両親やがてバプテスマ受け,トビリシ初期エホバ証人なりました。

公正探求報わ

初めて真理接しからほぼ20後,バソクベニアシビリは,トビリシエホバ証人集会通っいる出会いました。バソ証人たちまた会えことうれしく思いました。長年願いだっです。

バソクベニアシビリ,初めて真理接しから24証人なっ

しかし初めうち,地元証人たちバソ自分たち活動参加たくありませでした。犯罪ある知らからです。バソ証人たち対するソビエト当局スパイない恐れるです。そのためバソ は,4クリスチャン集会出席すること認められませでした。

やがてバソ良い動機明らかなり,会衆一員なっバプテスマ受けること認められました。ついに,若いから探し求めた「裁き[または,公正]の神」のもと来ることできです。(イザ 30:18)バソ2014亡くなるまで変わることない確固態度ずっエホバ仕えました。

1990までに,宣べ伝える全体確立ました。900奉仕942聖書研究司会ました。その劇的増加ため土台据えられです。

^ 12節 聖書ある部分早く西暦5世紀ジョージア翻訳ました。しかし共産主義時代は,聖書なかなか入りませでした。―「ジョージア聖書」を参照。