内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2017 エホバの証人の年鑑

 ジョージア | 1991‐1997

思いやりのある牧者による訓練

思いやりのある牧者による訓練

ジョニシャランベリゼ,タマジビブライアに。1990年代初め

1990年代初めごろ,ジョージアほとんど会衆長老奉仕1しかませでした。奉仕幾つ含む広大区域散らばっため,多く会衆別々集まる幾つ群れ構成ました。

ジョニシャランベリゼパブレアブドシェリシビリ2すでに遠隔区域奉仕ましが,新たカヘティ地域都市テラビ援助するよう割り当てられました。そこ300伝道て,長老1ませでした。その会衆は,別々場所集会開く13グループ構成ました。

パブレアブドシェリシビリ

 ジョニパブレは,兄弟たち霊的進歩妨げる問題あることすぐ気づきました。ジョニこう言います。「多く兄弟たち自分たち大きな農園ぶどう所有ました。農村普通,作業近所人々助け合っ行ないます。それで,兄弟たち信者多く時間過ごしました」。―コリ一 15:33

ジョニパブレは,収穫作業ため仲間証人たち助けもらうよう提案ました。そうすることよっ兄弟たち作業交わりから良い影響受けるでしょう。(伝 4:9,10)ジョニは,「会衆兄弟強くなりました」と言います。ジョニパブレ3カヘティ地域去っ時,そこ5地元長老12奉仕ました。

集会よっ宣教技術向上する

わたしたち活動1990年代初めまで制限あっで,証人たち小さなグループ集まり,会衆書籍研究と「ものみの塔」研究だけ行ないました。これら集会励み多いものでしが,奉仕たち伝道ため訓練するものありませでした。

共産主義政権崩壊時,この状況変わりました。このエホバ組織は,神権宣教学校奉仕集会毎週行なうよう指示与えます。

ナイリフツィシビリラリアレクペロバは,当時集会楽しい思い出あります。ラリこう語ります。「とても興奮ました。姉妹たちプログラム参加できるようなっことみんな喜びました」。

ナイリこう言います。「ある実演は,ステージ 新聞読んました。そのドアノックする聞こえます。家返事すると,集会入口ドア開け2姉妹入っました。それからステージ上がっ行っです」。ラリは,「そんなことありましが,この集会よっ宣教技術向上ました」と述べます。

霊的食物必要増大する

長年わたり,幾兄弟たち手動複写使っ自宅聖書文書複製ました。しかし,増大する出版必要応えるため,兄弟たち一般業者頼ん手ごろ値段雑誌印刷もらうことました。

ジョージア雑誌印刷原版ため新聞から切り取っ文字英語表紙貼り付け

兄弟たち機知働か印刷原版作製ました。翻訳ジョージア原稿英語レイアウト合わせ打ち込まました。兄弟たち英語雑誌から挿絵切り取って,タイプライター打っもの貼り付けました。最後魅力書体文字新聞から切り出し表紙貼り付けました。こう印刷する準備できました!

初期国内印刷ジョージア雑誌

パーソナルコンピューター利用できるようなると,2若い兄弟,レバニコパリアニレリミルザシビリそれ使うため講習出席ました。レリこう言います。「わたしたち経験ありませでしし,すべて順調だっわけありません。でも,エホバ助けおかげで,しばらくする雑誌入力組版できるようなりました」。

いろいろ障害ありましが,ジョージア全域会衆自国印刷4刷り雑誌受け取れるようなりました。それでも,増大ゆく必要追いつくこと難しくなります。しかしジョージアエホバは,ちょうどよいタイミング で,エホバ組織からある指導受けることなります。

ターニングポイント

1992ロシア,サンクトペテルブルク国際大会は,ジョージア兄弟たちドイツ支部から代表たち会う機会なりました。「翻訳作業通常どのよう行なう説明くれました。その仕事助けるため訪問することでした」とゲナディグダゼ言います。

ジョージア聖書文書印刷する簡単ことありません。この言語ユニーク文字用いおり,協会MEPS<メップス>(多言語電子出版システム)はまだジョージアアルファベットサポートませでした。それで,印刷写真製版ため,新しいフォントデザインなけれなりませでした。

1970年代終わりに,ジョージアダティカシビリ家族米国移住ました。その1マリーナ真理学びます。ブルックリンベテル兄弟たちジョージア文字作成手掛け時,MEPSそのアルファベット入力するマリーナ大いに助けなりました。まなくジョージア幾つパンフレットや「見よ! わたしすべてもの新しくする」の冊子ドイツ支部印刷れるようなりました。

翻訳組織するため助け

1993年,マイケルフレッケンシュタインシルビア翻訳事務設立するためドイツ支部からトビリシやっ ました。「わたしまだサンクトペテルブルク話し合っこと覚えました。18か月トビリシ着い時,翻訳チーム立派仕事進めいる驚きました」とマイケル言います。

トビリシ翻訳事務働くレリミルザシビリ,パアタモルビダゼ,レバニコパリアニ,1993

か月ほどうちに,11からなる時間翻訳たち小さなアパート設けられオフィス働いました。エホバ組織提供する貴重トレーニングおかげで,霊的安定会衆届くようなりました。

不穏時期霊的食物届ける

ソ連崩壊後,連邦構成共和いたるところ不安状況民族紛争生じました。ジョージア例外ありません。その結果,特に境界越えるよう旅行とても危険なりました。

ザザジクラシビリ兄弟アレコグブリティシビリ兄弟(それぞれ写っいる)は不穏時代文書運ん

199411ある日,アレコグブリティシビリ2兄弟境界通過ようました。その時,武装たちグループ止められ,外出さまし た。アレコこう語っます。「聖書文書彼ら怒り始め,わたしたち整列ました。殺すつもりようです。エホバ熱烈祈りました。約2時間後,1言いました。『お前たち文書持って,行っしまえ。もし戻ったら焼き,お前たちおしまいだ』」。

このよう危険あっかかわらず,兄弟たち霊的食物届け続けました。ジョージア聖書文書届けるため大きな犠牲払っザザジクラシビリ兄弟こう言います。「兄弟たち霊的食物必要いること知っました。愛するたち大きな支えなっくれました」。

「文書運ん兄弟たち多くは,家族持つでした」とアレコ言います。危険冒し運び続けるよう彼ら動かしものでしょか。アレコこう続けます。「それエホバ対する深い感謝です。そしてわたしたちは,愛する兄弟姉妹世話するで,エホバ方法倣いたかっです」。

兄弟たちこのよう自己犠牲精神おかげで,不穏時期文書供給途絶えることありませでした。その後,兄弟たちドイツジョージア安全ルート確立ました。

タイムリー霊的励まし

政治情勢安定1995年,証人たち初めて地域大会開催する準備ました。1996夏,ゴリ,マルネウリ,ツノリ3場所行なわ地域大会ジョージア各地から6000出席ました。

ゴリ近郊地域大会出席証人たち,1996

ゴリ近郊大会出席とっ特に思い出深いもの です。以前,記念ため借り講堂いっぱいなる心配比べるいう違いでしょう。このたび兄弟たち2000以上出席見込んましが,その収容できる場所見つけられませでした。それで,市内からそう遠くない美しいキャンプ屋外大会開催することました。

大会委員奉仕カコロミゼ兄弟こう記します。「プログラム後,兄弟姉妹たち過ごし歌い,温かい交わり楽しみました。それ強い結ばいることしるしでした」。―ヨハ 13:35

ある備え成長促す

1996旅行する監督国中すべて会衆1週間ずつ訪問する取り決め始まりました。そのため新た旅行する監督たち任命れ,それまで西ジョージアジョージア奉仕兄弟たち加わりました。

明らかに,これら旅行する監督たちの「愛労苦」と熱心奉仕は,会衆成長て,神権指示しっかり従う助けなりました。(テサ一 1:3)1990から1997かけ増加まさに目ざましいものでした。1990904奉仕活動報告ましが,わずか71万1082良いたより宣べ伝えです!

数十始まっ霊的成長は,今や国中広がっました。しかしエホバは,ジョージアいるご自分ためさらなる祝福用意おらました。