内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2017 エホバの証人の年鑑

フロケーブルカー証言

 ジョージア

「これはエホバの僕たちの世襲財産」イザ 54:17

「これはエホバの僕たちの世襲財産」イザ 54:17

ジョージアエホバたちたゆむことなく良いたより宣べ伝えおり,エホバその勤勉働き祝福こらました。それよって,良いたより隅々まで及んます。

標高2200ウシュグリ向かう奉仕たち

近年,熱心伝道開拓が,あまり伝道ない区域住む人々必要これまで以上注意向けます。 山岳地帯集落四輪駆動ケーブルカーなけれ行くことできない場所あります。

スバネティ地域奉仕

2009以降,ジョージア支部毎年それら地域宣べ伝える支援するため,未割り当て区域リストすべて会衆提供奉仕募っました。この活動参加するためは,大きな犠牲払う必要ありました。

テムリブリアゼアナ

テムリブリアゼアナ新婚でしが,山岳地帯アジャリア地域奉仕必要大きいこと知りました。新しい建てるためちょうど土地購入ところでしが,宣教拡大する機会開かです。

まず1間,アジャリア地域過ごしました。テムリ印象こう語ります。「地方奉仕たち小さな行くためたくさん歩います。わたしたち四駆持っましから,それ大いに役立つすぐ思いました」。

アナこう言います。「会衆親族とても強い結ばましから移動すること簡単ありませでした。でも,エホバ祝福感じました」。テムリアナアジャリア地域ケダ群れ3以上わたっ援助ました。

創意働か開拓たち

一時特別開拓働きは,遠隔奉仕助けるとても貴重ものなっました。割り当て終わるとき,多く開拓たちは,自分たち見いだし聖書研究援助続けるためその区域とどまりました。

どちらハツナいう2開拓姉妹は,絵よう美しいマングリシ割り当てられました。その証人ませでしが,姉妹たち奉仕とても産出でし た。最初9件,翌月12件,その翌月15件,さらに18聖書研究司会ました。これら聖書研究援助続けるために,2マングリシ留まることました。

生活やりくりする姉妹たち創意働かせる必要ありました。マングリシ訪れる多くは,特産健康良いされる松かさ保存食品喜びます。姉妹たち最初,緑松かさ集めその名産作り,地元市場売りました。しかしその後,思いがけない収入得ることなります。

ある日,聖書研究ひよこ持っました。めんどり場所こっそり産んひなたち連れ戻っ言うです。婦人この思いがけない収穫 研究司会プレゼントたい思いました。姉妹1育て経験あっで,小さな養鶏始めることました。

1姉妹こう記します。「エホバ助け兄弟たち聖書研究おかげマングリシ5留まることできました」。今,そこ活発兄弟姉妹たち群れあります。

マングリシ奉仕するハツナハレバシビリハツナツライア

外国開拓奉仕

近年,ジョージア大勢外国見かけます。多く開拓たち新た奉仕区域開かこと気づき,アゼルバイジャン語,アラビア語,英語,中国語,トルコ語,ペルシャなど学び始めました。

多く開拓たち国内外国群れ会衆交わっましが,必要さらに大きな外国行っます。隣移動時,ギオルギゲラ20でした。「わたしたちエホバ最善ものささげたかっです。移動することそのため絶好機会でした」とギオルギ言います。

そこ奉仕振り返っゲラこう言います。「そのよう区域長老奉仕することから多く学びました。エホバの『小さな羊』を助けるため用いいただける大きな喜びです」。―ヨハ 21:17

ギオルギこう加えます。「難しい問題たくさんありましが,わたしたち自分奉仕専念し,迷ったりませでした。やるべきことやっいる感じました」。

ゲラいう兄弟トルコ奉仕ました。思い出し こう語ります。「最初言語あっ喜び保てませでした。やがて,兄弟姉妹たち区域人々意思通うようなる楽しくしかたありませでした」。

トルコイスタンブール10以上開拓奉仕ニノ気持ちこのよう語っます。「わたしは,移動最初からエホバ助け感じました。外国開拓奉仕は『年鑑』レベル経験毎日よう楽しむことできます」。