内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2017 エホバの証人の年鑑

ジョージア

ジョージア

ジョージア(グルジア)で王国音信広がりは,隠さパン種関するイエス例えよく言い表わさます。(マタ 13:33)パン種同様,霊的成長初めうち,はっきり見えませでしが,王国音信やがて広くゆきわたり,多く人々生き方変化もたらしました。

ジョージアが「順調時期難しい時期も」示し愛,信仰,忠節,進取気性,勇気つい活気満ち励みある物語お読みください。―テモ二 4:2

このセクションの内容

ジョージアの概要

黒海に面しているこの国の地理,住民,習慣,特徴ある言語についての簡単な要約です。

早い時期に真理を求めた人たち

他の場所で聖書の真理を学んだ感謝に満ちた人々が,ジョージアに来て王国の音信を広めました。

集会は信仰の成長を助ける

クリスチャンの集会とジョージア語の出版物は,どのように将来の成長の土台となったのでしょうか。

生き方を変えたいと思っていました

徴兵期間を終えた後,ダビット・サムハラゼは自分を改める力を祈り求めました。その次の日にエホバの証人に出会いました。

導きを求めてエホバに頼りました

タマジ・ビブライアは新たな町に移動する前に神の助けを求め,実際に助けられました。

「神にとってはすべてのことが可能です」

仲間の証人たちがジョージア語の聖書文書を印刷するのを助けた際,ナテラ・グリゴリアディスは不可能と思える状況に直面しました。

ジョージア語の聖書

古代ジョージア語の写本は,西暦5世紀中ごろないしそれ以前のものとみなされています。

「神がそれをずっと成長させてくださった」コリ一 3:6

ジョージアの独立後,エホバの証人は驚くべき成長の時期を経験しました。

思いやりのある牧者による訓練

共産主義政権の崩壊後,どのようにして証人たちは会衆,集会,大会,聖書文書の翻訳を組織したのでしょうか。

夫は読むことに夢中でした!

バドリ・コパリアニは新しい聖書を読むことに夢中になり,仕事を数日休んで読み通しました。

今までどこに行っていたの?

バプテスマを受けて1年もたたないうちにアルトゥル・ゲレヘリアは,王国伝道者の必要の大きな所へ移動しました。

人生はうまくいっていると感じていました

マドナ・カンキアは,かつては名の知られた共産党員でしたが,新たな人生を歩むことに決めました。

真のクリスチャン愛は決して絶えない

紛争の間,イゴル・オチガバとギゾ・ナルマニアは仲間の証人たちと他の人たちを物質的にも霊的にも助けました。

聖書の答えを自分の目で見た

エホバの証人に懐疑的だったペポ・デビゼは,母親に言われたとおり「証人たちが何を教えているのか,自分で見て」くることにしました。

祝福が「順調な時期にも難しい時期にも」テモ二 4:2

伝道者の人数は急激に増加したものの,思いもよらないところから反対の波が生じます。

脅しを受けてもエホバへの奉仕をやめない

一般の人々はジョージアのエホバの証人に対する暴力的な反対にどう反応したでしょうか。

「これはエホバの僕たちの世襲財産」イザ 54:17

神権的な活動を拡大するために努力を払った奉仕者はエホバの祝福を味わいました。

偉大な創造者を忘れなかった

ジョージアの開拓者の3分の1は25歳以下です。

クルド人が真理にこたえ応じる

神を恐れる人々は自分の言語で真理の音信を聞いて喜びました。

愛は人間が作った境界を越える

2人の祖母は仲間からの兄弟愛を実際に経験しました。