内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

ブラジル: バルディラが,携帯電話使って,ろうそく明かり研究いる

 全地  宣べ伝え  教える

南北アメリカ

南北アメリカ
  •   地域 57

  • 人口 9億8250万1976 

  • 伝道 者 410万2272 

  • 聖書 研究 434万5532 

野外   キャンドルライト 研究

ブラジル  辺ぴ  区域  奉仕   いる 特別 開拓   夫婦 は,13    聖書 研究      バルディラ  いう 女性  こと  知り まし た。それで,土 ぼこり  舞い上がる   行き,川  渡る 危険     冒し て,バルディラ  探し当て まし た。この 女性 は,研究  ぜひ 再開  たい  思っ   まし た。しかし,僻地  住ん     で,特別  取り決め  設ける 必要  あり  まし た。バルディラ  携帯 電話  持っ   まし  が,自宅 から 遠く 離れ  野外  しか 電波  受信 でき ませ  でし た。しかも,夜  9  以降  なけれ  研究 でき ませ ん。想像     ください。うら若い 女性  夜中  たっ  1  で,携帯 電話  片手 に,ろうそく  明かり  聖書 研究    いる  です。

バルディラ は,日曜   集会  電話  聴い   ます。聖書 と「ものみの塔」誌      抱え  野外  行き,耳  傾ける  です。雨  降っ  いる   は,傘  持っ  行き ます。

3   は,特別 集会  出席 する ため 最寄り  王国 会館 まで  96   道のり  行き まし た。そして,その 集会  発表    ポルトガル 語「新 世界 訳」の 改訂   受け取っ  大喜び  まし た。聖書 研究  ため  払っ  いる 努力  褒め られる と,「全然,大変  こと じゃ あり ませ ん」と 言い まし た。

「いつか    くれる  思っ    よ」

ユクパ  は,コロンビア  住む アメリカ 先住  です。特別 開拓   フランク は,その 居住   行く  に,首長 ホン  ハイロ  つい  警告   まし た。それ 以前  幾つ   福音  グループ が,そこで 伝道  よう   て,ホン  追い払わ   こと  ある から です。ある  など ホン は,福音   牧師  十分     徴収      で,銃    向け     発砲  まし た。それで,牧師  一目散  逃げ去っ   です。

コロンビア: 特別 開拓   フランク が,ユクパ    たち   聖書 研究  司会   いる

フランク  こう 語っ   ます。「そこ  着い  時,最初    聴い  くれ   は,なんと ホン  ハイロ   でし た。『聖書  実際    教え   ます 』の   見せる と,彼女  すぐ に,『これ よ! この 宗教  入り たかっ  の』と 言っ て,父親  もと   走っ  行き,わたしたち  到着  知らせ まし た。それで,すぐ ホン  呼ば れ,恐る恐る 対面  まし た。ホン は,こちら    言わ ない うち に,こう 言い まし た。『あなたたち  宗教  本物   思う。8    ベセミル   ごみ捨て  で,先 ほど   もらっ    同じ   見つけ て,それ  読ん  から  いう もの,あなたたち  待っ     だ。いつか    くれる  思っ    よ。聖書  わたし  家族 に,そして ここ   たち  教え  くれ ない か。どの     歓迎  よ』。

「それ  聞い て,涙  あふれ まし た。わたしたち  証言  居住   住民 すべて    傾け,ホン  ハイロ  地元  言語  通訳   くれ まし た。わたしたち  そこ  去る 時,ホン は,荷物   運ぶ ため  ロバ  貸し  くれ まし た。わたしたち  現在,聖書 研究  47  司会   おり,ホン  ハイロ  その   はじめ,ユクパ   様々  居住   120   学ん   ます」。

迫害   改心 する

エクアドル  住む ホセ は,熱心  カトリック 教徒 でし た。こう 書い   ます。「わたし  エホバ  証人    嫌い で,10   わたっ  迫害    まし た。暴徒  駆り集め,証人 たち  暴力  振るい,彼ら  泥棒 呼ばわり   もの です。さらに 警察   は,証人 たち  監房  自分    南京   掛け させ  くれ,と 食い下がっ たり   まし た。また,ある エホバ  証人    破壊    こと  あれ ば,証人 たち  オートバイ  谷底  投げ落とし  こと  あり ます。

「その 後,2010   わたし   インフルエンザ  かかっ  しまい,医師 から,『アンデス  高地  ある    て,海岸 地方  暖かい   療養  なさい』と 言わ  まし た。それで,海  近く  住む 親戚  小さな 農場  行き,結局  自分 独り  農場  管理 する こと  なり まし た。独りぼっち だっ   で,だれ   話し たく  たまり ませ  でし た。そこ へ,やっ     が,なんと エホバ  証人 でし た。わたし  ただ 寂しさ  紛らわす ため  会話  交わし   です が,聖書  使う 彼ら  巧み   びっくり  まし た。そして,好奇  から 聖書 研究  勧め  応じ,6 か月   初めて 集会  出席  まし た。わたし は,そこで 示さ   親切    こもっ  関心  深い 感銘  受け,『もしか  たら この  たち こそ   本当     ない だろ  か』と 考え まし た。そう   進歩 し,ついに 2014  4 月,バプテスマ  受け まし た。

「わたし  証人 たち  迫害   こと  自責    抱い   まし  が,エホバ は,幾らか 償い  する 機会  与え  ください まし た。2014  10  4   行なわ   巡回 大会  インタビュー  受け,『かつて 迫害   相手  謝る こと  できる なら,だれ  そう  たい です か』と 尋ね られ まし た。わたし  即座 に,『エドムンド  いう 兄弟  謝り たい  です が,どう すれ  探し出せる  見当  つき ませ ん』と 答え まし た。巡回 監督 は,わたし  知ら ない うち に,当人  ステージ   控え させ   まし た。聴衆 は,エドムンド  わたし  抱き合い,ステージ     挙げ  泣く    て,涙  こぼし まし た」。

「証人 たち  わたし  見つけ  くれ ます よう に」

パラグアイ: ある 女性  姉妹 たち に,「エホバ  証人 です か」と 尋ね 

パラグアイ  アスンシオン   こと,真昼  焼け付く よう  日差し   で,野外 奉仕      姉妹 たち  グループ は,割り当て  られ  区域  奉仕  終え   です が,もう 少し 頑張っ て,近く       伝道 する こと   まし た。証人 たち  1  が,「もしか  たら 祈っ  いる   いる   しれ ない」と 言い まし た。姉妹 たち       で,若い 女性 から 笑顔  あいさつ  れ,「エホバ  証人 です か」と 尋ね られ まし た。その   ボリビア  聖書 研究     まし  が,仕事  関係  1 か月   パラグアイ  引っ越し   た,と  こと です。この 辺り   エホバ  証人  どこ  いる   だれ  知ら なかっ  ため,「どうか エホバ,証人 たち  わたし  見つけ  くれ ます よう に」と 祈っ   です。すると,その   姉妹 たち  訪ね   て,聖書 研究  取り決まり まし た。