アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

英国: 国際大会出席する代表たち兄弟姉妹温かく歓迎いる

 全地  宣べ伝え  教える

ヨーロッパ

ヨーロッパ
  •   地域 47

  • 人口 7億4342万1605 

  • 伝道 者 161万4244 

  • 聖書 研究 84万2091 

勘違い  聖書 研究  始まる

英国  ロンドン  開か   国際 大会 は,外国 から  代表   とっ   地元  エホバ  証人  とっ  も,胸  躍る よう  イベント でし た。アンドリュー    エリザベス は,外国 から  代表  たち  あいさつ  よう と,ロンドン  ある ホテル  行き まし た。エリザベス は,ロビー    身なり  良い 女性  大会 出席    思い,温かく 抱き締め  あいさつ  まし た。ところが, その 女性  驚い  よう  反応  示し   で,エリザベス  謝り,「ごめんなさい。代表      思っ  もの です から」と 言い まし た。

「代表   て,何 の?」と,その 女性  言い まし た。

エリザベス が,フロント  掲げ られ   た,エホバ  証人  歓迎 する サイン  指差し  ところ,意外 な,そして うれしい 反応  返っ   まし た。その 女性 は,こう 言っ   です。「まあ! 素敵  わ。わたし  お仲間  見え  の?」

そして 会話  始まり,エリザベス は,その 女性  名前  ビビエン  いい,ナイジェリア 出身  あり,自分 たち   から ほんの      住ん  いる こと  知り まし た。ビビエン  聖書 研究  勧め  応じ,自分  子ども たち  参加   たい  思い まし た。その  アンドリュー  エリザベス  ビビエン  連絡  取っ  その   行く と,今度  自分 たち  歓迎  れ,温かく 抱き締め られ まし た。きっと ロンドン  都心   偶然  出会い  ビビエン  良い 印象  与え     でしょ う。アンドリュー  エリザベス が『聖書  教え』の   見せ  ところ,ビビエン  その   すでに 持っ    子ども 4   一緒  読ん  いる  言っ   で,2   びっくり  まし た。ビビエン は,それ  無料  家庭 聖書 研究  ため    ある  聞く と,声  弾ま  て,「じゃあ,早速 始め ましょ  よ」と 言い まし た。

ロマ   兄弟 から  手紙

2014  11 月,スロバキア  最初  ロマニー  会衆  設立   まし た。最近  巡回 大会  は,ロマニー   話す 伝道  21    バプテスマ  受け まし た。全員,同じ   出身  です。記念   時,ロマニー  会衆  出席    495  でし た。バプテスマ  受け  ばかり  ある 兄弟    よう  書い   ます。

スロバキア: 王国 伝道  2   喜び  抱い  ロマ   女性  良い たより  伝え  いる

「わたし は,スロバキア  ゼーラ 出身  ロマ  です。村  白人  多く は,わたしたち  ジプシー   なし,不潔 で,うそ  つい たり 盗み  働い たり する   考え   ます。わたし は,教会  行こ     時,守衛 から,『ここ  お前  来る  じゃ ない。とっと  帰れ』と 言わ  まし た。そういう 経験   たら 白人  対し  どんな 見方  する よう  なる か,ご想像 いただける でしょ う。その 後,エホバ  証人  王国 会館  招い  くれ まし た。わたし  それ  応じ まし  が,強い 疑念  抱き,どうせ また 失望   られる だろ   思っ   まし た。ところが,王国 会館  入る  から,白人  男性  握手  求め られ,温かく 歓迎     で,びっくり  まし た。講演      でし た。『皆 どうして こんな  親切    くれる  だろ う』と 考え  ばかり   から です。

その    は,王国 会館  経験     つい  考え続け,一睡  でき ませ  でし た。それで,あの 親切  1  限り  もの    どう  確かめる ため に,もう 一度 行っ  みる こと   まし た。すると 今回 は,皆  最初 より  親切 で,古く から  友人  よう  接し  くれ まし た。それ から  いう もの 集会  一度  欠かさ ず,最終   バプテスマ  受け まし た。バプテスマ  受け  から も,兄弟 たち  変わら  親切 で,わたし  大切    くれ ます。自分 たち  食べる  より  良い   くださる こと さえ あり ます。わたし    この 組織  一員  あり たい  思っ   ます。エホバ こそ,永遠  お仕え  たい  です」。

良い たより  知らせ たい  いう 祈り  聞き届け られ 

アゼルバイジャン  アイセル  いう 姉妹 は,ガンジャ  いう   から バス  バクー  いう 都市  向かっ   まし た。姉妹 は,道中  だれ   聖書  つい    たい  思い,エホバ  祈り まし た。すると,座席  決まっ     に,ある 女性 から「ぜひ わたし    座っ て」と 言わ  まし た。アイセル は,その 女性  話し 始め,やがて 聖書  話題  する こと  でき まし た。女性  イエス  敬愛    て,もっと 知り たい   こと だっ   で,電話 番号  交換 し,もう 一度 会う 約束   まし た。その 女性  アイセル に,できれ  聖書  1  持っ    ほしい,と 言い まし た。

アイセル が,ガンジャ  戻っ  後,関心  ある その 女性  職場  訪ね  みる と,その 女性 は“お祈り  本”を 持っ    毎日 読ん  いる  言い まし た。驚い  こと に,実  その“お祈り  本”と は,2013  の「日 ごと  聖書  調べる」の 小冊子 だっ   です。こう  て,聖書 研究  始まり,アイセル は,非 公式  証言  する 勇気  エホバ  与え  くださっ  こと  喜び まし た。

受刑  から  感謝 

スペイン から    よう  手紙  寄せ られ   ます。

「わたし  まず,皆さん  あらゆる   聖書  音信  伝える よう 努力   おら れる こと  感謝  ます。

「わたし  初めて エホバ  証人  接し   は,15  前,アルバニア  首都 ティラナ   こと です。わたし は,ある 証人  勇敢   わたしたち  近づい    こと  驚き まし た。わたしたち  若者 10  から 成る ギャング だっ  から です。あえて 話しかけ  くる    ませ  でし  が,その 兄弟 は,わたしたち  凶器  持っ      かかわら ず,恐れる こと なく,聖書  つい  話そ      です。わたし  その 勇気  深い 感銘  受け まし た。

「ここ スペイン  わたし  刑務   入れ られ   ます が,4        証人  やっ   て,聖書 研究  勧め  くれ まし た。わたし  その 勧め  応じ,それ 以来,良い 変化  遂げ   まし た。もう 暴力    攻撃    なく,ここ    問題  起こし   ませ ん。エホバ  知り,目的  持っ  生きる よう  なり まし た。周り   たち  平和  やっ  ゆく よう  努め,バプテスマ  受け   ない 伝道     1  余り 奉仕    ます。

「収監    12   なり ます が,ここ 4   は,かつて ない 幸福     平安  経験    まし た。その こと  毎日 エホバ  感謝    ます。

「数   前,jw.org  幾つ   ビデオ   まし た。米国  刑務   服役     ある 兄弟  関する ビデオ  は,本当  感動  まし た。わたし    もろい ほう   あり ませ  が,その 兄弟  遂げ  変化     は,涙  こらえる こと  でき ませ  でし た。

「皆さん は,良い たより  非常  多く  言語  翻訳 する こと  より,また 刑務   収監    いる わたしたち  もと  訪ね  来る こと  より,あらゆる   音信  伝え よう    おら  ます。 どうか エホバ が,常  その 努力  祝福   ください ます よう に。

「深い 感謝  気持ち  こめ て」。

「ついに   安らぎ   まし た」

スウェーデン  住む 68   女性 フェリシティ は,「心  安らぎ  絶え  求め     に,なかなか  られ なかっ   で,いつも 人生  むなしさ  感じ,目的  なく 日々  送っ   まし た」と 言い ます。この 女性 は,カトリック  信条  納得 でき ず,様々  宗教 思想  調べ 始め,結局  魔術  占い  のめり込む よう  なり まし た。

しかし,人生    意味  分から ず,失意  あまり,命  絶と    考え まし た。こう 語っ   ます。「涙  ほほ  伝っ  流れる まま,大きな     呼びかけ,『教え  ください。わたし  どう する こと  お望み です か』と 尋ね まし た。すると 2   後,我    ドア  だれ   優しく ノック する    て,応対    みる と,若い 男性  笑顔 で,『神  言葉  聴く こと  関心  あり ます か』と 言い まし た。わたし     で,『神様,違う  です。エホバ  証人  お願い      あり ませ ん』と 叫び まし た」。

それでも 今回 は,すぐ  ドア  閉め たり  ない で,耳  傾ける こと  し,『聖書  教え』の   聖書 研究  する こと   同意  まし た。フェリシティ は,「聖書  つい  見方  変わり まし た」と 言っ   ます。フェリシティ は,2014   スウェーデン   地区 大会  バプテスマ  受け まし た。今  は,こう 述べ   ます。「これ こそ,今 まで ずっ  求め    もの です。ついに   安らぎ   まし た」。