内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

ラッセル兄弟仲間うちに,勤勉巡礼たち

百年前の年 1916

百年前の年 1916

1916   初め,後     世界 大戦    知ら れる よう  なっ た“大 戦争”の  は,すでに 1  余り 吹き荒れ  おり,どちら  陣営   死者  激増    まし た。

「ものみの塔」誌(英語)1916  1  1   は,「人々    は,ヨーロッパ  おける  戦争  影響  受け て,宗教  対する 思い  将来  生活  対する 考え  変える   いる こと だろ う」と 述べ,さらに,「我々 は,与え られ  いる 特権  機会  目ざとく あっ て,恐れる こと なく,神  その 音信  対する 熱心   示し  ゆこ う」と  述べ まし た。

1916   年句 は,「ジェームズ  欽定 訳」の ローマ 4  20   基づく もの で,兄弟 たち に,「信仰  おい  強さ」を 保つ よう 勧め まし た。聖書 研究  たち  多く は,その 勧め どおり    エホバ から  豊か  祝福  受け まし た。

巡礼  たち  励まし  与え 

巡礼     知ら  た,ものみの塔 協会  代表  たち が,町 から    旅行   聖書 研究  たち  励まし  諭し  与え まし た。 1916    少なく   69   その   携わり,合計  80万      まし た。

巡礼   あっ  ウォルター  ソーン は,米国 バージニア  ノーフォーク  おける 大会  行なっ     で,クリスチャン  戦い を“大 戦争”に なぞらえ て,こう 語り まし た。「目下,兵役  就い  いる 男性   は,2000万 ない  3000万  推定   ます。……それ    の,世  知ら     ない[兵士 の]一団  存在  ます。それ    兵士  あり,彼ら も,ギデオン  部隊  同じ よう  戦っ   ます。と  いえ,肉的  武器  取っ  戦っ  いる    あり ませ ん。真理    ため  戦っ  おり,信仰  立派  戦い    いる  です」。

戦時   苦難   めげ  奉仕 する

フランス  は,1916  後半   1 次“ソンム  戦い”で 死傷   100万   上回り まし た。フランス    地域  は,勤勉  兄弟 たち  戦時   苦難   めげ ず,各地  クラス つまり 会衆  支え   まし た。「ものみの塔」誌(英語)1916  1  15    は,聖書 研究   ジョゼフ  ルフェーブル  手紙  掲載     ます。この  は,1914   ドイツ   フランス  侵攻     時,郷里  ドナン から 逃げ ざる   ず,南  パリ  行き まし た。その 後,パリ  1  しか なかっ  聖書 研究   クラス  交わり 始め ます。そして,病弱 だっ    かかわら ず,やがて すべて  集会  司会  行なう よう  なり まし た。

 に,ジョゼフ  テオフィル  ルキーム  加わり まし た。ルキーム 兄弟  ドナン から 逃げ     です。最初  フランス   オシェル  行き,そこで「ものみの塔」誌  一部  翻訳   フランス   占領 地域  兄弟 たち  郵送  始め まし た。しかし,その 活動  疑念  募ら    当局  よっ  オシェル  退去   られ   です。ルフェーブル 兄弟 は,ルキーム 兄弟  パリ  やっ    こと で,自分  祈り  聞き届け られ   感じ まし た。

パリ   2   働き  報わ  まし た。ルフェーブル 兄弟  こう 報告    ます。「ここ  は,今や  45  から 成る クラス  あり ます。……多く    聖別  麗しさ  特権  知っ  おり,霊的    長足  進歩  遂げ つつ あり ます。毎週  証言  集会(経験  語り合う 集会)に,ほぼ 全員  出席    ます」。

中立  保っ 

戦争  続く  つれ,兄弟 たち  多く  中立  問題  直面  まし た。英国   兵役   可決  れ,18  から 40  まで  男子 すべて  兵役 義務  課さ れる こと  なり まし た。しかし 聖書 研究   多く は,中立  立場  貫き まし た。

例えば,「ものみの塔」誌(英語)1916  4  15   に,スコットランド  W  O  ウォーデン  手紙  載せ られ   ます。彼  こう 述べ まし た。「息子  1   今や 19   なり まし た。これ まで 軍務  拒む こと  より   つい  良い 証言     まし た。それで,今後  拒否 すれ  銃殺   なる    も,私 は,息子    恩寵  より 真理    原則  固く 従う もの  信じ   ます」。

 スコットランド  エディンバラ 出身  若い 聖書 文書 頒布  ジェームズ  フレデリック  スコット は,徴兵  応じ なかっ  ため,裁判  かけ られ まし た。ところ  裁判  は,証拠 すべて  つい  審問   後,結論   て,スコット 兄弟 を「法律  設け られ  いる 例外  当たる」ゆえに,有罪   ない   まし た。

  いえ,他  多く  兄弟 たち  兵役 免除  拒否   まし た。「ものみの塔」誌(英語)1916  10  15    載せ られ  報告  よれ ば,9  まで に,免除  申請     264   うち 23    戦闘 任務  割り当て られ,他  兄弟 たち  道路 建設  採石 作業 など「国家  とっ  重要  仕事」を 課さ  まし た。中  は「様々    受け た」兄弟 たち   まし た。兵役  免除      5  だけ でし た。

チャールズ  テイズ  ラッセル  亡くなる

1916  10  16 日,当時 64  で,聖書 研究  たち  指導    当たっ    チャールズ  テイズ  ラッセル は,米国 西部   講演 旅行  出発  まし た。しかし,帰宅 する こと  あり ませ  でし た。10  31 日,火曜   昼過ぎ,テキサス  パンパ  列車    亡くなっ   です。

兄弟 たち  多く  とっ て,ラッセル 兄弟  後任  だれ  務める  か,想像  つき ませ  でし た。「ものみの塔」誌(英語)1916  12  1    掲載   た,兄弟  遺言  は,長年 指導     仕事  関する 遺志  大まか  記さ    まし た。それでも,その 仕事  だれ  引き継ぐ  か,と いう 疑問  残り まし た。

その 疑問 は,1917   初め  予定     た,ペンシルバニア   ものみの塔 聖書 冊子 協会  年次 総会  解決  れる こと  なっ   まし た。その 日,出席  たち  投票  行ない,全員 一致  結論   まし た。ところが,何 か月  たた ない うち に,その 一致      もの  ある こと  明らか  なり まし た。兄弟 たち  前途  は,火  よう  試練  幾つ  待ち受け     です。