内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

 インドネシア

宣教者たちがさらに到着する

宣教者たちがさらに到着する

1964  7  9 日,インドネシア 法務  は,エホバ  証人  法人    用い    聖書 研究  協会  公式  登録  まし た。しかし,宗教  自由  全面   得る  当たり,宗教   登録 する 必要  あり まし た。宗教   諮問 機関  キリスト  社会 指導  で,そこ   エホバ  証人  長く 反対     強硬   プロテスタント 信者  配属     まし た。

ある 日,一   兄弟  政府 高官  会い まし た。それ  宗教   大臣  緊密  働い  いる  でし た。兄弟  その 高官  同じ   出身  ある こと  気づき,土地  方言     大いに 盛り上がり  ます。兄弟 は,エホバ  証人  キリスト  社会 指導   難しい 状況  ある こと  話し まし た。すると 高官 は,3   兄弟 たち  宗教   大臣  直接 会える よう 取り計らっ  くれ まし た。大臣  イスラム 教徒 で,気さく  親切   でし た。1968  5  11 日,大臣  エホバ  証人  宗教    認可 し,インドネシア  活動 する 権利  ある こと  認める  公式  発表  まし た。

その 高官 は,外国  エホバ  証人  宣教  ビザ  取得 する   キリスト  社会 指導   介さ   済む よう 尽力   くれ まし た。偏り  ない 見方  する この 役人  おかげ で,その     間,64   宣教   インドネシア  ビザ  取得 でき まし た。

1968  まで に,約 300   宣教   特別 開拓 者,また 1200   超える 伝道  が,インドネシア  隅々  まで 良い 知らせ  伝え   まし た。宣教  たち  地元  兄弟 姉妹  貴重  訓練  施し まし た。その 結果,奉仕  たち  霊的  早く 進歩  ます。そう   訓練  まさに ふさわしい   与え られ まし た。迫害    すぐ そこ まで 迫っ    から です。

聖職  たち  の“クリスマスプレゼント”

1974 年,キリスト  社会 指導  は,エホバ  証人  活動  禁止 する ため 長年 行なっ    運動  再開  ます。キリスト  社会 指導   事務 局長 は,法務    地方 事務   手紙  送り,エホバ  証人  法的  認可  受け   ない  偽り  主張   まし た。さらに,地元  役人 たち に,証人 たち  迫害 する ため なら どんな 口実   使う よう 指示  まし た。役人  大半  その 指示  無視  まし  が,一部  役人  集会   から   伝道  禁止 する 機会  伺う よう  なり まし た。

エホバ  証人  禁令  報じる 1976  12  24    新聞 記事

同じ ころ,世界 教会 協議会  ジャカルタ  国際 会議  開催 する  計画  立て   まし  が,地元  イスラム 教徒 たち  この 動き  挑発  かつ 攻撃   ある  みなし まし た。宗教   緊張  高まっ  ため,世界 教会 協議会  会議  中止  ます。しかし,キリスト    改宗 行為  大きな 議論  なっ     で,多く  政治   神経  とがらせ   まし た。予想 通り,聖職  たち  エホバ  証人  伝道 活動  声高  非難 し,証人 たち  攻撃  矛先  向け よう   まし た。その せい  さらに 多く  役人  エホバ  証人  否定   見方  持つ よう  なり まし た。

1975  12 月,宗教   緊張  続く 中,インドネシア  ポルトガル  植民  だっ   ティモール  侵攻  まし た。7 か月 後,東 ティモール  インドネシア  併合  れ,国中  愛国   感情  高まり ます。兄弟 たち  政治   中立  立場  取り,軍務  就く こと  国旗  敬礼 する こと  拒ん  ため,軍  高官 たち  怒り  買い ます。(マタ 4:10。ヨハ 18:36)聖職  たち  ここぞ  ばかり に,エホバ  証人  活動  とどめ  刺す ため,政府  行動  起こす よう 強く 迫り まし た。ついに,1976  12  中旬,聖職  たち は“クリスマスプレゼント”を もらい ます。政府  エホバ  証人  対する 禁令  発表    です。