内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

禁令大会,一部聴いいる

 インドネシア

前進することを決意する

前進することを決意する

禁令  つい  知っ  兄弟 たち  行動  起こし ます。ロナルド  ジャッカ  こう 語っ   ます。「わたしたち  内密  記録  在庫 文書  支部  資金 を,ジャカルタ 各地  ある 安全  場所  運び まし た。それ から 支部  秘密  場所  移し,以前  支部  建物  目立た ない よう  売却  まし た」。

地元  兄弟 たち  大半  恐れ   活動  続け まし た。禁令  始まる  から 厳しい 試練  耐え     で,引き続き エホバ  信頼  まし た。しかし,禁令  よっ  不意  突か      ます。幾    長老 たち  恐れ  負け,伝道  やめる こと  同意 する 書類  サイン   しまい ます。会衆  成員  名前  明かし  しまっ     まし た。支部  円熟   兄弟 たち  派遣 し,会衆  強め,妥協     援助  まし た。統治   成員  ある ジョン  ブース  インドネシア  やっ   て,父親  よう  アドバイス  与え まし た。それ  兄弟 たち  大いに 必要      もの でし た。

エホバ  偉大  牧者   て,ご自分    強め元気づけ  おら   こと  明らか でし た。(エゼ 34:15)長老 たち  霊的  指導    一層 よく 果たす よう  なり,伝道  たち  新た  思慮深い 方法  伝道  行なう よう  なり まし た。(マタ 10:16)多く  兄弟 たち  インドネシア 聖書 協会 から 手ごろ  価格  現代  聖書  購入 し,それ  伝道  用い まし た。可能   思う とき   巧み  仕方  王国  音信  伝え   です。わたしたち  出版  から 発行  ページ  取り除き,関心  ある   渡し  伝道     ます。大勢  開拓  たち  訪問 販売  ふり   ながら 伝道  続け まし た。それ は,ちょうど 日本  占領   兄弟 姉妹 たち  用い    同様  方法 でし た。

ノルベルト  ハウスラー    マルガレーテ

1977 年,宗教     攻撃  仕掛け ます。エホバ  証人  宣教   ビザ  更新  よう     に,それ  拒否    です。宣教   大半      割り当て られ まし た。 * スラウェシ  メナド    マルガレーテ    奉仕     ノルベルト  ハウスラー  こう 述べ ます。「何百    兄弟 姉妹  空港 まで 見送り    ください まし た。飛行   タラップ  向かっ  歩い  いる  時,立ち止まっ  振り返っ   です。皆    振っ      よう  見え ます。『ありがとう! 今 まで   くれ  ありがとう』と いう みんな    駐機   響き まし た。飛行   乗り込ん  わたしたち は,涙  止まり ませ  でし た」。

スンバ    非道  仕打ち

禁令  知らせ  インドネシア  島々  広まる と,インドネシア  教会 コミュニオン  自分 たち  成員 に,エホバ  証人  活動  気づい  なら どんな こと   当局  知らせる よう 強く 勧め まし た。それ  きっかけ  なり,多く  島々  逮捕  尋問    吹き荒れ まし た。

スンバ   ワインガプ  は,軍  地域 司令   23   兄弟 たち  地元  軍事 キャンプ  呼び出し,信仰  否認 する 宣言   サイン する よう 迫り まし た。兄弟 たち  それ  拒否 する と,司令  は,一度 帰っ  明日 もう 一度 キャンプ  来る よう 命じ まし た。徒歩  往復 14   道のり です。

    早朝,兄弟 たち  司令   もと  出頭 する と,1  ずつ   進み出  宣言   サイン する よう 命じ られ まし た。1   進み出  サイン する こと  拒否 する と,兵士 たち  その 兄弟  とげ だらけ    打ちたたき ます。兵士 たち  逆上 し,ある 兄弟 たち  気絶 する まで 殴打  まし た。その 間,他  兄弟 たち  自分    来る   待っ   まし た。ついに,モネ  ケリー  いう 1   若い 兄弟  進み出 て,宣言   サイン   まし た。兄弟 たち  がっかり  ます。ところ  司令   怒り狂い まし た。モネ は,「わたし  永遠  エホバ  証人  あり 続ける 決意 です」と 書い   です。モネ  殴打  れ,傷 だらけ  なり,最後   病院  担ぎ込ま  まし  が,霊的  打ち倒さ れる こと  あり ませ  でし た。

 司令   11    わたっ  兄弟 たち  忠誠  打ち砕こ   躍起  なり まし た。熱帯  強い 日差し  照りつける 中,一日  立っ  いる よう 命じ たり,何 キロ  四つんばい  歩か  たり,重い 荷物  背負っ  長い 距離  走ら  たり  まし た。銃剣  のど  突き付け,国旗  敬礼 する よう 命じ  も,兄弟 たち  それ  拒み まし た。その ため 司令   兄弟 たち  もっと 殴打 する よう 命じ まし た。

兄弟 たち  毎朝,今日  どんな 拷問  遭う  だろ    考え ながら 重い 足取り  キャンプ  向かい まし た。道中,一緒  祈り,忠実  保てる よう 励まし合い まし た。そして 毎晩,あざ  でき 血まみれ  状態    引きずり ながら   帰り まし  が,エホバ   忠実  保て  こと  喜び まし た。

支部  兄弟 たち   人道   扱い  受け  いる こと  知る と,直ちに ワインガプ   司令   ティモール  地方  司令 官,バリ   地区  司令   ジャカルタ  最高  司令 官,また   政府  主要 機関 宛て  抗議  電報  送り まし た。ワインガプ   司令   インドネシア   自分  卑劣  行為  暴露    きまり悪く 思い,兄弟 たち   迫害  やめ まし た。

「エホバ  証人    よう だ」

続く    間,インドネシア  エホバ  証人  うち 数えきれ ない ほど    留置  尋問  暴行  経験  まし た。宣教   ビル  ペリー  こう 述べ ます。「ある 地域  は,多く  兄弟 たち  前歯  折ら  まし た。それ  まだ 前歯  残っ  いる 兄弟  会う   冗談 めかし て,『真理  新しい  です か。それ   妥協    です か』と 言っ  そう です。兄弟 たち  迫害    も,エホバ  仕える 喜び  熱意  決して 失い ませ  でし た」。

「投獄  経験  て,エホバ  もっと 頼る こと  学び まし た。実  ところ,その おかげ  わたし  霊的  強く なり まし た」

13    に,93   証人 たち  2 か月 から 4   わたる 懲役   言い渡さ  まし た。こう   虐待  受け  も,エホバ   忠実  保つ  いう 兄弟 たち  決意  強まる ばかり でし た。ムサ  ラデ  8 か月  刑期  終え  後,自分    地域  戻り,伝道  続ける よう   励まし まし た。こう 語り ます。「投獄  経験  て,エホバ  もっと 頼る こと  学び まし た。実  ところ,その おかげ  わたし  霊的  強く なり まし た」。兄弟 たち      ある  たち  こう 言っ    不思議   あり ませ ん。「エホバ  証人    よう だ。打て  打つ ほど 不動  なる」。

マルク   アンボン   伝道  向かっ  いる 伝道  たち

^ 1節 長年 宣教     奉仕     ピーター  ボンデルハーケン  レン  デービス  60   過ぎ  おり,マリアン  タンブナン(旧姓 ストゥーバ)は インドネシア   結婚     ため,インドネシア  とどまる こと  許さ  まし た。これら 3   兄弟 姉妹  禁令    ずっ  霊的  活発 で,産出   奉仕  行ない まし た。