内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

 インドネシア

勇敢な開拓者

アンドレ  エリアス

勇敢な開拓者
  • 生ま   1915 

  • バプテスマ 1940 

  • プロフィール 繰り返し 尋問  脅迫  受け   堅く 立っ  勇敢  開拓 者。

   世界 大戦 中,エリアス 兄弟    ジョセフィン  西 ジャワ  スカブミ で,恐れ られ    日本  憲兵   本部  呼び出さ  まし た。まず アンドレ  尋問  れ,矢継ぎ早  厳しく 質問  浴びせ られ まし た。「エホバ  証者   どう いう 連中 だ。日本 政府  反対   いる  か。貴様  スパイ か」。

「わたしたち  全能     で,何  悪い こと     ませ ん」と,アンドレ  答え まし た。すると 指揮     掛け  あっ  日本刀  取っ  抜き,振りかざし まし た。

「この   たたき 切っ   ろう か」と,指揮     荒げ ます。アンドレ  事務       載せ,無言  祈り まし た。長い 沈黙  後,不意  指揮   笑い出し,「大した 度胸 だ」と 言い まし た。次  ジョセフィン  尋問   ます。ジョセフィン  述べ  こと  アンドレ    一致 する と,指揮   大声  こう 言い まし た。「お前 たち  スパイ   ない よう だ。さっさ  行け!」

  か月 後,アンドレ は「偽 兄弟 たち」に 告発  れ,投獄    しまい ます。(コリ 二 11:26)アンドレ  監房  排水  から 拾い上げ  食べ物  かす  食べ て,数 か月   どうにか   つなぎ ます。看守 たち  アンドレ  忠誠  曲げ させる こと  でき ませ  でし た。ジョセフィン  面会 でき  時,アンドレ   格子  向こう  から こう ささやき まし た。「心配  ない で。たとえ 殺さ れる こと  なっ  も,僕  エホバ  忠実  あり 続ける から。ここ から 死体  なっ  運び出さ れる こと  あっ  も,裏切り   なる こと  ない よ」。

6 か月   投獄  後,アンドレ  ジャカルタ 高等 裁判   弁明  行ない,その 結果 釈放   ます。

30  余り たっ て,今度  インドネシア 政府  エホバ  証人  禁令  課し ます。北 スラウェシ  メナド  地区 検事   アンドレ  執務   呼び出し まし た。「エホバ  証人  禁令  課さ   こと  知っ  いる かね」と 検事   尋ね まし た。

「はい」と アンドレ  答え ます。

「じゃあ 宗教  変える 心づもり  でき  いる  だろ  な」と 検事   尋ね ます。

アンドレ    乗り出し,自分    たたい  大きな   こう 言い まし た。「わたし   から 心臓  えぐり出す こと  でき  も,わたし  宗教  変え させる こと  決して でき ませ ん」。

その 後,帰る こと  許可  れ,地区 検事   煩わさ れる こと     あり ませ  でし た。

アンドレ  60  余り 開拓 奉仕  行ない,2000   85   亡くなり まし た。