アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

スラバヤ会衆,1954

 インドネシア

ギレアデの宣教者の到着

ギレアデの宣教者の到着

1951  7 月,ジャカルタ  小さな 会衆  集まり,ギレアデ 卒業     初めて インドネシア  やっ    ピーター  ボンデルハーケン  歓迎  ます。その   終わり まで に,さらに 13   宣教   オーストラリア  ドイツ  オランダ から 到着  まし た。それで,国内  伝道     ほぼ 2   なり まし た。

オランダ   宣教  フレドリカ  レンスカース  こう 述べ   ます。「家 から   伝道  身振り  コミュニケーション  取り ながら する    思っ   まし た。でも 実際 は,オランダ   話す   多く,最初  オランダ   証言 する こと  ほとんど でし た」。オーストラリア 出身  ロナルド  ジャッカ  こう 振り返っ   ます。「わたしたち     は,インドネシア    訓話  印刷    証言 カード  用い まし た。家    ノック する   カード    確認 し,言い回し  思い出し ながら 証言   もの です」。

宣教  たち  先頭  立っ  力強く   進め   で,たっ  1   伝道     あっと いう   34  から 91   増え まし た。1951  9  1 日,中央 ジャカルタ  ある アンドレ  エリアス  自宅 に,ものみの塔 協会  支部 事務   開設   ます。そして,ロナルド  ジャッカ  支部    任命   まし た。

  地域     開か れる

1951  11 月,ピーター  ボンデルハーケン   スラウェシ  メナド  割り当て られ まし た。そこ  テオ  ラトゥ  その   小さな 群れ  立ち上げ  場所 です。地元    大半  クリスチャン  ある  となえ  おり,神  言葉  深い 敬意  持っ   まし  た。多く    エホバ  証人    招き入れ,聖書  教理  つい  説明   くれる よう  頼み ます。証人 たち  10  ほど    話す こと  珍しく あり ませ  でし た。そして 15    は,聴衆  50  ほど  増え,1 時間  すれ ば,話し合い  場所    移さ れ,多い   200  集まっ  こと  あり まし た。

1952   初め ごろ,アルバート  マルトビー    ジーン が,インドネシア  2    大きい 都市,東 ジャワ  スラバヤ  到着 し,宣教  ホーム  開設   ます。そして 6   宣教   姉妹 たち  加わり ます。ゲルトルート  オット,フレドリカ  レンスカース, スージー  ストゥーバ,マリアン  ストゥーバ,エブリン  プラット,ミミ  ハープ です。フレドリカ  レンスカース  こう 語っ   ます。「地元   たち  ほとんど  穏やか  イスラム 教徒  とても 親切 でし た。たくさん    真理  知り たい  思っ    よう で,聖書 研究  取り決める   簡単 でし た。3   たた ない うち に,スラバヤ 会衆  伝道   75   なり まし た」。

ジャカルタ  宣教  ホーム

その 頃,西 スマトラ  パダン 出身  アジス  いう イスラム 教徒  男性 が,霊的  援助  求める 手紙  支部  送っ   まし た。アジス は,1930 年代  オーストラリア   開拓  たち  研究    こと  あり まし  が,日本  占領   開拓  たち  連絡  取れ なく なっ  しまっ   です。そして 偶然,エホバ  証人  発行   小冊子  見つけ まし た。手紙  こう 書い   ます。「その 小冊子  ジャカルタ  住所  書い  ある    て,胸  躍り まし た!」支部  直ちに 巡回 監督  フランス  バン  ブリート  パダン  派遣  ます。フランス は,アジス  ナザール  リス  いう 近所  住む 男性  証言     こと  知り ます。その   公務  で,霊的  事柄  飢え   まし た。そして,これら 2   男性  その 家族  真理  受け入れ ます。アジス  忠実  長老  なり まし た。ナザール  リス  特別 開拓   なり,その 子ども たち  多く  現在  至る まで 熱心  エホバ  証人 です。

フランス  バン  ブリート    ネル

その    なく,フランス  バン  ブリート は,ある  活発  オランダ   兄弟  訪ね ます。その 兄弟   カリマンタン  バリクパパン で,戦争  被害  受け  石油 精製   再建 する 仕事  就い   まし た。フランス  その 兄弟  一緒  奉仕  し,真理  関心  持つ       研究  司会 する よう 励まし ます。結果  に,その 兄弟  バリクパパン  小さな 群れ  立ち上げ,その  オランダ  帰国  まし た。

  に,バプテスマ  受け  ばかり  テテ  クティン  いう 姉妹   カリマンタン  バンジェルマシン  引っ越し ます。テテ  ダヤク   親族  伝道 し,多く    真理  学ぶ よう 援助  まし た。その うち      カリマンタン 奥地    戻り,群れ  設立  ます。それら  群れ は,やがて 活発  会衆  なり まし た。

インドネシア   出版   生産 する

宣べ伝える 活動  急速  拡大 する  つれ,インドネシア   出版   さらに 多く 必要  なり まし た。1951 年,「神     べし」の   インドネシア   翻訳   ます。しかし,政府  よっ  インドネシア   綴り  変更    ため,その   改訂  なけれ  なら なく なり まし た。 * 「神     べし」が ついに 出版    時,インドネシア   読者    大きな 反響  呼び まし た。

1953 年,支部  インドネシア  の「ものみの塔」誌  250  印刷  まし  が,それ  12  ぶり  こと でし た。その 雑誌  12  ページ  謄写  刷り で,研究 記事 だけ  載っ   まし た。3  後,ページ   16 ページ  増え,外部 業者  よっ    1万  生産     まし た。

1957  から は,インドネシア  の「目ざめよ!」誌    一度 発行  れる よう  なり まし た。発行 部数  すぐ  1万   達し ます。国内   印刷     不足     ため,紙  入手 する   認可 申請  必要 でし た。申請  扱う 政府 当局  担当   兄弟 たち  こう 言い まし た。「メナラ  ペンガワル(ものみの塔)は インドネシア  雑誌     最高 です。皆さん  新しい 雑誌  ため  認可 申請  お手伝い    本当  うれしく 思い ます」。

^ 2節 1945  以降,インドネシア   綴り  大きく 2  変更   まし た。その   目的 は,オランダ   影響  受け  綴り  新しい 綴り  置き換える こと でし た。