内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

ジャワ島,スマラン証人たち(1937ごろ)

 インドネシア

ここから始めたいと思います!

ここから始めたいと思います!

オーストラリア  支部   アレクサンダー  マギラブレイ は,オフィス    歩き回り ながら 考え事     まし た。数   その 問題  つい  考え     です が,ついに 解決   思いつき ます。それ  フランク  ライス  話し合う こと   ます。

フランク  28   たくましい 聖書 文書 頒布 者<コルポーター>(開拓 者)で,数     支部  到着    まし た。10   真理  学び,その    なく コルポーター    奉仕  始め ます。そして 10  以上  わたり,オーストラリア  大半    自転 車,バイク  キャンピングカー  旅行  ながら 伝道  まし た。ベテル   期間 立ち寄っ  フランク は,次  区域   奉仕  取り組む 準備  でき   まし た。

マギラブレイ 兄弟  フランク  オフィス  呼び ます。そして,地図   オーストラリア    位置 する 島々  指さし,こう 尋ね ます。「フランク,ここ  伝道  始める   どう です か。これら     兄弟      ない  です」。

フランク は,インド洋  浮かぶ 島々  じっ  見つめ ます。それ は,光り輝く 真珠  よう  連なる,オランダ   インド 諸島(現在  インドネシア)でし た。 * そこ  は,神  王国  良い 知らせ  一度  聞い  こと  ない  たち  非常  大勢  ます。フランク  首都  バタビア(現在  ジャカルタ)を 指さし  言い まし た。「ここ から 始め たい  思い ます!」

 ジャワ   伝道 する

1931 年,フランク  ライス  ジャワ   活気 あふれる  都市 ジャカルタ  到着  ます。市  中心  近く  部屋  借り,聖書 文書  詰まっ  たくさん  カートン  運び込み まし た。女性  家主  びっくり する ほど   でし た。

フランク  ライス  クレム  デシャン,ジャカルタ  

フランク  こう 振り返っ   ます。「最初  幾分 心細く 感じ,ホームシック  なり まし た。町  人々  白い ドリル 生地      ピスヘルメット  かぶっ   まし  が,わたし  厚手  オーストラリア   だっ    暑く  たまり ませ  でし た。オランダ   インドネシア   全く 話せ ませ ん。エホバ  導き  祈り 求め   から,商業 地区 なら 英語  話す   会える だろ   思い,そこ  行っ  伝道  始め まし た。まさに 産出   区域 でし た!」

ジャカルタ  住民  多く  オランダ   話し  ため,フランク  オランダ   勉強  励み,間  なく  から   伝道  始め まし た。インドネシア   徐々  習得   ゆき まし た。こう 語っ   ます。「問題 は,インドネシア   出版   なかっ  こと です。すると エホバ  インドネシア   ある 教師  出会える よう    ください まし た。その   真理  関心  示し,『死者  どこ  いる か』と いう 小冊子  翻訳   くれる こと  なり まし た。他  小冊子  翻訳  れる  つれ,インドネシア   話す 人々    真理  関心  持つ     増え  ゆき まし た」。

1931  11 月,さらに 2   開拓   オーストラリア から ジャカルタ  やっ   まし た。25   クレム  デシャン  19   ビル  ハンター です。2   移動  開拓   家,つまり トレーラーハウス  持ち込み まし  が,当時  インドネシア   非常  珍しい もの でし た。オランダ   フレーズ  幾つ  覚える と,ジャワ       巡る 伝道 旅行  始め ます。

チャールズ  ハリス  自転   トレーラーハウス  用い  伝道  

クレム  ビル   から やっ     は,別  強健  オーストラリア   開拓  チャールズ  ハリス です。1935  から,チャールズ  トレーラーハウス  自転   ジャワ   大部分  回り,アラビア 語,インドネシア 語,英語,オランダ 語,中国   5   言語  出版   配布  まし た。数   わたり,チャールズ  毎年 1万7000  ほど  出版   配布    です。

チャールズ  あまりに  たくさん  文書  配布   ため,その   多く    注意  引き まし た。ジャカルタ  ある 役人  クレム  デシャン に,「東 ジャワ     ぐらい 働い  いる  か」と 尋ね まし た。

 「1  だけ です」と,デシャン 兄弟  答え ます。

「そんな こと  信じる    思っ    か」と,役人  どなり,「君 たち  文書  至る所  配布    いる  から すれ ば,かなり 大勢   たち  働か   いる はず だ!」と 言い まし た。

初期  開拓  たち  できる だけ 大勢    会う ため,常  移動  続け まし た。ビル  ハンター  こう 語っ   ます。「わたしたち     から    移動 し,同じ   再び 会っ  話す こと  あり ませ  でし た」。行く 先々  開拓  たち  まい  膨大    霊的   は,後  豊か  霊的 収穫  迎える こと  なり ます。―伝 11:6。コリ 一 3:6

 スマトラ   良い 知らせ  伝え られる

1936  ごろ,ジャワ   開拓  たち は,世界  6    大きい  スマトラ    拡大 する 方法  話し合い まし た。この 赤道 直下  ごつごつ     は,幾つ    都市 や,広大  湿地  熱帯 雨林  沿っ  広がる プランテーション など  あり ます。

開拓  たち  フランク  ライス  派遣 する こと  意見  一致 し,フランク  旅費  ため    少し ずつ お金  出し合い まし た。その  すぐ,フランク  奉仕 かばん 2   出版   カートン 40 個,そして ポケット  少し  お金  持っ て,北 スマトラ  メダン  到着  ます。フランク   強い 信仰  あり まし た。自分  割り当て  果たす ため  必要  もの  エホバ  与え  くださる  確信  つつ,直ちに 活動  開始    です。―マタ 6:33

メダン  伝道 する 最後   に,フランク  親切  オランダ   男性  会い,家  コーヒー  飲ま ない   誘わ  まし た。その 際,良い 知らせ     宣べ伝える ため    必要    いる  話し まし た。すると,男性    ある 壊れ    指さし て,「もし 直せる  だっ たら,100 ギルダー  * 譲っ  あげ よう」と 言い まし た。

フランク は,「100 ギルダー なんて あり ませ ん」と 答え ます。

男性  フランク  じっ   て,「本当  スマトラ  全域  伝道  たい  かね?」と 尋ね ます。

「もちろん です」と フランク。

「じゃあ,直せる  だっ たら 持っ  行っ  いい よ。お金  でき    払っ  くれ たら いい」と 男性  言い まし た。

フランク  修理  取り掛かり,車  すぐ  問題 なく 動く よう   なり まし た。後  フランク  こう 書い   ます。「車   文書  満載 し,タンク   燃料  満タン  し,心   信仰  満ちあふれ   まし た。いよいよ スマトラ  人々  ところ  出発 です」。

ヘンリー  クックマン    ジーン,クレム  デシャン,スマトラ  て,1940 

1  後,島  回り尽くし  フランク  ジャカルタ  戻り ます。そして,車  100 ギルダー  売り,それ  メダン  住む あの オランダ   男性  送り まし た。

   後,フランク  オーストラリア から 新た  指示  受け取り,別  場所   開拓 奉仕  割り当て られ ます。それで,すぐ  荷造り  し,インドシナ(現在  カンボジア,ベトナム,ラオス)で 活動  始める ため  出発  まし た。

^ 4節 オランダ   300  余り   インドネシア  やっ   て,利益  多い 香辛  貿易  基盤  する 植民  帝国  築き まし た。この 記述     現在  地名  使用  ます。

^ 3節 ギルダー   当時  インドネシア  通貨 で,100 ギルダー  現在   13万   相当  ます。