アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

 インドネシア

初期の伝道方法

初期の伝道方法

ラジオ 放送

1933 年,兄弟 たち  ジャカルタ  ラジオ  から ラザフォード 兄弟  英語  よる ラジオ 講演  録音  放送  始め まし た。さらに,オランダ   講演  真理  関心  持つ 男性  よっ  朗読  れ,それ  放送   まし た。こう   放送  大きな 関心  集め,結果    兄弟 たち  宣教  たくさん  出版   配布  まし た。

放送 で,ラザフォード 兄弟 の「平和  繁栄  及ぼす 聖年  影響」と いう 強烈  講演  流さ れる と,カトリック  聖職  たち    煮やし ます。 * 聖職  たち  支持  たち  働きかけ,「中傷 し,あざけり,敵意  示し た」と  て,ラジオ   録音  提供       シュメイカー 兄弟  告訴     です。兄弟  その 告訴 内容  対し  力強く 抗弁  まし  が,結局 25 ギルダー  * 罰金  訴訟 費用  支払い  命じ られ まし た。新聞  主要 3   この 裁判  つい  報じ  ため,かえって 大々的  証言  なさ  まし た。

 ライトベアラー 

1935  7  15 日,ものみの塔 協会  全長 16   ケッチ  帆船,ライトベアラー  が,オーストラリア  シドニー  出港   から 半年 後,ジャカルタ  寄港  ます。乗組  7   熱心  開拓  で,インドネシア  シンガポール  マレーシア  良い 知らせ  広める こと  決意    まし た。

 2  以上  わたっ て,ライトベアラー   インドネシア 各地  大小 様々    立ち寄り,大量  聖書 文書  配布  まし た。ジーン  デシャン  当時  こう 振り返っ   ます。「小さな   入る たび に,乗組   当時  ものみの塔 協会  会長  あっ  J  F  ラザフォード  講演  1   録音   レコード  かけ まし た。外界 から 隔絶      マレー   村人 たち が,港  着い  大きな ヨット  見,非常  大きく  力強い   空気  伝わっ  くる   聞い  どれ ほど 驚い  か,想像     ください。空 飛ぶ 円盤  も,これ ほど  関心  呼び起こせ なかっ  でしょ う」。

聖職   兄弟 たち  大胆  証言  激高 し,最終    当局  圧力  かけ,ライトベアラー   寄港  国内  多く  場所  禁止   ます。1937  12 月,インドネシア   目覚まし  宣教 活動  記録  残し,ライトベアラー   オーストラリア  戻り まし た。

ライトベアラー   乗組  たち

^ 2節 ラザフォード 兄弟  講演   で,ローマ  カトリック 教会  霊的  腐敗 や,政治  商業   かかわり  暴露  まし た。

^ 2節 現在   3万6000   相当  ます。