内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2016 エホバの証人の年鑑

 インドネシア

やっとまた一緒になれました!

リンダ  オン  サリー  オン  語っ  経験

やっとまた一緒になれました!

リンダ: 12   時,母 から わたし   養子  出し    いる  知らさ  まし た。わたし  その   自分  同じ ろう者   かな  思い まし た。でも,消息 不明  まま   たち まし た。

サリー: 自分  養子    全然 知り ませ  でし た。育て   から  たたか れ,召使い  よう  扱わ れ,惨め  寂しい 子ども 時代 でし た。耳  聞こえ ない   さらに つらい 思い   まし た。その 後,エホバ  証人  聖書  学び 始め まし た。母  それ  見つかる と,ベルト  打た れ,扉    変え られ    閉じ込め られ   です。20   時,家 から 逃げ出し,証人 たち    住まわ   もらい まし た。そして,2012   初め  バプテスマ  受け まし た。

リンダ: エホバ  証人  研究  始め    20    です。その  後,ジャカルタ   地域 大会  行く よう  なり まし た。そこ   プログラム  手話 通訳  あり まし た。大会  大勢  ろう者  会い,その  に,北 スマトラ から   サリー  いう 若い 姉妹   まし た。理由  分かり ませ  でし  が,サリー  すごく 親しみ  感じ   です。

サリー: わたしたち  良い 友達  なり まし た。自分 たち  よく   いる   思い まし  が,それ 以上  深く 考え ませ  でし た。

リンダ: 2012  8 月,バプテスマ 前日 に,消息  分から ない   会い たく  たまら なく なり まし た。エホバ に,「どうか   見つけ させ  ください。あなた  こと     伝え たい  です」と 祈り まし た。少し  て,母  携帯  突然 メール  入り まし た。消息 不明    知っ  いる  から でし た。それ  きっかけ  物事  動き出し,サリー  連絡  取る こと  なり まし た。

サリー: リンダ から,わたし  リンダ    長い  消息  不明 だっ た,と 知らさ  まし た。それ  すぐ  飛行   ジャカルタ  行き まし た。空港  セキュリティー  チェック  出る と,リンダ  見え まし た。両親  もう      一緒  迎え    くれ     です。わたし  感動  あまり 震え   まし た。みんな  抱き合っ  キス  まし た。母  一番 長く わたし  抱きしめ  くれ まし た。全員 泣い   まし た。養子  出し  こと       ながら  謝っ  くれ  時,わたしたち  もっと 泣き,もっと しっかり 抱き合い まし た。

リンダ: 違う 環境  育っ   で,相手  個性  習慣  違い  受け入れる 必要  あり まし た。でも お互い  こと  大好き です。

サリー:   一緒  暮らし,ジャカルタ  同じ 手話 会衆   ます。

リンダ: サリー  わたし  20  以上 離れ離れ でし た。わたしたち  やっと また 一緒  なれ  こと  エホバ  感謝    ます。