アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 ドミニカ 共和 

自由,そして再び禁令

自由,そして再び禁令

思いがけない 自由

マヌエル  イエレスエロ  尋問   当局  よっ  殺さ  

   禁令  続い  困難  時期 に,レナート  ジョンソン  バージニア  ジョンソン,また ロイ  ブラント  ファニタ  ブラント は,宣教     割り当て られ    留まり まし た。レナート  こう 述べ   ます。「ロイ  ブラント   は,当局 から  尋問  受ける ため  召喚   まし た。トルヒーヨ 政府  以前 に,マヌエル  イエレスエロ 兄弟  呼び出し まし た」。イエレスエロ 兄弟  尋問   殺さ   しまい ます が,最後 まで 忠誠  保ち まし た。では,ジョンソン 兄弟  ブラント 兄弟  どう なっ  でしょ  か。レナート  こう 続け ます。「到着 する  私たち  別々  尋問  れ,答え  録音      よう でし た。その     起こり ませ  でし  が,2 か月   新聞 は,トルヒーヨ 政府  エホバ  証人  対する 禁令  解く こと,また エホバ  証人      再開 できる こと  伝え まし た。王国 会館  再び 各地  置か れ,エホバ    前進  続け まし た」。

1950   禁令 前,261   宣べ伝える 活動  参加    まし た。そして,禁令  解か   1956  8   は,522   良い たより  宣明  まし た。兄弟 たち  6  間,投獄   たり 拘束   たり,また   監視   置か  たり      で,宣教  自由  行なえる こと  知っ  本当  興奮  まし た。

驚く よう  事態  展開 に,エホバ    どう 反応   でしょ  か。兄弟 たち  すぐ に,業   組織  取りかかり ます。会衆  集会 場所  探し,新しい 区域 地図  会衆  記録  作成  まし た。そして,文書  依頼  受け取り  できる よう  なり,とても  喜び まし た。自由  伝道 できる 状況  活用   熱心  奉仕   結果,わずか 3 か月   1956  11   は,612   宣べ伝える   参加  まし た。

憎しみ  あおる 聖職  たち  運動

トレダノ  覚書  は,エホバ  証人  出版   輸入  禁止 する 計画  つい  述べ られ  いる

カトリック  聖職  たち は,エホバ  証人  信用  落とそ   直ちに 行動  起こし ます。トルヒーヨ  バチカン  結ん  協定  後ろ盾 に,エホバ  証人  根絶 する ため,政府   働きかけ  強め まし た。カトリック  司祭 オスカル  ロブレス  トレダノ  内務 長官  ビルヒリオ  アルバレス  ピナ  覚書  送り,「『エホバ  証人』の 一派  もたらす 脅威 に,ドミニカ  人々  道義   呼び覚ます」ため,自分  払っ  いる 努力  政府  支援   いただき たい,と 要請    ます。

トレダノ は,「エホバ  証人  布教 活動  相殺 する」こと  自分     目的  ある  説明    ます。そして,エホバ  証人  出版 物,特に「真理  汝ら  自由   べし」の  と「ものみの塔」誌  輸入  禁止 する よう    勧め   ます。

再び 禁令  なる

トルヒーヨ 政府    も,宗教 指導  たち  加担 する  たち   て,エホバ  証人  攻撃 する 計画  加わり まし た。1957  6 月,ドミニカ   議長 フランシスコ  プラッツ‐ラミレス  トルヒーヨ  覚書  送り,「有害   愛国   傾向  ある エホバ  証人  闘う ため,一連  集会  計画   おり ます」と 述べ まし た。

エホバ  証人  誹謗 中傷 する 作戦 は,すぐ  効果  発揮  ます。「トルヒーヨ カリブ   カエサル」(英語)と いう   こう 述べ   ます。「1957      か月 間,ドミニカ  新聞  は,『扇動 および 悪質 な』活動  理由  政府 高官  エホバ  証人  次々  起訴   こと  報じ られ た。そして,イエズス   司祭 マリアノ  バスケス  サンス が,トルヒーヨ  所有 する ラジオ    ボス  ドミニカーナ[ドミニカ  声]を 通じ  その 一派  共産 主義  僕,また『ひねくれ て,抜け目  ない,犯罪 者,売国奴』と 非難   こと  契機 に,一連  出来事  生じ た。大 司教 リカルド  ピティニ  オクタビオ  アントニオ  ベラス  署名 入り  司教 教書 は,司祭 たち に『甚だ   異端』から 教区   守る よう 要請  た」。

教会  国家    組み,自分 たち  目的  達成  ます。7   ドミニカ 共和  議会 が,エホバ  証人  活動  禁止 する 法案  可決    です。間  なく,兄弟 姉妹 たち  殴打  警察 から  残虐 行為  受ける よう  なり,約 150   逮捕   まし た。