アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 ドミニカ 共和 

「王国の希望は夢ではありません」

エフライン      クルス

「王国の希望は夢ではありません」
  • 生ま   1918 

  • バプテスマ 1949 

  • プロフィール 7   刑務   投獄 され 激しく 殴打    が,神  王国  宣べ伝える 決意  揺らぐ こと  なかっ た。

1948 年,わたし は,妻 パウラ      ブランコ  アリバ  行なわ     エホバ  証人  集会  出席  始め まし た。往復  40  歩く 必要  あり まし  が,集会  休む こと  決して あり ませ  でし た。1949  1  3  に,わたし  パウラ  バプテスマ  受け まし た。

6 か月   わたし  含む 会衆  成員      逮捕  れ,3 か月    宣告  受け  投獄   まし た。わたしたち     なけれ  なら ず,食事  一日  一度,しかも 調理  バナナ  紅茶 だけ でし た。刑務  から 釈放  れる   役人 たち から 脅さ  まし た。そう すれ  わたしたち  宣べ伝える   やめる  思っ  よう です。ですが,家  戻る と,集会  出席  伝道  ひそか  再開  まし た。捜査  から   監視       で,個人   や,コーヒー 畑,農場 など  集まり まし た。何   同じ 場所  集まる   避ける ため, 集会  最後    集会 場所  発表   まし た。伝道     行ない まし た。服装  作業  で,文書  聖書  使い ませ  でし た。それでも 1949  から 1959    に,わたし  7   異なっ  刑務   入れ られ,その 都度 3 か月 から 6 か月    服役  まし た。

迫害     わたし  親族    ため,特に 用心 する 必要  あり まし た。見つから ない よう      農場   まし  が,それでも 捕まる   あり まし た。シウダード  トルヒーヨ  ある   ビクトリア 刑務   送ら   こと  あり ます。そこ  一つ  監房  50 から 60  ほど  収容    いる よう   でし た。食事  一日 2  で,朝  コーンミール,昼  少量    ご飯  出さ  まし た。言う まで  なく 収容      兄弟 たち  皆,他  囚人  伝道  まし た。集会  定期   開か  まし た。集会   聖句  暗唱  たり,宣教   経験  語っ たり  まし た。

最後  投獄    時,兵士 から ライフル  台じり    脇腹  殴ら  まし た。その   殴打 や,受け  様々  虐待  影響       痛み  残っ   ます が,それら  試み  わたし  信仰  忍耐,そして エホバ  仕える 決意  強める もの  なり まし た。

わたし  現在 96  です が,会衆  奉仕      仕え   ます。長い 距離  歩く こと  でき ませ  が,家    座っ て,通りかかる  たち  証言    ます。わたし  とっ  王国  希望     あり ませ ん。それ  現実  もの  あり,その 希望  60  余り 宣べ伝え   ます。王国  音信  初めて 聞い   から,わたし  とっ  新しい   現実  もの でし  が,それ    変わっ   ませ ん。 *

^ 3節 エフライン      クルス は,この 年鑑  準備    いる   亡くなり まし た。