アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 ドミニカ 共和 

猛攻撃

猛攻撃

「彼ら  根絶  れる だろ う」

ボルボニオ  アイバル は,業  禁止      1955  1  19   バプテスマ  受け まし た。バプテスマ 後,モンテ  アデントロ  サンティアゴ  たくさん  聖書 研究  司会  まし た。1956   禁令  解か れる と,ボルボニオ    はじめ,兄弟  研究  司会         バプテスマ  受け まし た。

1957  7  半ば,サルセド  政府 高官  よる 会合  開か  まし た。エホバ  証人  攻撃 する その 集まり  つい て,アイバル 兄弟  こう 語り ます。「主要  話し手  フランシスコ  プラッツ‐ラミレス でし た。プラッツ‐ラミレス は,『もう    すれ ば,彼ら  根絶  れる だろ う』と 述べ まし た」。その     7  19 日,警察  ブランコ  アリバ,エル  ホボ,ロス  カカオス,モンテ  アデントロ  エホバ  証人  一斉 検挙  まし た。

アイバル 兄弟  こう 述懐    ます。「わたし  逮捕  れ,兄弟 たち    サルセド    司令   連行   まし た。そこ  着く  すぐ に,サラディン  いう 大佐 から    殴ら  まし た。わたしたち  脅す     怒り  満ち   まし た。その 後,わたしたち  男性  女性  分かれ     並ばさ  まし た。兄弟 たち  看守 から 殴ら  たり 蹴ら  たり し,姉妹 たち  こん棒  たたか  まし た。その 間,看守 たち は,『俺  カトリック だ。お前   殺し  やる』と 言っ   まし た」。

「わたし  聖書  読ん  こと  ある し,エホバ    ある こと  知っ  いる」

兄弟  罰金  3 か月  拘禁   言い渡さ  まし た。兄弟  こう  述べ   ます。「収容      時,サントス  メリド  マルテ  いう 陸軍 大将  わたしたち    訪れ,こう 言い まし  た。『わたし  聖書  読ん  こと  ある し,エホバ    ある こと  知っ  いる。君 たち  投獄  れる よう  こと       ない が,わたし   どう する こと  でき ない。君 たち  投獄      カトリック  司教 たち  差し金  から だ。刑期  短く できる  は,その 司教 たち か,ヘフェ(“ボス”の トルヒーヨ)だけ なん だ』」。

「それで,お前  ボス    な」

逮捕       に,フィデリア  ヒメネス   たち   たち   まし た。皆,フィデリア  研究  司会   もらっ   たち です。フィデリア  その   逮捕   ませ  でし  が,後  自ら 当局  出頭  まし た。投獄      兄弟 たち  励ます ため です。刑期  に,ルドビノ  フェルナンデス  いう 悪名 高い 上級  司令   刑務   公式 訪問  ます。尊大   残忍   知ら     フェルナンデス  フィデリア  連れ  来させ,こう 言い まし た。「それで,お前  ボス    な」。

「いいえ,ボス  あなた方 です」。

「じゃ,お前  牧師  な」。

「いいえ,牧師  イエス です」。

「みんな  ここ  閉じ込め られ  いる  は,お前  せい なん じゃ ない か。お前  みんな  教え   だろ」。

「いいえ,この  たち  投獄    いる  は,聖書 から 学ん  こと  実践   いる から です」。

フィデリア  そう 述べ  時,やはり 逮捕       兄弟 ペドロ  ヘルマン と,フィデリア  いとこ ネグロ  ヒメネス  廊下  通りかかり まし た。二   独居  から 普通 監房  連れ  行か れる ところ でし た。ネグロ  シャツ   だらけ で,ペドロ   片方    大きく 腫れ上がっ   まし た。フィデリア     ひどく 殴ら   こと  察し,司令  に,「神  恐れる 善良  正直   たち に,この よう  仕打ち  する  です か」と 言い まし た。フィデリア  おびえ   ない こと  分かっ  司令  は,姉妹  監房  連れ帰る よう 看守  命じ まし た。

そう   激しい 反対  直面      勇気  示す 必要  あり ます が,兄弟 たち  本当  勇敢  態度  示し まし た。役人  その こと  気づき まし た。例えば,大統領  警護  監督     ルイス  アルセノ  コロン が,外務 大臣  宛て  1957  7  31      手紙 から  分かり ます。「最近 国会 で,エホバ  証人    知ら れる 一派  活動   合法    まし  が,大半  信者  全く 動じ   ませ ん」。