アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 ドミニカ 共和 

忍耐してついに解放される

忍耐してついに解放される

用心深く 奉仕 する

現在,妻 フランシア    ベテル  奉仕   いる ラファエル   パレド は,1957 年,18     伝道   なり まし た。ラファエル は,奉仕  出る  私服 警官  尾行    こと  覚え   ます。警察  ラファエル  一緒  奉仕   いる  たち  逮捕  よう と,機会  うかがっ   まし た。「捕まら ない よう,裏通り  狭い 路地  すり抜け たり,フェンス  飛び越え たり   こと  あり まし た」と ラファエル  言い ます。アンドレア  アルマンサル は,逮捕   ない ため  自分 たち  どんな こと    か,こう 説明    ます。「用心深く 行動  まし た。1     訪問 する と,次  10   飛ばし て,その     訪問  まし た」。

ついに 解放  れる

1959  まで,トルヒーヨ  30  近く 政権  握っ   まし  が,政治 情勢  変化    まし た。1959  6  14 日,トルヒーヨ 打倒  目指し,亡命 ドミニカ  部隊  再び ドミニカ 共和   侵攻  まし た。しかし 失敗  終わり,共謀  たち  殺さ れる か,投獄  れる   まし た。と  いえ,数  増し     トルヒーヨ 勢力 は,政権  盤石  ない  感じ取り,反対  強め まし た。

1960  1  25 日,長年 トルヒーヨ 政府  協力 関係  あっ  カトリック 教会  聖職   は,人権 侵害  抗議 する 司教 教書  公布  まし た。ドミニカ  歴史  ベルナルド  ベガ  こう 述べ   ます。「1959  6   侵攻,また その 関係    弾圧,その  の,国内  地下 抵抗 運動  対する 弾圧      教会 は,初めて トルヒーヨ  対し  敵対   立場  取る よう  なっ た」。

興味深い こと に,トルヒーヨ 政府  1960  5   エホバ  証人  対する 禁令  解除  ます。解放  意外  ところ から,カトリック 教会  仲たがい    トルヒーヨ 自身 から もたらさ    です。