内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 ドミニカ 共和 

増加に取り組む

増加に取り組む

「あらゆる   救わ れ」る よう  する

エホバ  ご意志 は,「あらゆる   救わ  て,真理  正確  知識  至る こと」です。(テモ 一 2:4)この   見方  調和  て,ドミニカ 共和   エホバ  証人 たち は,区域  住む あらゆる   会う ため  誠実  努力  払っ   まし た。それ  は,刑務   収容    いる  たち  含ま  ます。

1997 年,特別 開拓   夫婦  サン  クリストバル  ナハヨ 刑務   毎週 訪問    まし た。二  は,薬物  密売  投獄      23   コロンビア   グロリア  いう 女性  出会い  ます。グロリア は,不当  投獄      ある 姉妹  聖書  話し合い     まし た。聖書  疑問  答える ため,兄弟 姉妹  グロリア に「聖書 から 論じる」など  出版   渡し まし た。熱心  学ぶ グロリア から 感化  受け    受刑  たち も,週 1   訪問    集まり  出席 する よう  なり,その   増え  ゆき まし た。

グロリア は,真理  よっ  大きく 変化  ます。1999   バプテスマ  受け   ない 伝道   なり,刑務   いう 区域  毎月 70 時間 以上,宣べ伝え まし た。また,他  受刑    進歩   研究  6  司会  まし た。その 後,2000   大統領 恩赦  申請 する と,良い 行状 ゆえに 受理   まし た。グロリア  釈放    コロンビア  送り返さ  ます。それ から   なく,家族 から  強い 反対  あり まし  が,バプテスマ  受け まし た。

グロリア  カルドナ  刑務   真理  知っ た。現在      開拓     奉仕   いる

その 後,グロリア  開拓 奉仕  始め ます。そして,長老  兄弟  結婚 し,現在      正規 開拓     コロンビア  必要  大きな 場所  奉仕    ます。研究       献身  バプテスマ  段階 まで 援助 する こと  でき まし た。姉妹 は,エホバ  恩義  感じ   ます。それ  自分    もらっ  よう に,真理  知る よう 人々  援助 する こと が,エホバ  感謝  示す 最善  方法   考え   ます。

グロリア  経験  示す よう に,鉄 格子  さえ,命  救う 真理  学ぶ 妨げ   なり ませ ん。支部  代表   刑務   役人  会い,兄弟 たち  さらに 多く  刑務   聖書 研究  司会 する ため  許可  願い求め まし た。結果   て,43   兄弟  6   姉妹 に,13  刑務   聖書  教育 活動  行なう 許可  下り まし た。

 「あなた  天幕    長く……せよ」

20 世紀  終わり  は,この   2万1684   良い たより  奉仕   おり,342  会衆  交わっ   まし た。また 3万4380   聖書 研究  司会     まし た。記念    7万2679   出席  まし た。こう   増加   られ   は,エホバ    イザヤ    言葉  緊急   もっ  こたえ応じ  から です。「あなた  天幕  場所  もっと 広く せよ。そして,彼ら  あなた  壮大  幕屋  天幕   張り伸ばさ せよ。ためらう な。あなた  天幕    長く……せよ」。―イザ 54:2

増え 続ける 奉仕   収容 できる 大会 ホール  確保  大きな 問題  なり まし た。1996  に,サントドミンゴ  支部  隣接 する 大会 ホール  完成  ます。その ホール は,首都 サントドミンゴ  その 周辺 地域   会衆  とっ  大いに 役立つ もの でし  た。しかし,残り  地域   会衆  使用 する ビリャ  ゴンサレス  大会 ホール は,どう    改装 もしくは 建て替え  必要 でし た。

2001   統治  は,ビリャ  ゴンサレス  敷地  2500   大会 ホール  建設  承認  まし た。兄弟 たち は,宣教 訓練 学校(現在 は,「王国 福音 宣明   ため  学校」)で 使用 する 施設  建設  れる こと  知り,興奮  まし た。大会 ホール  隣接   建て られる その 施設  は,寮室,教室,図書 室,厨房,食堂  あり ます。2004   統治   セオドア  ジャラズ が,献堂    行ない まし た。それ 以来,15 クラス  生徒  その 学校  卒業    ます。